こんにちは!!

Mano A Manoです

暑い日々が続きますが、クーラーでも冷えで体調を崩さないようにしたいですねグラサンハート

サロンも駆け込みの方が多く、レジャーの前にツルツルにする方は増えていますビックリマーク

1年を通して、いつも清潔にされる方も増えつつありますアップ

子宮周りのケアが注目されて来ています。

見える所ばかり綺麗にしていても、

デリケートゾーンがモジャモジャでは…あせるあせる

もう、私は人に見せないし…
誰も見ないし…
蒸れるので剃ってます…でもチクチクする。
蒸れて痒くなる…でもどうしたらいいか
かわいいショーツを履いても毛がはみ出る
スパで毛がないのは恥ずかしい
でも、サロンに行くのも恥ずかしい

色々なお話を聞きます。

なかなか人には話さない事ですよね

密かに皆さん、悩んでる方も多いようです

そもそも、毛があると、トイレの後、拭いてもこびりついてますショック!

考えると、、不潔ですねあせるあせる

介護業界でも、毛がないのはお互いにとってよいとされています。

毛があると擦れて黒ずみになります。

まず、人に見せる見せないは関係なく、
ケアはご自身にとって、女性として
大切だという事。

デリケートゾーンは、ケアしないと

硬くなっていきます叫び叫び叫び叫び叫び叫び叫び

硬くなると、血流が悪くなり…

あらゆる感染症になりやすくなったり

子宮が冷えたり

生理不順、生理痛の悪化

臭い

黒ずみ



あらゆるマイナスへダウンダウンダウンダウンダウンダウン



なかなか気にかけてないデリケートゾーンを

大切にケアする事。

いつまでも、艶のある肌、高い美意識、
デリケートゾーンの潤いが
女性の活力へ繋がると思います。

ケアできる余裕のある女性でいたいですねキラキラ香水