手づくり味噌づくり体験。 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)

手づくり味噌づくり体験。

おはようございます。養腸®家・セラピストのmanoです。

 

 

今日からお仕事初めの方も多うございますね。

笑顔でお出かけくださいませ!

笑う門には福きたるですから~^^

 

 

☆☆☆

先月のことです。

両国にある(株)玄米酵素さんに赴き、簡単みそづくり

体験教室に参加いたしました^^

 

 

お教室は午後2時からでしたので、まずは腹ごしらえをばデレデレ

玄米酵素さんのビルに入っている 元氣亭さん でいただくことに。

この日の日替わりは“肉を使わない”ジャージャー丼

どうやっても肉でも、としか思えない触感の、肉ではない

肉みそが贅沢なほど乗っかってました。

大豆ミートだったのかしら・・・(・・?

 

 

肉じゃないので、肉(獣)くささがなく、食べやすいですね。

(わたくしはお肉もいただきます。ベジタリアンではないです。

たくさんは食べませんが、食べたいときに食べております^^

トンカツだってから揚げだって生姜焼きだって食べます。

基本、NGフードは設けてないので)

 

 

腹ごしらえも済み、いざみそづくり!

初めてでどうなるのかしらん?と思いましたが

「簡単」と謳っているだけあって、蒸した大豆と塩を

合わせたところまですでにできておりました^^

 

 

味噌汁は1日1杯で医者いらずの万能薬とも言われます。

りんごやトマトも赤くなるほど医者いらずな食べ物として有名ですね。

食を汝の薬とせよ、の医食同源の発想なんですねー、きっと。

 

 

味噌汁を毎日飲む習慣があると、時々飲む人や

飲まない人と比較して、胃がんの標準死亡率が低い

傾向が見られたという調査結果があります。

(国立がんセンター研究所、故・平山雄博士による)

 

 

また、2003年には厚生労働省の研究班は

「味噌汁の摂取が多いほど乳がんになりにくい」

という調査結果を発表しています。

 

 

国菌でもある麹菌のチカラを借りて発酵させた味噌は

おったまげーな産物と言えましょう^^

特に、麹菌っちゅーのは、酵素の生産力が

ほかの発酵に加担する菌と比較して

圧倒的にズバ抜けて高いのですって。

 

 

これはもう、毎日飲むっぺ!となりますでしょう。

(単純に、お味噌汁は美味しいです^^)

 

 

今回の簡単みそづくり教室ては

「玄米麹」と「大豆+塩(←すでにつくってある、だから簡単なの)」

を混ぜ合わせ、手のひらサイズに丸め、

空氣を抜きなたら、持参した容器に

せっせと詰める工程が体験できます。

 

 

混ぜ合わせる~詰める工程まで。

こねこねと体重をかけてこねる作業。

地味ですが、これ(≒こねる作業)、すき~💖

 

 

お身体のほぐしの際、己の体重をかけて施術いたします。

その身体の使い方が大いに役立つようです。

セラピスト経験が役に立つのがみそづくり・笑

 

 

こんな感じになりました^^

 

 

空氣に触れないようラップをかけて、

しばしお休みしてもらううちに、熟成が進みます。

 

食べられるのは仕込んでから半年後~だとか。

 
半年間熟成しつづけるおみそさまの意氣込みを
わたくしが代弁して「美味しくなりなーす!」とメモに書きました・笑

※アムロ、行きまーす!の雰囲氣でお読みください^^

 

 

どんな風に仕上がっていくのか、楽しみでございます( *´艸`)

 

 

☆☆☆

●真野わかの腸もみはマーノリブレで受けられます。

茶話会もございます。

●技術を覚えたい方はセラピストスクール

●お問合せは コチラをクリック してくださいね