東京湾タチウオ1フックバトル!結果報告。 | 上屋敷隆 TODAY in GAME 2

上屋敷隆 TODAY in GAME 2

ルアーフィッシングギアメーカー、
Mangrove Studioの代表・上屋敷隆のブログです。

SFPC主催、第一回「東京湾タチウオ1フックバトル」!!

 

12月7日(土)歴史ある老舗船宿「深川・吉野屋」さんにて開催。
当日は、冷たい雨と二日前のマキ網の影響で激渋でしたが、
17名の参加者で、お陰様で無事に終了しました。
遠方は三重県や群馬からお越しのアングラーも!

 



通常の太刀魚ジギング大会と大きな違いは?
「シングルフックバーブレス」を1本のみを使用するというルール。
そして数ではなく1匹の重さで競う。

 

 

  

この背景には次のようなことがあげられます・・・
太刀魚釣りは全国的に人気魚種ゆえ、解禁や禁漁期間もなく
人為的影響により無制限に獲り続けられ、
美味しい魚ですからリリース率も少なく、
悲しいことに減少の一歩を辿っている魚と言ってよい。
釣法もフックの大きさや個数も過熱気味でスレでも沢山釣れればよい!
まさに“引っ掛け釣り”と言ってよい方法が当たり前になっている。
果たしてコレでよいのか?そんな疑問から。この企画が生まれました。

では?
フック制限をしたら?1フック「シングルバーブレス」でやってみたら?
ヒット率は自然に減少し乱獲も減り、ゲーム性を高め、
参加者達の技術が試されるのでは?
フッキングするのか?誰もやったことが無い?
そんな試験的テストも兼ねての大会でした。

 

水深は15m前後と浅く、こんな場所で狙うのは初めて。

 

ジグはワイプアウト100gと130g、重めのセンター160gでリアクションで

 

口にガッツリ!フッキングしてます!

 

東京湾でも主流であるトレブルフックを前後に付けて狙うのが普通。

 

当然スレ掛かりの率が上がってしまう。

 

口以外に掛かってしまうと・・・ただ重たいだけ!

 

これでよいのか?ダメでしょう!!

 

口に掛かると本来の太刀魚の強い引きを味わえます!

 

《使用タックル》

ロッド:ブルーアイアスBA661CSB

リール:オシアコンクエストCT200PG、炎月プレミア150HG

ライン:バリバスMAXパワー10×10ジギング1号

リーダー:フロロ30、40LB(3ヒロ)

スナップ:鉄腕ACスナップスイベル#1

フック:がまかつサイワッシュ2/0&サルカンをリアへ装着

ジグ:ワイプアウト・ショート100g、130g、センター160g

 

 

 

浦安から参加の工藤さん。普段から太刀魚を狙う中川さんは上手い!!


 

 

普段、横浜でシーバスガイドをしている森さん。

 

太刀魚を真剣に狙うのは初めてです。


 

 

SFPC若手メンバー西川くん。リアシングルで口を捉えてました!

 

 

 

東京湾デビューの長森さんと前田さん。

 

 

 

初挑戦の菅原さんと群馬からの栗原さん。

 

 

 

テールウォークの若手松下さんと相川さん。

 

 

 

エビちゃんに杉村さん。

 

 

 

パッションズ荻ちゃんも頑張りました。

 

 

 

中川さんは「ワイプアウト・ショート」を使いこなしコンスタントに釣果を出していった。

いつも有り難う御座います。

結果、この条件下で6本も釣っていた!!

 

 

小平くんにデカイ1本がヒットした!

 

確実にキロUP!!

 

 

かつて伊良湖水道でドラゴンを狙っていたアングラー。

三重県松阪から走ってきた長森さんと前田さん。

「伊良湖水道では釣れへんようなったしな~。」

参加頂き有り難う御座います!


 

小移動の時は、船室で温まる・・・

冷たい雨でも海上は凪で救われた。

 

 

 

《大会結果》

1位:小平様1310g
2位:長森様840g
3位:上屋敷760g

*小平、上屋敷はSFPCメンバーの為、賞品は辞退させて頂きました。

 

《参考データ》
最多:中川様(6本)船匹数:29本、
フックの位置:フロントフック⇒12名、リアフック⇒3名
*2名ゼロ釣果

 

参加者の皆様、お疲れ様でした。

 

 

やはり他船の釣果も気になります・・・
この日は、通常の太刀魚乗り合いでも0~4本や、

他船でもジグで6本位だったようですから、
我々は大健闘だったのでは!?

こんな激渋な条件下でも大会が成立するのだから、
全国の太刀魚ジギング大会でも、
このルールを導入して欲しいと願うばかりです。

シングルバーブレスはちょっと・・・というなら

せめて・・・

フック形状自由で1ヶ所だけにして欲しい。
制限匹数も放流事業も無い魚種ですから、
枯渇してからでは手遅れですよ!

今こそ考える時期が来たのですよ!!