フォローの重要性。 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)

フォローの重要性。

おはようございます、養腸®家・セラピストのmanoです。

 

 

先日(先月)、養腸セラピー講座のフォローを受けに

いらしたKさん。

 

 

受講から半年経以上経過してのフォローでございます。

ご本人的には、教わったことと違うことになっていたら、、、

という一抹のご不安があったようです。

 

 

わかります~。

わたくしにとっては、らせん美がまさにそんなかんじ。

 

 

たぶん、これで合っていると思うんだけれど、

講師の方から「だいじょうぶ!」と言われると

たちどころに安心いたします。

「やっぱりこれでよかったんだ~♪」ってね。

 

 

合っているだろうと思って確認したら、

実はぜんぜん違っていた💦💦って

こともありますケド・爆

 

 

合っているか、そうじゃないか、

己の感覚だけでは不十分のときに

講師・指導者目線で見てもらうフォローって

多いに役に立つのですよね。

 

 

合っていると思っている感覚そのものが

ズレているケースもありますし。

 

 

どれだけ上達しても、確認作業は怠れません。

 

 

Kさんの場合は、感覚がズレていることもなく!

半年経過する中、たくさんの方の腸に

触れる機会にさほど恵まれていなかったのですが、

手技が安定しておりました。

 

 

大きな問題なし!

教えた側も一安心。

 

 

フォローは、技術確認のみならず

さらなる技術向上を目指す時間でもあります。

(だいじょうぶ!と思ったときが一番あやしい)

 

 

なぜ、この場所に手を添えるのか、とか

なぜ、この速度でやるのか、とか

なぜ、この角度がいいのか、など

検証を交えながらお伝えすることもしばしば。

 

 

養腸セラピー講座 を受けて時間が経った

タイミングだからこそ、伝わることがたくさんあります^^

 

 

適切な圧・適切な速度・適切な場所をなでたとき

腸はたまらなく心地よさを感じてくれます。

 

 

わたくしは、なぜかその感覚がわかるのですよ。オホホ。

なぜと言われても、元々知っているといいましょうか、

絶対音感があるように、身体における絶対的な感覚が

備わって生まれちゃったのかも~(/ω\)

 

 

理由はさておき、この“わかる”感覚を独り占めにせず、

皆さまにわかるようにお伝えするのが講座です。

 

 

腸の心地よさを生み出す技術、興味をお持ちの方は

ぜひぜひ、学ばれてくださいませね。

 

 

マーノリブレ・セラピストスクール の

養腸セラピー講座 は、マンツーマンで開講しております。

(4名まででしたらグループ受講も可能です)

 

 

今日も暑い1日になりそうですね。

くれぐれも体調管理を怠らないように

なさってくださいませ。

 

夏バテ知らず、熱中症対策には、

水分、塩分、ビタミン・ミネラル補給と

腸もみ!です。