2017-11-14 05:10:00

何度も同じことをしたがる懲りない面々。

テーマ:自由日記

人間は学習する生き物。

 

のハズですが、ときに

ちっとも学習しない生き物でもあるなぁ、と。

※manoの場合

 

 

これまで“あること”で2回くらい?イタイ目に遭ってまして。

肉体的ではなく、精神的に。

 
 

イタイんだから、もう二度とするまい、と

そのときはココロに固く誓い、イタイ記憶を

抱えている間は日々穏やかに過ごし。

その後、記憶も薄れ、イタかったことを忘れる
日々に変わってしまうと、また同じこと繰り返す・嗚呼

(その程度のイタみということ?)

 

 

ヒトは、学習する生き物であると同時に、

忘却を得意とする生き物だから?

 

 

面白いほど同じことを繰り返してます。

 

再びイタイ目をみて

イタかった過去を思い出し、

しばし反省した後、

すっかり忘れて再び同じことを繰り返す・・・。

 

エンドレス・・・。

愚の骨頂。

 

 

喉元過ぎれば熱さを忘れるっていうけど

あの諺は本当だわ。

(ということはこの現象はわたくしだけの

ものではなく多くの方に共通していること

なのかしら?)

 

 

なぜ同じことを繰り返したがるのか、

いくつか≪可能性≫について考察してみることに。

 

【可能性その1】

この件に関しては学習したくないだけなのか?
ドMゆえに、実はイタイ目に遭いたいとか?

(そんなことは、ない、と思いたい)

 

もしかすると「今生では学習しません」という
学びがテーマの可能性もあります。
そういうケース、あるんです。

「学ばない」という学び。

 
 
【可能性その2】
何度も同じことに挑戦すると
見えてくる景色が違うから。
 
じぶんのステージが変わると、
同じことをしていても、見えることや考え方
氣づきのポイントが違います。

それを体感するため。

 
 
【可能性その3】
今度こそ乗り越えられる、成功すると
己と己の可能性を信じているため
果敢(≒無謀)にチャレンジ・挑戦したくなる。
(エベレスト登頂にチャレンジするみたいにね。

実際はそんな大げさな話じゃないけれど)

 

 

【可能性その4】

もうイタいとかんじないレベルにじぶんが

成長したことを確認するため。

これまでイタかったことであっても、
実はもうイタくないと思うレベルまで
自己成長があったことを確認するテスト
として用意された。
 
 
いくつか可能性を疑ってみました。
本当のところは、どれでしょう。

(可能性その1 以外がいいなぁ・・・)

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

養腸家・腸セラピスト 真野わかさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。