MANO EN MANO 院長ブログ

MANO EN MANO 院長ブログ

「手」から「手」へ、想いと愛情を届ける
マノエンマノ美容鍼灸 エステサロン 院長 阪上 あい


奈良で美容鍼灸とエステのサロンを37年間しております。女性限定、全室個室の落ち着いた心地のよい空間で、心も体もリラックス頂き、より健康と美しさに磨きをかけましょう。
スタッフは全員女性鍼灸師。長年培われた肌学に基づく、正しい美容の知識とプロの手技と、長い歴史を持つ東洋医学のノウハウをあわせもった鍼灸師が、あなたの健康と美しさを最大限に引き出し、究極の癒しを提供致します。

マノエンマノは

近鉄京都線「高の原」駅を出て、てくてく歩いて3分ほどのところにあります。

こよなく愛す近商スーパー(お肉屋さんと鳥肉屋さんと入り口のパンがお気に入り)と、

大きな総合病院(階段からスッテン転けたときに世話なりました。)と、

保育園(いつもオトモダチが手をふってくれます(笑))の前にございます。

戸を開けていると、楽しそうな鳥のさえずりが聞こえてきて、

お客様が「BGMですか?」と尋ねられます。

何という名前かわからないけれど、

青い背中の小さな鳥や

白と黒の、動きのすばしっこい鳥が、

サロンの木々を忙しそうに飛び回って 

鳴くその声が、まるでBGMのような日もあります。

高の原の街は、都会のように

にぎやかではないけれど、

広場で 子供連れのお母さんどおしが忙しそうに言葉をかけあっていたり、

日向のベンチで老夫婦がお話していたり、

駅前はいつも花の手入れがされていて、

長年住ませて頂いていますが、

この街が好きだなぁと、 しみじみ、、。

ひとつ難癖つけるなら、ふれあい橋の 冬の寒いこと!谷に吹きすさむ風で、身を切る寒さ!(笑)


さて、住んでない人にとってはなんのことやらの話はさておき。


マノエンマノのお客様にのみ開放しておりますのが、
本店からほどなくの、別邸 東洋スパ鍼灸院DUO(ドゥオ)です。

こちらは、マノエンマノにお越しのお客様のみのご利用となっております☺️
奈良の優しい自然に包まれながら、

全身とお顔のトリートメントをたっぷりと。

一棟貸しきり1日二組様のみの御予約となっております。

密を避け、プライベートな空間で、

自分をリセット、元気をチャージしていただき、いっそうキレイになって頂ける、
そんな理想のサロンが完成致しました。

お客様からのご紹介は喜んで承っておりますニコニコ

お二人まで一緒にご利用頂けますので、

是非、ご夫婦で、ご友人と、またお一人様でも、

お越しをお待ち申し上げております。


御予約は、ご登録のLINE、もしくは店頭、お電話にて承っております。

御予約は二部制となっております。
10:00~
14:00~
定休日  第1、3日曜日 毎月曜日ですが、ご希望でしたらお気軽にご相談ください。

院長 阪上でしたおねがい
12月に新居に移り

中古で購入したマンションのキッチンには

食洗機が搭載されている。

実家にも、古いタイプだけど搭載されていたが、

もっぱら食器入れになっている(乾きにくいから、籠の方が実用的。)

水道代が減らせるという情報にひどく驚いたものの、
5分で済む食器洗いを、

小一時間かけて、ざぶさぶざぶざぶざぶざぶ…言いながら洗うのも、

なんかどうなんだろう。。という気持ちが拭えず

訝しく見つめながら数日。

結婚して、食後の食器洗いは、旦那様のお役目となった。


そんななか
旦那様が、いそいそ 食洗機専用洗剤を買ってきて、
食器をカチャカチャと庫内に並べ、

ピ。

内心、手の方が早いてー。

と、思いつつ、食器洗いの責任者を権限移譲した者としたは、まずは始終見守ることに。

たっぷり40分。

その間、パソコンをカタカタ。仕事に集中。なるほど。

ピー。という機械音と共に、食器洗い終了。

ドアを開くと、温かい熱気と共に、

ピッかピかに 光る ガラスコップ

真っ白なお皿。


やるじゃないか、食洗機くん。

水の量が 手で洗うより少ないという情報は、

未だ信じることはできないが(笑)この綺麗さなら、

合格!キラキラ


なんとなく、こういう機械ものは

効果として怪しい。

なんか、家事サボってる感。

地球に優しくない?のでは?

と、なんやかんや苦手意識があって、

雑巾、ほうき、スポンジが私の相棒と思ってきたが。

よし、食洗機くん。君も相棒にいれてしんぜましょう。


若い家庭ほどAIを上手に取り入れています。

それは、サボりたいわけではなく、機械でできることと自分でできることをきちんと分けている、ということ。そうすることで、家族との時間や、やるべき仕事に時間を割くことができる。

とても、合理的で、清い、ことなのかもしれない。

高齢社会にこそ、AIはありなのか。


そんなわけで、今、

我が家の本棚の下には、ルンバが鎮座している。

掃除機のお役目をこれまた権限移譲した(笑)ので、旦那様のお役目をせっせ果たしてくれている。

そして、ついつい私は、今までの習慣で、

雑巾を手に取り、ちゃっちゃかあちこちを吹き倒していて、その足元で、ルンバが、「失礼致します」と通りすぎていく。
ごくろうさまです。

愛称ルンルンとも仲良くなれそうだけど、

当分、私の相棒は、旧式のものでかためられていそうだ。

セスキ水とクエン酸は、神だと思う。




今日も1日笑顔の花が咲きますように☺️♪

阪上あい

おはようございます。

台風の次は 地震。

ニッポン大丈夫かあせるという感じです。

今回、関西を直撃する大型台風を経験し感じたのは、

早めの対応の大切さです。




各地に被害をもたらした台風でしたが、

都市の主要交通がかなり早い段階で 運休を発表、

大型スーパーや 百貨店も

続々と 営業停止、会社、小売店、飲食店なども

いさぎよく、早くに臨時休業をしているところが非常に多かったように思います。

おかげで、自宅に待機している人が多かったのではないでしょうか?


京都も大阪も神戸も、街は閑散としていたと。

それが、被害を最小限にしたのではと感じています。

大都市を襲った台風のわりに、怪我人や死亡者が少なく感じたのですが、

恐らく、

電車やバスなどの主要交通網が 「今日は、走りません。」

と、早くにオペレーションしたことが

最大の効果だったように思います。


もちろん、災害時は 個々の判断が大切ですが、

走ってないんだったら 家に居とこう

と思うもの。


仕事のためだ、是が非でも行くぞと 出たはいいもの、

あの台風では 怪我人ももっとでたかもしれないなぁと想像します。


近頃の自然災害は「想像を越え」「想定外のスケール」でやってくる。

今までの経験はあてにはならない。


日々、忙しさと戦い、走り回っていても、

緊急時は 足を止めて 嵐が去るのを待つことも

大切だなと、

ふと冷静にさせてもらえたように思います。


今日も、台風のあとの処理に追われている地域も 多数あるとのこと。

先日の大阪を襲った地震の記憶も新しいまま、またかと、肩を落としている方も多いと思います。

一日も早い復旧を願っています。

そして、北海道の皆様も 不安なことと思います。

が、こんなときほど 冷静なご判断を。

無理のないよう、そして

ご無事を祈っております。


マノエンマノ
阪上あい