腸と向き合うとわかること。 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)
2018-09-12 05:00:56

腸と向き合うとわかること。

テーマ:腸セラピー、腸マッサージ(腸もみ)
おはようございます。
 
先日、養腸セラピーを初めて受けにいらしたお客さまのHさん。
うれしいメールをくださいました。
※掲載の了承を得ております^^
 
☆☆☆
 
こんにちは。先日はありがとうございました。
養腸セラピー 、とっても氣持ちよかったです。
自分でやっていた時は少し焦りもあり
「早く成果を!」って感じだったので
氣持ちよさが二の次になっていました。
 
 
小さい頃からお腹のトラブルが多く、
「自分ばかりどうして?」って思っていました。
でも自分がずーっといじめていたんですね。
頑張っていた腸ちゃんを、「働けー働けー!」
って鞭をうって、でも自分は協力しないみたいな。
極悪非道ですね(笑)
 
 
私は何をするにものんびりしていて、
理解力や動作なども人よりは遅いタイプです。
だから体のなかもきっとみんなのんびりなんだろうな。
って最近思ってきました。
 
 
だから、よく「これをやってすぐ効果でました」とか
読んで焦ったりするけど、生来のんびり屋で
全てにおいて人よりゆったりしてる私が
効果がすぐに出るわけがないんですよね。
 
 
やっていくうちにノーンビリとわかってきて、効果が出てくる。
なのに、効果をすぐ求めちゃうのはなんかお粗末でした。
やっていただいてからも毎日腸もみしてますが、
調子がいいことに調子に乗ってここ二日食べ過ぎてしまったら、
腸がなんとなく冷たくなってしまいました(汗)
正直だなあって思いました。
 
 
またあの柔らかい暖かい腸になるよう、食べ過ぎも
氣をつけてゆっくりマイペースにやっていこうと思います。
(すぐ焦る癖があるから自分にも言い聞かせてます。)
またよろしくお願いいたします。
真野様に出会えたことにほんと感謝です。
ありがとうございました。
 
☆☆☆
 
わたくしこそ、HさんとHさんの腸にお会いできて
よかったです^^
ありがとうございます。
 
Hさんご自身が、施術を受けられた後、
ごじぶん(の腸)と素直に向き合われたご様子が
伺えます。
 
 
ごじぶんの腸との対話できると、
なにをすればいいか、反対に
なにをしない方がいいか、が
わかってきます。
 
 
腸をもむことが、ごじぶんのことを
これまで以上にわかるヒントやきっかけに
なれば(なると信じております^^)、
皆さまの腸と、そしてわたくしもうれしいのです^^
 
 
 
 
 
 

養腸セラピーの技術を覚える講座

 
 

養腸家・腸セラピスト 真野わかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス