内臓逆位の施術。 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)
2019-03-06 05:05:05

内臓逆位の施術。

テーマ:腸をもむことに関する質問

といっても、わたくしが施術をしたのではありません。

 

 

養腸アドバイザーさんのクライアントさまです。

 

 

内臓逆位というのは、1万人に1人くらいの割合で

内臓の位置が左右逆転している方です。

 

 

日常生活上はさして問題ありませんが、

検査や手術などが生じた場合、お医者さまたちの

経験値が(少)ないので、氣をつけないといけません。

(特に心臓が左右逆転だと、血管の位置からなにからなにまで

反対になります。いつものように というわけにいかないのです)

 

 

腸が逆位、左右逆転だったら?

どう腸をもめばいいでしょう。

 

 

基本、ぜんぶ左右反対で対応する考えです。

右からものものは、左から。

時計回りであれば、反時計回り。

 

 ↑↑

 

あくまでも、これが前提なだけで、

正しいわけではありません

 

 

 へっ?

 

 

と思われますか。

 

 

大事なのは左右反対にもむことではなく、

その方法をとったときに、

 

 

 クライアントさまがどう感じるか

 

 

です。

 

 

反時計回りに施術したとき、

時計回りのときとで、どっちが心地よいか。

 

クライアントさまが“心地よいと”感じた方を優先します。

 

 

 手順より、(クライアントさまの“腸の”)感覚です。

 

 

内臓たちはそれぞれ感覚を持っています。

ですから、その方の持っている感覚を大事にします

 

 

ですから、内臓逆位と言っても、

時計回りが心地よいと感じる方もいれば、

反時計回りの施術の方が氣持ちいい、と

おっしゃるケースもあるでしょう。

 

 

って、1万人に1人くらいですから、

そもそも出逢わないのですが・爆

 

 

内臓が逆位でも通常位でも、大事にすべきは

 

 

 その方の内臓感覚です

 

 

内臓逆位の方に出会ったときの、ご参考になりますように^^

 

 

 

真野わかの 養腸®茶話会 も行っております^^
おなかをはじめとするお悩みがある方、
今のごじぶんの状況を整理したい方、
お茶を飲みながらお話いたしましょ^^


※お茶代のみお支払いいただく茶話会です

お申込みについては、こちらのページ をご覧ください

 

 

養腸家・腸セラピスト 真野わかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ