お母さんと赤ちゃんの【安心感】を作り出し、ストレスを減らすことができます。

それが呼吸法です。

 

胎児はお母さんの呼吸のリズムと心臓のリズムをずーっと聞いています。

お母さんが呼吸のリズムを整えることで安心感が生まれます。

 

お母さんと胎児は深くつながっているはずですが、忙しい現代の生活では、

じっくりつながり、安心感を感じる時間をがなかなか持てません。

 

ですが、少しの工夫で、これらを解決することができます。

 

ぜひ、お手伝いさせてください

 

講師:Max(マックス)

イギリス生まれ、オックスフォード大学(神経生物学専攻)を卒業後、日本に移住。日本全国でイベントや講演会、ワークショップなどを実施。

呼吸法と出会い約25年間の自身の経験と、神経科学研究を取り入れた独自の実践法やノウハウを分かりやすい言葉を使って広めている。

呼吸の大切さを説明し、具体的に安心感を作る呼吸法の誘導をします。

 

これから生まれてくる赤ちゃんに安心感を届けましょう🌟

 

【日時】6月25日(金)

            14:00~16:00

 

【参加費】:5000円

 

【場所】まんまる助産院

 

【お申込み】

電話:042-534-9877

info@manmaru-jyosanin.com

https://www.manmarujyosanin.com



冷えをとる!って?

 

 

そもそも体温はどれくらいだと良いと思いますか?

 

本当は37.0が平熱が望ましいのですが、現代人はせめて36.5以上あってほしいところです。

 

平熱が36.5以下の方は、今から体温を上げるために即行動してください!!

 

 

行動その1   

タンパク質脂質、鉄、塩(精製塩ではなく、ミネラルの含まれた塩)を摂る。

※糖質過剰は冷えの元

 

行動その2   

散歩や筋トレなど運動して筋肉を動かす。

※筋肉量が少ないと熱の産生が減ります。

 

行動その3

入浴や下着などで温める。

※シャワーは冷えます。しっかりお湯に浸かりましょう。

 

行動その4

呼吸法などで、自律神経を整える。

※交感神経優位な状態が続くとアドレナリンが分泌して、血管が収縮。血の巡りが悪くなります。

 

 

どれか1つでは、なかなか改善しません。

 

「冷え性だから腹巻きしてるの」とか「冷え性だから根菜食べるようにしてます!」とかでは、冷えは解消しないのです。

 

 

肩こり腰痛など体調不良の方、肌荒れ、妊活の方、などなど、1〜4を組み合わせて、上手に冷えをとってくださいね。

 

すべての女性がより健康で美しくなりますように!

 

助産師 椎野まりこ


「お産怖い」「痛いのイヤ」って思っている女性に朗報!!💡

オキシトシン>アドレナリン

に、しとけばいいんです😃✨

オキシトシンというホルモンは、
効果のある陣痛を起こしお産をスムーズに進めて、産後の子宮を元に戻すのを助け、母乳を分泌します。

一方アドレナリンは、お産の終盤「いきむ」時に、分泌されると「火事場の馬鹿力」が出て、お産を進めてくれますが
お産の序盤からじわじわと分泌し続けてると、オキシトシンと拮抗して陣痛を弱め、筋肉を硬く緊張させるので、痛みが増します。

発作時間の短い陣痛が頻繁にきて、痛いだけで進まない…
なんとか子宮口が開いたけど、アドレナリン出しまくって、もう火事場の馬鹿力は出ないので、いきめない。。。

こんなの嫌ですよね?

だったら、
妊娠中からオキシトシン↑アドレナリン↓の状態を準備して、お産に臨めば良いのです!


□毎日、仕事や家事育児で忙しい
□イライラすることが多い
□1人の時間がない
□夫とのスキンシップがイヤもしくは少ない
□パソコンやスマホを見てる時間が多い
□甘いものが好き
□呼吸が浅い

上記に当てはまることがあれば、アドレナリン↑オキシトシン↓の可能性があります。

では、どうしたら良いのでしょうか?

○仕事や家事育児の分量を減らす。
○1人の時間を作る
○夫と触れ合う、優しい言葉をかけ合う。
○マッサージなどのセラピーを受ける
○パソコンやスマホを見てる時間を減らし、自然の中を散歩する。
○甘いものを食べるのをやめ、良質のタンパク質脂質、野菜やを食べ、サプリでビタミンミネラルを補給する。(スムージーはNG)
○呼吸法や瞑想を日常に取り入れる。

上記から出来ることを選んで、妊娠中は毎日実行しましょう♫

そして、お産する場所は、できれば、薄暗く、暖かく、リラックスできて、安心できる人と一緒にいられると良いですね。


すべての女性が安心して安全に、自己肯定感がより高まるようなお産ができますように。


助産師 椎野まりこ


----------------------------------

まんまる助産院公式アカウントを作りました!
随時、情報発信をしていきます。
友だち登録お願いいたします♪



------------------------

安心して安産したい・じょうぶな子どもを育てたい
そんな母の願いを叶える「まんまる助産院」

イベント情報はこちら ➡︎ Facebook 
助産院の様子はこちら ➡︎ Instagram 
YouTube動画はこちら ➡︎ まんまる助産院チャンネル

お問い合わせ
電話:042-534-9877
info@manmaru-jyosanin.com

離乳食のお悩みも解決!

よく食べて、よく育つ、丈夫な赤ちゃんと

健康なママを育むための

「高たんぱく栄養食」講座


こんなお悩みありませんか?


〜ママのお悩み〜

・出産後、体力が落ちた

・髪の毛が抜けるようになった

・夫や子どもにイライラしやすくなった

・疲れやすい

・母乳が出ない


〜赤ちゃんへのお悩み〜

・夜泣きが多い

・オムツかぶれや湿疹など肌のトラブルが多い

・離乳食をどうしよううか悩んでいる


この講座ではこんなことを学べます!

①出産後のママに必要な栄養について

②女性に多い鉄分不足とその症状について

③栄養と心身の不調の関係について

④赤ちゃんに必要な栄養&離乳食について

⑤丈夫な赤ちゃんと健康ママのための「高たんぱく栄養食」について


この講座で得られること

①「高たんぱく栄養食」を実践することで、ママの心身の不調が改善します。

②「高たんぱく栄養食」を取り入れた栄養食を与えることで、丈夫な赤ちゃんに育ちやすくなります。

③「高たんぱく栄養食」で家族みんなが健やかに過ごせます。


開催日時 : 2021年5月7日(金)、7月2日(金) 

     10:00〜12:30

定員 : 8名 

※赤ちゃん同伴で参加可能です。自主保育でお願いいたします。


参加費 : 5000円(税込)

開催場所 : まんまる助産院 立川市若葉町2-1-1


講師 : まきはら あすみ

   助産師、ホリスティックフード研究所所長

   マタニティーフードコーディネーター

   一児の母


お申し込み : まんまる助産院へ

info@manmaru-jyosanin.com

042-534-9877



「どんなお産がしたいですか?」
「自然分娩がしたいです。」
「あなたにとって、どんなお産が自然分娩ですか?」
「帝王切開は嫌なんです!」

???

タクシーに乗って運転手さんに「〇〇には行かないでください!」って言ったら、どこに行きますか?

私たちの身体の中で、脳が運転手さんです。
脳は行き先がわからないと、行けないのです。

本来なら、自然分娩は「困難に挑戦する!」ことではなく、母子共に負担が少ない上に、最高のホルモンが分泌されて「癒しの体験」になりうるの
ですが、現代において自然分娩は簡単ではありません。

その理由として食や暮らしの変化が考えられますが、「脳」もお産を難しくしている要因のひとつです。忙しくて脳の周波数がベータに偏りアドレナリン出しまくり状態については後日改めて書きますので、ここでは「脳が行き先がわからない」ことに注目してみます。

かつて、多くの女性たちは自宅で出産していました。
紙と木でできた日本家屋では、声は筒抜けだったでしょう。
長屋のお隣さんや、奥の座敷の襖一枚向こうで出産してる様子を見聞きしてたことは珍しくなかったのではないでしょうか?

初めて出産する人でも、なんとなく見たり聞いたりした経験があって自分の出産を迎えた。見たことはなくても、経験者の話しを聞いたことがある。
その経験者の話しは、時に「大変だった〜」だったかもしれませんが「生むがやすしだよ!」という自信に満ちた話しだったかもしれません。

私の母は、おばあさんから「でっかいウ〇コするようなもんだ!」と聞かされたそうです。
「そうとうデカいウ〇コだったけどねー笑」と子どもの頃に母が笑って話すのを聞きました。

こうして女たちがお産を語り継ぐ文化がありました。

次第に、家で生まなくなり、見たり聞いたりする事もなく、女たちは語らなくなった。


現代の女性たちは、見たことも聞いたこともないことをしなければならない。想像もつかない。
脳がどこを目指してるかわからないから、出産がより難しくなっているとも考えられるのです。

出産経験者は、自分の体験をこれからの人に伝える。
未経験者は、出来るだけ多くの女性たちから、体験を聞く。
経験してるけど、自分の体験な心残りがある方も、他の人の体験を聞いてみる。

YouTubeなどで動画を探して見るのも良いと思います。(コ〇〇ドリは、おススメじゃないです😆)


目から耳から、出産のイメージを取り入れて、自分がどこを目指してるかを脳に準備しておきましょう。

女たちがお産を語り継ぐ文化も取り戻していけたらと思います。

自分の出産を主体的に、体験できたら、その後の人生も変えるような力になります。

「人生がときめく安産」を自分の手で掴みとってください!

※ 自然出産以外の出産体験も主体的に体験することで人生をときめかせる力になりますよ😊

助産師 椎野まりこ


----------------------------------

まんまる助産院公式アカウントを作りました!
随時、情報発信をしていきます。
友だち登録お願いいたします♪



------------------------

安心して安産したい・じょうぶな子どもを育てたい
そんな母の願いを叶える「まんまる助産院」

イベント情報はこちら ➡︎ Facebook 
助産院の様子はこちら ➡︎ Instagram 
YouTube動画はこちら ➡︎ まんまる助産院チャンネル

お問い合わせ
電話:042-534-9877
info@manmaru-jyosanin.com