下腹部の硬さは仙骨の硬さ? | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)

下腹部の硬さは仙骨の硬さ?

おはようございます。養腸®家・セラピストのmanoです。

 

 

養腸セラピー(腸もみ)の施術にいらっしゃる方は

けっこうな確率で下腹部がかたいです。

(全員ではありませんが、相当な確率です)

 

 

下腹部≒仙骨の前あたり。

 

仙骨。

 ↓

 

 

仙骨がどこにあるかと言いますと、ここです。

   ↓

 

赤い○で囲んだ中心にあるお骨が仙骨。

わたくしたちの腰のお骨を支えてくれております。

と~~っても大事なお骨です。

(大事じゃないお骨なんてないんでスけれどね(^_-))

 

 

腸もみをしていて、腸がなんだかきゅうくつで

動きにくそうにしているような(感じ)を

じぶんの手に感じたとき、つまり美しく

ほぐれていかない時は、クライアントさまに

うつ伏せになってもらい、仙骨周りをほぐします。

(わたくしのある時のやり方です)
 
 

うつ伏せになってもらったので、仙骨以外に

腰周囲の筋肉や腰椎のキワもほぐします。

 

 

その後、再び仰向けになってもらい、改めて

ほぐし始めますと、おややや~♪という感じで

下腹部の腸がほっこりホコホコとほぐれていく

感覚が出てまいります。

 

 

仙骨の動きと腸は連動しているんですねぇ。

腰や仙骨の動きが硬くなると、腸の動きも

にぶくなることが窺い知れます。

 

 

腸を腸からほぐすだけでなく、

腸以外の場所からアプローチして

腸をフワフワに仕上げていくのも

養腸セラピストとしての腕の見せ所でしょうか^^

 

 

なんで腸をほぐすのかというと、

腸をやわらかくしからのです。

 

 

なんでやわらかくしたいのかというと、

やわらかい腸は、温かさや動きが出てまいります

腸がリラックスできて(自律神経のバランスが整いやすくなり)

腸本来の動きを取り戻し、働きやすくなるのです。

 

 

免疫機能が整ったり、

脳への指令、脳との情報交換がうまいこと行くようになったり

必要なもの(栄養素)が吸収しやすくなったり、

不要なもの(便や老廃物など)を出しやすくしてくれたり、と

さまざまな形でよき傾向がみられるようになります。

 

 

腸をもんでやわらかくする、その状態を持続させるって

快適な身体と心にとって、べらぼうに大事なことなのでーす。

 

 

腸もみ(養腸セラピー)に興味をお持ちになったら、

施術を受けてみてくださいね。

 

養腸セラピーの技術も随時お伝えしております。

覚えてソンはないですよ^^