命ミヂカシ、戀セヨ乙女。 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)
2018-01-09 05:03:31

命ミヂカシ、戀セヨ乙女。

テーマ:自由日記

ソッチのコイじゃないやーい。

 

戀について。

といってもがっつり恋愛ネタではないかも。

 

戀。

誰か 特定の“人”じゃなくてもいいのです。

 

戀するのは乙女に限らず、

コレ!と思える人やできごと、モノに

出逢えると、人生が豊かに上質になれます。

 

なんでもいいのです。

 

じぶんがハマれるもの。

寝食を忘れて、は言い過ぎだとしても

 

 情熱を傾け

 没頭でき

 夢中になれる

 

ときに頭から離れないほど

手に付かないほどじぶんを占有するほどの

氣になる 何か に出合えたら、

とっても幸せだとおもうのです。

 

その氣持ちは 戀 だと思うから。
 
 
実はこの記事、昨年のうちにある程度下書きしていた内容です。
今少し温めておりましたら、1月4日に星野仙一さんがお亡くなりに・・・。
(心からご冥福をお祈りいたします)
 
なぜ星野さんのことを出したかといいますと、
 
星野さんは生前
 「ずっと野球と戀愛をしてきてよかった。
  もっともっと、野球に戀をしたい」
 
とおっしゃってました。
 
星野さんがおっしゃっていたこととじぶんが伝えたいことが同じだったのです。
 
 
そんなわたくしmano、腸と腸もみに対して
戀をしているかというと、、、
 
 しておりませぬ。(してないの?)
 
とうの昔に戀する時期を過ぎ
今は 愛 の氣持ちが芽生えております。
 
この素敵な腸もみ(養腸セラピー)を
多くの方に知ってもらいたい、
知って実践してもらって、じぶんの中にある
豊かさを実感してほしい・・・
 ↑
この氣持ちは 戀 ではないですねぇ。
 
じぶんが大切にしているものを、
じぶんの大切な方たちにも
大切にしてほしい。
 
戀はときに独占したい想いも出てきます。
アイドルのファンなんかは、まさに戀ですね。
 
愛は独占ではなく、増えるもの。
独りよがりでなくなること。
 
そんな氣がいたします。
 
愛に変化・変容する前段階は 戀 です。
(最初から愛の場合もありますが←じぶんの子どもへの氣持ちとか)
 
人生一度っきり です。
限りがあります。
ボヤボヤしてたら、あっという間に過ぎ去ってしまひます。
 
生きているかぎり、戀せよ、そして愛せよ、乙女 です。
※対象は人にかぎらず、万物において です。
※乙女にかぎらず、老若男女とわず です。
 
 
 

【随時受付中】

 

セルフ腸マッサージ講座

 

養腸セラピー講座

 

サロンでの施術

 

 

 

今日の東京はずいぶんと温かな陽氣になるのだとか。

寒暖の差がはげしいときは自律神経のバランスを取るのが

少々むずかしくなります。

 

お腹をもんで、整えやすい環境をこしらえましょうネ。

 

 

 

養腸家・腸セラピスト 真野わかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス