能楽師 辰巳満次郎様 ファンブログ

能楽師 辰巳満次郎様 ファンブログ

こちらは、不休で普及に励む宝生流グレート能楽師の辰巳満次郎先生♥に「惚れてまったやないかぁ~!」なファン達が、辰巳満次郎先生♥と能楽の魅力をお伝えしたいな~、と休み休み、熱い思いをぶつけるブログです。


こちらは、不休で普及に励む宝生流グレート能楽師の辰巳満次郎先生♥に「惚れてまったやないかぁ~!」なファン達が、辰巳満次郎先生♥と能楽の魅力をお伝えしたいな~、と休み休み、熱い思いをぶつけるブログです。


テーマ:

まり子でございまする~クリスマスツリー

11月も押しつまり明日からは12月、クリスマス月間ですね…。

あんまり関係ないけど~カゼ

 

 

ところで、いまだ「東京満会10」の余韻に浸っているまり子であります。

実は「東京満会10」のプログラム、ナカナカ凝った作りなんですよ。

五秒ずつお見せいたしましょうか…べーっだ!

 

東京満会10プロ

 

おおっと、予想外に大きかったまり子…、チコちゃんみたい?

ぼ~っとなんか生きていない、ん?

気になるページがありますね。

 

「正統派異端児の挑戦」

 

モチロン「正統派異端児」ってのは、マギレもなく辰巳満次郎ドキドキのことです。

実は、実は、実は、このキャッチコピーの産みの母はまり子なんだよ~ん。得意げ

故あって、産まれてすぐのこの子を里子にだしましたぁ。

それ以来、会っていなかったんだけど、こうして成長したこの子にめぐり合うとは…しょぼん

(実は、正統派異端児はもう一人います~。当時のお名前は「梅若玄祥」でした~。)

いや~、堂々の成長っぷり、陰ながら母はハナが高いです~。

 

 

ま、それはさておき。

本日11月30日は、今年最後の宝生夜能でございます。

 

 

今年から装いも新たに再開した、宝生夜能。

最初に鼎談形式で当日の演目紹介から始まって、

当日の能の演目にちなんだニッポンの古典音楽を楽しんで、

狂言ナシで、能一番、最後にオシマイのお仕舞を2~3曲。

ちょっとミニ満会みたいな夜能なんです。

 

月並能や五雲会と異なる、ちょっと趣向を凝らした夜能。

どうか、一度観に来てくださいな。

ちょっと好評なんです。来年もございます。

 

え~、能「殺生石」について、以前の記事がありますので、

こちらも読んで予習(&復習)してくださいませ。

 

辰巳和磨クン♪の初シテ♪♪の「殺生石」をしっかり予習して、スミからスミまでズズズイッと楽しもう♪

https://ameblo.jp/manjirofanclub/entry-11927367914.html

 

今回の「殺生石」は、デズデモーナの和久荘太郎師がおシテを務められます。

前半の美女「玉藻の前」はイロっぽいだろうなぁ~、と期待する、まり子。

 

今夜、宝生能楽堂でお会いしましょう。

 

辰巳満次郎ドキドキが、後見でニラミをきかせているはずです~。ウシシ

 

 

こちらも好評発売中でゴザイマス!

「殺生石」は、残念ながら能の本3(いつ出る?)以降になる模様ですね。

 

能の本 能の本
1,620円
Amazon

 

能の本2 能の本2
1,728円
Amazon

 

 

 

能楽師 辰巳満次郎様ファンブログ-girls


 どっちのボタンもポチっと押して、辰巳満次郎様を応援しましょう~!

 

   読者登録してね

 


テーマ:

まり子でございまする~チョキ

さて、簡単に感想をご報告しなくっちゃ(2)ということで、

東京満会10の二日目について、ちょいと書きますね。

 

 

二日目は、新作能「オセロ」day。

そりゃあ、過去数えきれないくらい数多の名人たちが演じてきた「安宅」に比ぶれば、

「オセロ」は史上4回目、満員御礼と言えないのもしょうがないカモ状態ですか…。

ある意味、落ち着いた雰囲気でゆったりと観られるなぁ、と思っちゃったまり子。

新作能に対してちょい抵抗のある方もおりましょうが、

辰巳満次郎ドキドキの手がけた新作能は、実はかなり傑作なのですぞ。

 

さて、二日目も辰巳満次郎ドキドキのご挨拶から始まるか、と思いきや、

辰巳満次郎ドキドキご自身の一調「松虫」から始まりました。

能楽堂に響き渡るのはただ、小鼓の音と満次郎ドキドキの豊かな声(謡)のみ。

 

ああ~、なんと贅沢な時間よ!

 

一調づくしの会ってのがあってもイイナ~、なんて考えるまり子。

でも、アっと言う間に終わっちゃうんだもん。

もっと聴きたい、聴きたい、聴きたいじゃあアリマセンカ…しょぼん

 

続いてここでご挨拶。

再び、能楽堂に満次郎ドキドキの声が響き渡ります。(トークだけどね)

次の演目の「能楽姿態放題」についてのご紹介もあり、期待マシマシ!

 

そして、いよいよの「能楽姿態放題」

まり子の予想では、それぞれの神に扮した8名が全員登場の後、

一人、いや一柱ずつ舞うのかなぁ(宴会みたい?)と思ってましたが、

違いましたっ!

8人、いや8柱の神々が順番に登場してぐるっと行進?するのですっ!

橋掛リはまるでランウェイ!?

 

ところで、今回も特別に、特別に、

辰巳満次郎ドキドキから「能楽姿態放題」の舞台写真をお借りいたしました。

コレだけはビジュアルがないとわかんない~。

見て見て~!(撮影は新宮夕海さん、写真転載禁!

こんな風に、龍神を先頭に、女神、男神、月神、荒神、山神、鬼神、光神が登場して

ぐるぐる(といっても一周半か?)橋掛リから舞台をめぐります。

まるでファッションショー…叫びえっグッド!

 

  龍神は竹生島の龍神か?

  女神はやはり竹生島の女神か?

  男神は養老の神か?

  月神は羽衣の天女か?

  荒神は嵐山の蔵王権現?

  山神は山姥?

  鬼神は野守の鬼か?

  光神は銀髪の融?

 

ひとりひとりを目で追いながら、まり子、なんかニヤついてるのに気付きました~ショック!

 

すると、突然、マンジロウ弁慶が猛ダッシュでご登場!

なんとまあ、人間の分際で神々に大音声で命令だぁ~っ。

(てか、この日辰巳満次郎ドキドキは「能物語」以外出ずっぱり?叫び

すると、神々は一柱づつ自己紹介(謡)するのでしたぁ~叫び

 

再び、まり子、ニヤついております。ニコニコ

イヤハヤなんとも、こんなびっくりぽんの演目をひねり出すなんて、

辰巳満次郎ドキドキしか、おられませんよ~目

 

こんなん、二度と観られません。

 

ああ~、なんと贅沢な時間よ!

 

さて、休憩を挟んだ後に、能物語「オセロ」です。

篠井英介氏の朗読と須田隆久氏によるフラメンコギターの伴奏ビックリマーク

フラメンコギターの音色が、スペインではなくキプロス島のイメージを掻き立てます。

篠井氏はモチロン女性の装束。ちょいデズデモーナ風であります。

そして、篠井氏の朗読がまた素晴らしゅうございました。

声色もさることながら間の取り方が絶妙で、

能「オセロ」の世界が、ひたひたと満ちてくる感じです。

 

さて新作能「オセロ」は、シェークスピアの「オセロ」の後日譚という形式となっています。

嫉妬に狂って激情のままに愛する妻デズデモーナを殺したオセロ。

実はすべてがイアーゴの罠であったことを知り、己の罪に絶望して自害したオセロ。

こんなオセロが地獄に堕ちない訳がない!

 

キプロス島を訪れた吟遊詩人(ワキ森常好師)の前に花守(オセロの亡霊)が現れ、

一年に一夜のみ咲く白い花(デズデモーナ化身)に花守が近付けば、花は枯れてしまう。

白い芳しい美しい花を搔き抱きたいのに…。

「花は未だ我を許さじ」と嘆くオセロ…、ってちょっと待ったぁ~。

「そりゃテメェが毒吐いてっからぁ~ムキー←まり子の心の叫び、茨城弁でどうぞ。

 

つまり、罪のない妻を殺したオレは許されないのだぁ~、と思っているから。

もし自分がデズデモーナだったら決して許すことはない、と思っているから。

ムーア人であったオセロの心の奥の僻み・劣等感が、地獄ではムキ出しなのです。

 

しかし、デズデモーナは愛しいオセロが可哀想だと思っても、怨んではおりません。

オセロゆえに成仏できないだけ。

デズデモーナ(和久荘太郎師)は白地の花柄唐織が美しく、

白い薄物の被衣がウェディングベールのよう。

「ぬばたま」と銘された面が本当に美しく、本当に絶世の美女であります。

和久師はなんか不思議な色気があるんだな~。

 

デスデモーナがどれだけ説得しても、自分で自分を真黒な地獄に閉じ込めているオセロには届きません。(てか、聴く耳もたないオセロ)

シェークスピアもびっくりの残酷な展開…。

 

今回、イアーゴは善竹富太郎師でした。

ご本人のお人柄のせいもあるかもしてませんが、なんか憎めないイアーゴでした。

例えば、野村萬斎師のイアーゴはシニカルで毒があり、確信犯でありましたが、

富太郎師のイアーゴはちょっと意地悪しただけだよ~ん、な感じでなんかカワイイ。

ちょっとジャイアンみたい?

悲劇の元凶を作った意識がない、ある意味逆に怖い、イジメっこのイアーゴでした。

 

四度目になる新作能「オセロ」

回を重ねる毎に進化しており、今回が一番素晴らしかったです。

見逃した方々は次回に、いやいや「オセロ」の本をご購入いただいて、

その目でしか、と確認していただきとう存じます。

 

 

さて、お名残り惜しゅうはございまするけれど、キリがないので、

ここいらで、簡単な感想とご報告(2)を終わりにいたしとうございます。

 

新作能「オセロ」の本(DVD付)は、来年出ます!!!

「能の本」好評絶賛発売中でゴザイマス!!!

 

能の本 能の本
1,620円
Amazon

 

能の本2 能の本2
1,728円
Amazon

 

 

能楽師 辰巳満次郎様ファンブログ-girls


 どっちのボタンもポチっと押して、辰巳満次郎様を応援しましょう~!

 

   読者登録してね

 


テーマ:

まり子でございまする~チョキ

三連休は「東京満会10」にフォーカスし続けた結果、

ちょっと抜け殻状態ですぅ~。

 

 

辰巳満次郎ドキドキインタビュー、聴いてくださった方々には好評のようで、

つくづく、辰巳満次郎ドキドキはお話が上手だなぁ~、と思います。

早めのアップがいいのか、間際の方がいいのか、悩ましいトコロです。

ま、準備は早めがよろしい…、のですけどね…滝汗

 

さて、簡単に感想をご報告しなくっちゃ、ということで、まずは初日について。

 

初日は「安宅 延年之舞」day。

満員御礼状態です。

 

辰巳満次郎ドキドキのご挨拶から始まり、

尺八(+箏)の『虚空』によれる構成曲

 →能楽堂に響く尺八と箏の音ってこんなにも良いものかと…。

 (体験してみたい人は今月末の宝生能楽堂へ

 

狂言「伊文字」、一調「橋弁慶」、一調「起請文」、仕舞「鶴亀 クセ

と贅沢なラインアップに酔いしれます。ここで休憩をはさんで次は、

 

能物語「安宅」

 →去年に引き続き榎木孝明氏の朗読と須田隆久氏による薩摩琵琶の伴奏。

  榎木氏の装束が、今年は本装束にバージョンアップビックリマーク

  薩摩琵琶の伴奏でイッキに時空を超えて、弁慶の生きていた時代にワープですっキラキラ

 

朗読が終わると同時に照明が落ちて、お調べが始まります。

この流れがすっごく心地良く、お能の世界へ自然に誘ってくれます。

特別な会だからこその番組と演出なんだけれど、理解が深まるっちゅうか…チョキ

 

さて「安宅」という演目は、歌舞伎にも取り上げられているように、

飛ぶ鳥落とす勢いだった義経が、今度は兄頼朝から追われる身となって

奥州めざし堕ちてゆく…、という粗筋はかなりの人が知っているものであります。

そして、薩摩琵琶でワープした当時のリアルタイムを描いたものなので、

全員能面を着けず、現代物と呼ばれております。

 

義経は子方が担当しますが、この子(片桐賢クン)が中学生ぐらいなのかな?

声変わりし始めなトコロと、一所懸命お稽古してきた感じが、

立派な中学生能楽師で、初々しい義経らしさがイッパイ!

ちょうど、歌舞伎で襲名したての市川染五郎クンを彷彿とさせます。

 

辰巳満次郎ドキドキはナントまあ、弁慶の山伏姿がメチャクチャ似合います。

ちょっとドロ臭い感の人情味タップリで、忠義心の権化みたいな弁慶です。

義経を守るためならなんだってやれる男、マンジロウ弁慶…萌え~ラブ

富樫にツッコまれてアドリブで勧進帳を読むド迫力…萌え~チュー

 

ひゃ~っ、カッコええ~ラブ

 

そして義経が強力に化けてるとバレかけた時にとっさの判断で、

 「テメェがモタモタしてっからッムキー←チョ~意訳、茨城弁でどうぞ。

と義経をさんざんに容赦なく打擲(実際は、ぱんぱん、ぱん!と笠を打つ)し、

難をナンとかにひひ逃れようとするマンジロウ弁慶…びっくり

もはやこれまで、と全員が詰めよるのを必死で抑えるマンジロウ弁慶…ガーン

なんか、詰め寄る8名の山伏達がわざと全力で押しているように見えまする…ガーン

 

ひゃ~っ、カッコええ~ラブ 

 

なんとか安宅の関を通り抜け、一息ついたところで、

ひれ伏して義経に許しを乞うと「いやあれは人智ではなく八幡大菩薩のお導き」と

義経に労われて涙するマンジロウ弁慶…チュー

 

その後、すべてを悟っている富樫が酒を持って現れ、酒宴での延年之舞…チュー

超スローで始まり、超ハイスピードで舞い納め、キリの仕舞に突入!

 

急ぎ奥州を目指しで落ちてゆくんだから、あのスピードが必要なんだなぁ、

あの「安宅」の仕舞はああいう風にスピーディに舞うもんなんだなぁ、と

まり子、目からまた数枚のウロコが落ちました。

 

このキリの仕舞の間に、弁慶以外の同行ドウギョウ山伏達と、

後見座で控えていた義経クンは、摺り足ダッシュで退場します。

このとき、前半の四人の山伏が通り過ぎたらすくに義経、

その後すぐに後半の四人の山伏が続くんだけど、

この間の取り方が何度見ても、大縄跳びを駆け抜けてゆくように見えるんだな~叫び

それだけ、緊迫感があるっちゅうことですね。

 

いや~、それにしてもこの「安宅」のシテの弁慶は、運動量がハンパないっす。

ええもん、魅せてもらいました。

 

 

ところで、特別に、特別に、

辰巳満次郎ドキドキから「安宅」の舞台写真をお借りいたしました。

見て見て~!(撮影は新宮夕海さん、写真転載禁!

 

ひゃ~っ、チョ~カッコええ~ラブ

くそ~見逃したぁ~えーんと思った人が多いんじゃありませんかねぇ。

 

まだまだ書き足りないところはございまするけれど、キリがないので、

ここいらで、簡単な感想とご報告(1)を終わりにいたしとうございます。

 

 

新作能「オセロ」の本(DVD付)も、来年出ます!!!

「能の本」好評絶賛発売中でゴザイマス!!!

 

能の本 能の本
1,620円
Amazon

 

能の本2 能の本2
1,728円
Amazon

 

 

能楽師 辰巳満次郎様ファンブログ-girls


 どっちのボタンもポチっと押して、辰巳満次郎様を応援しましょう~!

 

   読者登録してね