善玉アセンション、悪玉ディセンション? | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)
2018-07-10 05:12:26

善玉アセンション、悪玉ディセンション?

テーマ:ミライハカナウ

 

アセンション&ディセンション。

たぶん、スピリチュアル用語です。

(たぶん、って、オイオイ)

 

 

manoは大して詳しくありません。

 

 

が、ちょくちょく耳にします。

 

 

アセンション・・・次元上昇。

 魂のままに、じぶんの使命・役割を感じ

 目的に向かって行動する人たち。

 何があってもなくても毎日たのしい、しあわせ~と感じられる人たち。

 それはそれ、これはこれと何でもアリの考え方。

 他人と比べることに意味をもたない、自己の成長に意識が向かう人。

 自己肯定感があり、自己受容や自己容認ができている。

 

 

ディセンション・・・次元下降。

 周りにじぶんを合わせ、じぶんを押しころしたりして、

 本来やりたいことができていない窮屈な魂、でしょうか。

 損得とか善悪、勝ち負けで括ろうとする傾向があるかも。

 誰かと比較して、勝手に落ち込んだり、

 自己否定がつよすぎたり、自意識過剰すぎだったり。

 

 

 

どっちもわたくし流の理解です、あしからず。

 

詳しくは、「アセンション」「ディセンション」でググると

いやでもたくさんの似たり寄ったりの情報が出てきますよって、

そちらをご参照ください<(_ _)>

 

 

たぶん、相当ざっくり書くと、そして腸内環境で例えると

 

 

 アセンション≒善玉菌

 ディセンション≒悪玉菌

 

 

みたいな^^

(えっ?ちがう??)

 

 

世の中にはどっちもあるって意味で。

どっちが正しい、じゃなく、どっちの世界も

ただそこに存在する って意味で。

 

 

アセンションとディセンション、この2極化が

どんどん進んでいるなんてぇ話が

そこかしこで流れているようでございます。

 

 

ほんまかいな・・・と思うことしばしばでした。

 

 

が、

 

 

 ほんまやった!(←エセ関西弁め~)

 

 

わたくしの周りにいる、言い換えると

ずーーっと来てくださっているお客さまは

アセンションしている方ばかり。

 

 

反対に、いろんなご縁で来なくなった方たちを

思い浮かべますと、ディセンションしている方ばっかりですわ。

 

 

変化を望まない方

(周りが変わればいいと思っている方)

「変わりたい」と言いつつ、行動が伴っていない方

変わらないことを、じぶん以外の何かや誰かのせいにする方

常に誰かと比較して、優位性を感じると安心する方

(誰かと比較して、劣等生を感じて不安になる方もしかり)

誰かのせいにして、自己責任が薄い方

「わかっている(つもりな)んだけど・・・」が口グセの方

 

 

いなくなっとる・・・。(;°皿°)

 

 

人数比は アセンションの方 < ディセンションの方

※manoの顧客調べ

 

 

引き寄せ、類友、波動だか波長が合うなど世の中的に

いろいろ言われますが、アセンションとディセンションの

関係性も同じです。

 

 

だから、アセンションの方とディセンションの方が

一緒にいると、居心地がよろしくないです。

 

 

そもそも考え方が真逆に近いので。

アセンション組は、「まぁ、そういうコトもあるよねぇ」と

すべての存在を認める≒なんでもアリの考え方、

多元論的思考が身についています。

 

 

これに対し、ディセンション組は、ゼロか100か、

勝つか負けるか、白か黒か、の二元論。

 

 

なにかしら1つのの答えに集約しないと居心地がよくないのです。

いろんな立場で物事を見るより、じぶんの立場・視点から

物事を見る傾向がつよいかも。

 

 

例えば、アセンション的思考の方たちは

「二元論って考えもあるよネー。でもって、一元論も多元論もあるさねネー」

とノンキに語れます。

 

 

一方、ディセンション的思考の方たちは

「いやいや、この世は二元論しかありえないんでスけど!」

ってことになる。

 

 

結論は出ず、平行線をたどるまま。

 

 

アセンションさんたちは、「平行線って結論もあるよネー」って、

これまたノンキに全てを容認できるのですが、

ディセンションさんたちは「なんでこの考えがわからないの???

答えが1つじゃないってマジでありえないんスけど~ォ」みたいになる。

 

 

なんでもアリ のアセンションさんたちと、

なんでもアリなんてナシ のディセンションさんたちが

一緒にいると、なんでもアリなんてナシ のが辛くなる。

 

 

ディセンションさんたちからしたら、アセンションさんたちの

言っていることがわからない(もしくは、わかりたくない)。

 

 

結果、次第に疎遠になってゆくという。

 

 

ディセンションさんたちはディセンションさんたちでつるみます。

「なんでもアリなんてナシ」「答えは常に1つ」「ジーク・ジオン!」

という共通認識があるから一緒にいると居心地がよいのです。

 

※ジーク・ジオンは無関係です

※「坊やだから」ディセンションなワケでもありません^^

  →一部の方にしかわからないこと書いてゴメンナサイ

 

 

そんなこんなで、アセンションさんとディセンションさんは

一緒にいるのがむずかしくなるのだなぁ、と書きながら

独り納得しています。

 

 

再度書きますが、アセンションとディセンション、

どっちが正しい ではありません。

どっちが優れているもありません。

どっちの生き方もアリです。

 

 

どっちを選ぶかの決定権は常にじぶんが持っています。

どっちを選んでも学びはありますので、

ごじぶんの魂の望む方をお選びになってくださいね。

 

 

アラ、いやだわ。「魂」とか平氣で使っちゃった。( *´艸`)

なんだかスピの人みたい・笑

 

 

今日もランラン・ルンルンで1日を過ごせますよう^^

 

 

 

 

 

養腸家・腸セラピスト 真野わかさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス