2度目の「髪の毛を伸ばして」 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)

2度目の「髪の毛を伸ばして」

おはようございます。養腸®家、セラピストのmanoです。

 

 

先月のことですが、ある鑑定を受けに参りました。

観てくださった方が「髪の毛伸ばすといいですよ」と。

 

 

嗚呼、嗚呼、昨年に続き「伸ばしましょう」の

指令(メッセージ)です。

 

 

指令が出たから伸ばすわけではありませんが、

いい大人になって、伸ばした方がいい と複数人の

方から言われると、(髪を)伸ばすことに意味があるような

氣がしてまいります。

 

 

髪が伸びて、何かが変わるのか、そうじゃないのか

わかりませんが、わからないからこそ

せっかくおっしゃってもらったことだし、

時間かければできることだから「やってみるっぺ!」と

なります。

 

 

すでに伸ばし始めて10ヶ月が経過。

まず1年を目安に。

なるべくなら肩に届くくらいまで伸ばしてみようかと。

(髪の毛伸ばすなんて、20年以上ぶりの珍事!)

 

 

元来ボラな性格のわたくし。

髪の毛は短い方が楽っちゃあ楽です。

 

 

伸ばすからには手入れしないとあきまへん。

じぶんを大切にする、という意識が醸成されるのかしら。

髪は読みが「カミ」だけに「神」にも通じるのかしらん?^^

 

 

髪のお手入れは外側からだけではないです。

ヒトの体(髪や爪ふくむ)に必要とされるアミノ酸は20種類。

そのうち、髪の毛は18種類のアミノ酸で構成されております。

(必須アミノ酸と非必須アミノ酸で構成)

 

 

必須アミノ酸は食べ物から摂取しないとあきまへん。

食べたものが血となり肉となり骨となり髪の毛に変化(へんげ)しますから。

 

 

アミノ酸が含まれているものといえば、たんぱく質!

大豆を中心とした植物性のたんぱく質(日本人の遺伝的に合うから)、

それをちゃんと分解できるように酵素を摂るのが

つややかで健康的な髪づくりには必須です。

 

 

なにより、分解できた栄養素をちゃんと吸収するには

 

腸もみ♪

 

どんなにいい栄養分を摂っても吸収できなければ

話になりません。

吸収できる小腸でいることが大前提です。

 

 

食事と腸もみで美髪&長髪にチャレンジ♪中ですわ~^^

 

久しぶりにお目にかかった方は、驚かれるかもしれませんね。