食べすぎは便秘するのよ。 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)

食べすぎは便秘するのよ。

おはようございます、養腸®家・セラピストのmanoです。

 

 

ふだんの「家めし」はたいてい腹八分目です。

八分目でじゅうぶん!と感じられる身体に

ようやくなってくれました。

 

 

外出や外泊が多くなったり、

家族以外の方との食事の機会が増えると

氣をつけていても食べる量が増えます。

美味しいし、楽しいし、ついつい食が進みますネ~。

つい最近いただいたランチ。

燻製モッツァレラチーズのたっぷりのリゾットとピッツアマルゲリータ。

※1人で食べてません!

 

非常においしくいただきました。

OTAの法則でございます。

※OTAは「おいしく、たのしく、ありがたく」食べる食習慣です。

 

ただし~。

 

 

食べすぎる≒おなかいっぱい だと

便秘になりやすいです。

 

 

食べないと出ないのでは?と思われがちですが、

そんなことはなく。

(排便は、食べる量と質ともに関係しております)

 

 

食べすぎると内臓(小腸、大腸)の仕事量が増えて

くたびれます。消化酵素などもいっぱい出すので、

代謝酵素がイマイチになりますの。

※詳しくは弊著「1日1分腸もみ」をお読みくださいませ

 

 

 

 

実際、晩に食べすぎた日の翌日、己の小腸を

さわってみましたら、いつもより硬いのです!

 

 

この感覚、、、腸トラブルでお見えになる

お客さまたちのお腹とちょっと似ておりますよ。

 

 

ということは、、、お客さまたちのほとんどが

食べすぎの可能性アリ!でございますよ!!

 

 

食べすぎると小腸の動きがにぶくなります。

で、冷えやすくなります。

小腸の動きがにぶくなり冷えると、

小腸を取り囲むように配置されている

大腸さんの動きもにぶくなったり、冷えてしまう

可能性が出てまいります。

 

 

便秘対策は、大腸だけにあらず。

小腸ケアも大事です。

 

 

ちゃんと食べているのに便秘がち・・・という方は

食べている量を見直してみるものアリです。

 

 

ごじぶんに合う方法はこれかな?と思ったことを

1つ1つ吟味しながら試すしかございません。

 

 

その際、たった1回で結果を見極めるのではなく

少なくとも3日、できれば1週間~2週間くらいは

経過を観察して、試しされるのがよいと考えます。

 

 

食べる量を少なくしてみる実験は、

2~3日くらいでも調子がわかる場合もございます^^

 

 

それでも、食べすぎてしまった!のときは

コレが腸、じゃなかった超オススメです。

ハイ・ゲンキビフィズス。

 

わたくしが知り合ってよかった発酵食品

ナンバーワンでございます。

説明よりなにより、一度(まずは1ヶ月)召し上がってみて

体感していただきたいです。

 

 

ハイ・ゲンキのサンプル取り寄せや注文をされる方は

こちらのページをご覧くださいませ

 

 

 

それと!

ここまで書いておいてナンでございますが

書いてあること全て鵜呑みにする必要はございません。

 

あくまでもわたくしの持論であったりオススメですから。

合う方はバツグンに合いますし、そうじゃない方もいらっしゃることでしょう。

(それさえも試さないとわからないから、ひとまず試していただきたいわ~)

 

 

貴方や貴女に必要なことは、ごじぶんで見つけてゆくしかございません。

わたくしはヒントやアドヴァイスを提示するまでのお役目でございます^^

それを踏まえた上で、なにかしらご参考やお役に立っていれば幸いです。

 

 

では、本日も皆さまにとりまして、

ウキウキする1日となりますよう💗