これが、元祖で本家ですわ^^ | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)
2019-03-24 05:05:05

これが、元祖で本家ですわ^^

テーマ:講座・スクール・イベント

先日、養腸セラピストの乃衣さんのサロン、

アウラヒラソル@自由が丘 にて、 

これまた養腸セラピストのアマネさん が参加して

お2人ご一緒の合同 フォロー講座 をいたしました。

 

 

お互いが相モデルとなり、要望いただいた

「基礎中の基礎の動き」をおさらいいたします。

 

 

基礎中の基礎とは、養腸セラピー講座 で

最初にお教えした技術です。

 

 

わたくしは、原則として、施術スタイルが

オリジナル(最初に覚えたもの)から変化したり

逸脱しようとも、クライアントさまと施術者の

どちらの身体にも負担や痛みがなく、

腸がほぐれる・ゆるむ・リラックスできれば

その方法も アリ と考えています。

 

腸がほぐれる方法は1つではありませんから^^

 

 

今回は 基礎(原点)のもみ方 がリクエストだったので

オリジナルに沿っているか、しっかりチェックです。

 

 

手を置く位置、角度、どちらの手が上か下か、

指の腹の使い方、意識の持ち方、

足の向きや置く位置、施術中の目線ナド、

細かく見ます。

(やるときは、やるんです^^)

 

 

これらは“ちょっとした違い”なんですが、

知ると知らぬでは、“大きな違い”になります。

 

微差は大差です。

 

ちょっとした違いによって、

施術者の負担が楽になるだけでなく、

施術を受ける方の負担も楽になります。

(その逆も然りネ)

 

 

例えば。

ちょっとボケてますが、アマネさんの施術、お直し前。

パッと見た感じでは、特段問題はなさそうです。

 

実際は、右肩が上がっていて、腕のおさまりが

イマイチとなり少々やりづらそう。

 

 

上がった肩の位置を下げるようお伝えすると・・・

肩の力みが抜けて、ムダのない自然なフォームになりました^^

窮屈感が減り、ご自身の感覚的にも修正後の施術の方が

やりやすくなっております。

 

 

ふだん独りでやっていて、氣づかずついてしまったクセや

やりづらさを修正!です。

 

 

続いて、攻守交替、とばかりに乃衣さんの施術もチェックいたしました。

お腹をつい目で見てしまうクセを、見ないよう指摘いたしました。

ほかにも、添え手の置く位置とかも、チェックチェック♪

 

 

相モデルになることでの氣づきもたくさんあります。

力で入れる のと、体重をつかって圧をかける の違いとかも

受けるとハッキリわかるんです。

 

 

文字通り、あっという間の濃厚時間でした。

 

 

フォローでお腹をもんで、ほどよくほぐれた後は、

乃衣さんセレクトのお店でランチ^^

夜来てもよさそうなシックな雰囲氣。

 

動物性食材を一切使っていないドリアです。

豆乳を使ったホワイトソースにお野菜がゴロゴロ。

しっかりコクがあります。

 

お野菜ゴロゴロでもお腹はゴロゴロしませんよ^^

(なんてつまらないダジャレ!)

 

 

 

施術(技術)にゴールはありません。

できている自覚があっても、伸びしろがあります。

可能性を追求する限り、伸びてゆけます。

(わたくし自身もね)

 

 

フォロー講座では、養腸セラピー講座 の時間で

お伝えしなかったことや、時間が経った今だからこそ

伝えられることなどをお伝えしております。

 

 

技術は、一度学んだら、おしまい!ではありません。

教えてくれる立場の人がいる環境なら、遠慮せず

教えを乞うのが上達の近道です^^

 

 

マーノリブレの

 フォロー講座

 養腸セラピー講座

 体験講座

 

いろいろ取り揃えております。

 

春、新しく始めてみたい方、ぜひおいでくださいませ^^

お問合せはコチラ です。

 

 

 

 

 

養腸家・腸セラピスト 真野わかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ