信じます(その9)―ノイズが氣になるお年頃。 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)
2019-03-19 05:05:05

信じます(その9)―ノイズが氣になるお年頃。

テーマ:らせん美レッスン

己が動き、表情、所作・・・氣にしております。

 

 

らせん美 を学びはじめる前から

所作や言葉選びは常々氣にしていました。

(じぶんなりに、ですが)

 

 

学び始めてから、氣にかける深さが変わりました。

 

 

あ。「氣にかける」 のは、 氣にしぃ ではなく、

意識する の意味です。

 

 

意識しないとスグ忘れてしまいますが(鳥頭なので)~。

(目指すは、無意識のうちに意識できるレヴェル)

 

 

意識しているとき&意識しはじめてからは、

周りの人たち(知人、知らないひと関わらず)の

言動がとても氣になっています(変化時あるある)

 

 

 立ち姿、歩く姿(猫背とか)

 座っているときの姿勢(&脚の開き)

 しゃべり方とか

 手の動かし方

 物を取るしぐさ、

 物を置くときまで意識があるかないか

 扉の締め方、

 

 

それぞれから発せられるも!

 

 

雑な動きには雑な音(ノイズ)がきものです。

動きがクリーンだ(≒美しくなる)と、音も清らかになります。

(わたくしにはそのように感じます)

 

周波数が合わないノイズが多いラジオって、

本当に聞きたい音源が聞き取りづらいですよね。

あんなかんじが身体や言葉から発せられているように

感じるんですわ。。

 

洗練されてない じゃなく とにかくクリーンじゃない。

雑味とか濁りがあるかんじ。

 

 

雑な動きからノイズは出ています。

おぼろげながら、それがわかってきました。

 

 

 それがどうした!

 だからどうした!

 

 

と言われたらそれまでです(/ω\)

それ以上でもそれ以下でもありません。

 

 

世の中は、クリアな意識と動きができる方と

ノイズだらけの方がいるということです。

 

 

どっちが優れているとか優劣の問題ではありません。

どっちを選んでも選択の自由です。

 

 

わたくし自身は、ノイズを発する存在になるより

その場にいるだけで、クリアーな心地にさせて

くれるひとが好きですし、じぶんもそっち(NO・ノイジー)を

目指すべ! と思っております。

 

 

とはいえ、今はまだ冷静と情熱の間ならぬ

クリアとノイズの狭間で、ゆらゆらと海月のように

揺蕩っているmanoです。

 

 

クリアなじぶんを目指して、雑味をとっぱらうべく、

今日もせっせとプルプルバブル(体操)^^

 

 

 

養腸家・腸セラピスト 真野わかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ