まといます(その3)―らせん美、それは圧倒的な全肯定感。 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)

まといます(その3)―らせん美、それは圧倒的な全肯定感。

【お知らせ】

明日7/8まで、出張のため東京を不在にしております。

この間にいただいた連絡のお返事は戻りましてから

順次いたします。

しばらくお待たせして恐縮ですが、ご理解のほど

お願いいたします<(_ _)>

 

 

★☆★☆★

 

らせん美の動きを日々せっせと行っていたら、

ある日フト、ほんとうにふと氣づきました。

 

 

なにに氣づいたのかというと、

 

 じぶんが圧倒的な肯定感の中にいること

 

にです。

 

 

わたくし、自慢できるくらい自己肯定感が低い人生でした。

腸もみと出逢ってから、否定感は肯定感へと変容しました。

(腸≒じぶんなので、腸をもむってじぶんと向き合うことに

ほかならないのです)

 

 

さらに、お客さまを通じて、じぶんの存在価値を

認められるようにもなりました。

 

 

肯定感も存在感も育っていたので

らせん美を学ばずとも肯定感は

すでに達成できていると思っていました。

 

が。

 

が。

 

らせん美の動きを繰り返すうちに、

圧倒的な肯定感に包まれているのを

実感しています。

 

 

これにはびっくり。

 

 

 重心を意識する(グランディング)

 おひし(膣)を意識する(センタリング)

 仙骨を意識する(センタリング)

 じぶんの所作や振る舞いを意識する(俯瞰・客観性)

 

 

そこにあったのは、ゆるぎないじぶんへの自信。

なにをするにも不安がない、とかではないですょ。

今だって、緊張しぃですし、チキン(弱虫)ですから。

 

 

でも、深いところでじぶんと結びつき、つながった感覚。

安心感と信頼感がある感覚があります。

 

 

地に足が着くというか、根を張る感じ。

根を張るから、上に上にと伸びていける感じ。

しっかり根づくから、より高次の存在とも

つながれるんじゃないかしら?

 

 !

 

それで思い出したのがオーラソーマのこのボトル。

 

画像はお借りしました

 

 

オーラソーマはっ詳しくありませんが、65番。

頭は天に足は地に。」

 

 

わたくしが想う、らせん美のイメージボトル。

 

65番って

 じぶんがどうしたらいいのか、

 どこへ行けばいいのか

 なにをすべきか が

わかっているボトル、らしいです。

※詳しいことはググってくださいませ(←無責任)

 

 

らせん美って、じぶんの軸がしっかり通り、

ゆるぎないじぶん が出来上がる道筋でもあるのでしょう。

(まだ道半ばのじぶんが何を言う~ですケド)

 

 

 

ちなみに、わたくしが想う“腸”のイメージボトルはこれ^^

41番。

叡智のボトル。

 

 

チャクラだとね、腸のあたりって

オレンジというかゴールドなんですわ、だから。

(なんちゅう単純な理由・笑)

 

 

こっちはこっちで包み込むような、

内側から光り輝くようなエネルギーを感じませんか^^

 

 

今日は七夕でございますね。

日本と世界と宇宙の平和を願い、祈ります^^

(高松でのセミナーが無事に終わることも祈ろうっと♪)