「先のことはわからんでも、やりたいことあるならやったらええ」 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)

「先のことはわからんでも、やりたいことあるならやったらええ」

おはようございます。養腸®家・セラピストのmanoです。

 

 

昨日の朝ドラ「スカーレット」において、ナイスタイミングで

ジャストミートだった言葉がございました。

 

戸田恵梨香さん演じる主人公のきみちゃんが美術学校に行くか
迷っているとき、荒木荘の住人で、きみちゃんの相談相手でもある
水野美紀さん演じる新聞記者のちや子さんが言っていた場面です。
だいたいこんなかんじでした。

  ↓↓↓

 

先のことはわからんでも

やりたいことあるなら

やったらええ

 

言い得て妙でございます。

 

先のことってわからないから、できるんでございます。

わからないから、期待も希望も持てるんでございます。

 

 

じぶんの未来やすべてがわかってしまたら、、、

クソつまらないのです。

(あら、わたくしったら、腸のお仕事しているからって、

くそだなんて、お行儀よろしくないですわ~、ごめんあそばせ)

 

 

わからないから、ドキドキワクワクします。

わからないから、努力できます。

わからないから、無我夢中になれます。

わからないから、何度でも立ち上がれます。

わからないから、信じます。

わからないから、笑えます。

わからないから、全力出せます。

わからないから、前へ前へと進めるのです。

 

 

わたくしたちは、どうなるかわからない生き物だから

動けるのです。生きられるのです。

(どうしたらいいかがわかる生き物でもあります^^)

 

 

先のことはわからないから動けないんじゃなくて

先のことがわからないから動ける、できるのです。

 

 

わからないから楽しいのです。

わからないことを楽しみましょう。

 

 

見えない明日だから、笑いとばしましょう。

笑っているうちに、明日はやってきます。

 

 

わからないことは、わからないからやってみなばれ!でございますょ^^

 

霜月が始まりました。

笑って過ごせる時間を多くする月にしてまいりましょう。