まさかのハイヒール。 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)

まさかのハイヒール。

つい先日、銀行のATMでお通帳を記帳いたしましたの。

 

 

すると、そのATMの向かいに靴屋さんがありまして。

記帳も滞りなく終わったので、靴屋さんを見るともなしに

見ていたら、、、見ていたら、、、試しに履いてみたりして、、、

買ってしまひました・笑

 

 

ハイヒール。

しかもピンヒールっぽい。

 

 

ひとだけでなく、靴も出合いが大事!

わたくしの場合、たいてい

探しているときは見つからず、

探していないときにあら?と思う

掘り出し物がポン♪と現ること多し。

 

 

ただいま絶賛らせん美トレーニング中なので、

歩き方の練習にもなるかも?と思ったのも

購入理由の1つ。

 

 

わたくしにとって、初めてのピンヒール。

試しに履いて歩いてみましたら、、、

お腹(の奥の方)がいた~い(*´Д`)ではありませんか。

 

 

コレ(≒ヒールのある靴)、、、体幹がないと履けないですやん。

体幹がなくても履けるには履けますが、

それだととても歩く姿が非常にざんねん(≒不格好)になるのです。

反り腰だったり、変に前傾になったり、前ももにばかり力が入ったり。

これらの姿勢を繰り返せば、残念な姿、太い脚の出現に加え

腰をはじめとする身体のアチコチを痛めることになりません。

 

 

キレイに美しくムリなく履きこなすには、体幹!

 

 

らせん美の生みの親・酒井先生の

この美しすぎるフォルム・スタイルは、

しなやかで優れた体幹があってこそです。

 

 

ちなみにわたくしの足は偏平足で開帳足で外反母趾。

(足の裏の筋肉≒足底筋と足周囲の腱がすこぶるよわいため)

らせん美を続けることによって、この足が変化して

履きこなせるのではないか、練習&実験タイムでもあるのです。

 

 

お腹の奥がじんわり痛くなる(≒インナーマッスルを使った証)、

ヒールの靴。

 

 

立つたけで、中心軸を意識できます。

この靴で1kmくらい歩いたら、小腹が空きました。

(ややヘロヘロになりながらも1kmは歩いたのです)

トレーニングにはもってこい!なのかも。

 

 

雨の日は靴が傷んでしまうので、

雨じゃない日にコツコツ履くよう勤しみます。