アラフィフ女の挑戦。(前篇) | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)
2019-05-11 05:05:05

アラフィフ女の挑戦。(前篇)

テーマ:女を磨く、女を上げる

先月のことですが、ある雑誌の

撮影立ち会いに出かけました。

 

 

その雑誌に、なんとmano母も登場します。

(その様子は後日のブログにでも^^)

  ↑↑

当日なにを着ていくのか、撮影数日前に

ドロボーが入ったかのように家の中を

かっ散らかして大騒ぎ・笑

 

 

大騒ぎは母だけではありません。

わたくしもです。

撮影立ち会いはこれまで何度も

経験しておりますので、雰囲氣がわかります。

 

 

今回は、紆余曲折あって、

わたくしが腸もみのモデル役を

務めることになったのです。

 

 

 だ、大事件~!

 

 

お顔写真ではなく、お腹まわりが映ります。

 

 

 アラフィフ女のヘソ出し・・・。

 

 

服を着て、なんとな~くごまかしちゃえ♪作戦が通用しません。

ひとつ間違えると、衝(笑)撃映像になります。

 

 

しかも、撮影数日前にウッカリはしゃいで暴食(爆食)いたしました。

(manoがモデルになると決まる前のことです、知っていたら

ちょっとは自重したハズ)

 

 

お腹周りだけではございません。

手元も映ります。

わたくしの指先は決して美しいとは言えません。

 

爪、ちっさ!

 

 

美しくなくとも、お爪がちんちくりんでも、

施術ができるこの手のことはとってもすきです。

 

 

すきですが、今回ばかりは

じっとわが手を見つめ、しばし途方に暮れました。

石川啄木の一握の砂にある「ぢっと手を見る」の氣分です。

 

 

 ハッ!(゚Д゚)

 

 

いかんいかん、です。

途方に暮れている場合ではありません。

撮影日までの数日で、できることをせねばっ!!

 

 

(つづく)

 

養腸家・腸セラピスト 真野わかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ