お看取りは前向きにネ。 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)
2018-09-09 05:09:09

お看取りは前向きにネ。

テーマ:自由日記

あ、、、まだ誰も看取っちゃいません(;´Д`)

 

 

ひとは必ず亡くなります。

致死率100%です^^

 

 

わたくしも、このブログを読まれているアナタも。

いつか、今の世から消えます。

 

 

その いつか が いつ なのかわからないから

毎日、一所懸命生ききることができるんデス^^

 

 

いつか が そろそろ かもってケースもあります。

わたくしの場合、祖母(94歳?)が該当中。

 

 

ここから書くのは暗い話じゃないんですが、

死生観のコトとか苦手な方はお読みにならず、

スルーしてくださいませ。

 

 

 (今年の秋で)齢95歳

 

 

今年に入って、いいカンジでボケてきております。

加齢による正しいボケです。

短期記憶ができない、とかね。

 

食欲旺盛。

旺盛すぎて、いっつも食べてる・・・(;''∀'')

(直近の食べた記憶があんまりないので)

1日ほとんど動かず食べてたら、太るって。

実際、プクプクしておりました^^

 

 

それが。

先月~先々月くらいから、食欲が止まりました。

暑さのせいもあるでしょうが、それだけではなく。

 

 

加えて、認知症も急速に発症。

(現在、身内がてんやわんやの大騒ぎデス)

 

 

祖母にとって、いつか の日が少しずつ

近づいているのでしょう。

 

 

今のところ、水分(ポカリスエ○ト)系は摂れています。

食べ物はほとんど摂らなくなりました。

🍉ひとかけ、とか梨1/6コの1/3コ(つまりホンの一口!)

 

 

「食べたくなったら、食べる!」と言って、

自らの意志で食べません。

 

 

当然、痩せます。

2ヶ月で7キロくらい痩せました。

 

 

意識や記憶も曖昧にしながら、

少しずつ、少~しずつ、こっちの世界から

スムーズにあっちの世界に行(逝)けるよう

準備しているのではないのかしら?

 

 

祖母はいつか訪れる“そのとき”を

本能で知っているような行動に見えるのです。

 

 

祖母の、というより、ヒトの本能がそうさせているのだと思います。

 

 

であれば、それ(本能)を妨げることこそが、

一番やってはいけないことなんじゃないかと。

 

 

哀しいとか、いよいよ なのかな、、、という感情より

ちゃんと枯れていってくれるといいナと思うばかりです。

 

 

まだまだこっちに居てほしいのは、こっちの世界で生きている側の都合。

祖母は祖母のタイミングで、ある日あっちに逝くんだろうなぁ・・・。

 

 

今は、お看取り系の本を猛ダッシュで読み漁っております。

第一弾(上)と第二弾(下)

 

縁起でもない?

 

 

そう思われる意見もありことでしょう。

 

だとしても、大事なことです。

その日・その時がきたときに、オロオロしてるほうが

ダサいと思うから(manoの場合)。

 

 

どんなときも、「今できること」を「できるときに」です。

 

 

って言ったって、実際にコトが起きたらオロオロするんです、きっと。

 

 

オロオロは、最小限で見苦しくないようにしておきたい。

わたくしのちっぽけなエゴです^^

 

 

亡くなることを考えるのは、縁起がよくないことではなく、

ちゃんと前向きに死を受け止めようとしている ってことです。

 

 

ばーちゃん、まだ健在ですョ^^

 

 

※これから岡山→大阪に移動します。

大阪で仕事をした後、本日の夜、東京に戻りますね^^

 

 

 

 

養腸家・腸セラピスト 真野わかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス