胃のムカムカに腸もみ。 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)
2018-08-05 05:15:15

胃のムカムカに腸もみ。

テーマ:腸セラピー、腸マッサージ(腸もみ)

先月のことになります。

 

 

一度わたくしの養腸セラピーを受けてみたい という方が

遠路はるばるおいでになりました。

 

 

ご予約時刻は夕刻18:00。

 

 

とても楽しみにいらっしゃった日は、

いくつも予定をこなしてのご来訪で、

疲労困憊状態でお見えになりました。

 

 

ご自宅のある県から新幹線で大阪に移動され、

大阪でお仕事を片付けた後に、東京へおいでになりました。

 

 

施術後は静岡に移動予定がありました。

わたくしより年齢は1周り以上先輩の方です。

 

 

ふだんから食事は十二分に氣をつけておいでです。

 

なにがご自分に合う食事なのかもわかっているようでした。

が、この日のお昼に召し上がったものがお身体に合わなかったこと、

翌日に控えた静岡でのお仕事が大役らしく、

それがず~っと圧し掛かってストレスに感じていたこと、

どっちもあいまって、胃のムカつき、胃もたれマックス、

吐き氣もアリアリ状態だと判明。

 

 

そんな状態で腸もみをしてよいか―。

 

 

んなものわかりませんぜ。

(無責任と思われても、これが一番正直な想いです)

 

 

もんでいいかどうかがわかるのは、ご本人だけです。

 

施術するかしないかを決めていただきます。

 

 

「どうされますか?くれぐれもご無理なさいませんよう」

 

 

そう申しますと、

 

 

「こういう体調のときこそ、受けたいです。

むしろ疲労困憊でよかったです。

よろしくお願いします」

 

 

とおっしゃるんですね。

 

そうとくれは、こちらも平常心でやるだけです。

(腸はメンタルが大きく影響します。そのため

相手とじぶんが前向きなお氣持ちのときに

よろしくない何かが起きるというのは考えにくいです)

 

 

「氣分がわるくなったり、イヤな感じがしたら

すぐにおっしゃってくださいませね」

 

 

お客さまがよぶんな不安を感じないよう

配慮して施術をはじめました。

 

 

開始5分。

 

 

「manoさん、ごめんなさい。ちょっと吐いてきます」

 

 

大して驚きはしません。

ドーゾドーゾ、です。

 

 

吐いて、胃液だけ出たとか。

ご氣分が落ち着かれたご様子なので、

戻られてからも変わらずに施術を続けました。

 

 

その後も問題なく施術が終わり、

硬かった腸も柔らかさを取り戻しました。

(ひと安心)

 

 

終わって、すぐに静岡に移動です。

夜22時すぎ、ショートメールを頂戴しました。

そこには

 

 

静岡に着いたら、ウソのように胃腸が楽になりました!

夜中に🍙なんて食べないのに、食べられるほど

お腹が空いたんです!!

あんなにやさしいタッチなのに、、、。

ほんとうにビックリしました。

 

 

このご感想を見るに、おいでになったときは

腸のうごきがものすごく緩慢に鈍くなっていて、

食べたものの流れが滞りがちだったのだと推測できます。

 

 

養腸セラピー で腸が動きやすくなり、

胃のぜん動運動も活発になって、

(そのため一旦吐いたけど)

結果、スッキリされたのではないでしょうかね。

 

 

なんにせよ、一部の胃腸のムカつきに対して

腸もみの有効性を見出すことができました。

※もちろん、すべての胃腸のムカつきが対象ではありません。

 個人差があります。

 

 

その方が施術を受けたいか否か、

お氣持ちひとつで結果は180度変わると予想しています。

 

 

是非の是(Yes)の場合、いい状態に近づける可能性が期待できます。

非(NO)の場合、逆効果になりかねません。

 

 

なんにせよ、ホンマお楽になってよかったですわ。

東京まで来ていただいた甲斐がございました。

シンプルにそう思います^^

 

 

 

 

 

 

養腸家・腸セラピスト 真野わかさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス