上屋敷隆 TODAY in GAME 2

ルアーフィッシングギアメーカー、
Mangrove Studioの代表・上屋敷隆のブログです。


テーマ:

おはよ~もーにん!昨夜は我がクラブの忘年会でした。あ~笑った笑った!

来年も健康で良い釣りが出来ますように!!

 

《帰国編》

ミャンマーGT遠征報告も終了です。お世話になったGUN船長!!

ヒゲを剃ったらオレと似てるとか(笑)

渋い状況の中でも・・・我々に釣らせようと努力してくれる頑張りキャプテンです。

 

ちゃんと繋がる妙にデカイ電話・・・(笑)みんなのバゲージをボートへ。

 

 

快適に船中泊を過ごせるように改良されたマザーシップ。

一晩だけ・・・黒いヤツが寝ているオレの胸に落ちてきた!襲撃をくらった!!

 

 

スタート地点に無事戻り下船。再び小さな漁村。

 

 

皆、平和に長閑に暮らしてます。タクシーに荷物を載せてDawei(ダウェイ)へ向かいます。

 

 

砂のラフロードをしばらく走ります。街に出るとランチを・・・。

 

 

中華の飲茶ショップでした。

 

 

温かい烏龍茶と肉まんがホッとする優しい味でした。皆で2個づつ食べた。

 

 

ヤンゴン女子と・・・イギリス統治時代の建物が目を引きます!!

 

 

国内線までの時間があるので・・・ダウェイ市内の資料館へ連れってくれました。

 

 

資料館の受付嬢~。

 

 

釣り以外、観光もしていなかったので、新鮮なローカル情報に無言で見学してました。

 

 

昔の暮らしやら・・・

 

 

織物技術は器用なアジア人の伝統です。

 

 

ありました!断崖絶壁のアナツバメの巣!!昔から、このような採取方法だった。

 

 

ミャンマー?更にローカルな正装。とても勉強になりました。

先進国からの技術、産業、投資等で急速に発展するミャンマーですが・・・

何十年後も「アジア最後の秘境」という名であって欲しいと願う・・・。

 

 

国内線ダウェイ空港到着。時間まで売店でお茶します。

 

 

モコモコの子犬!親子です・・・犬好きには堪りません!

 

 

英語にミャンマー語、タイ語を話すガイドさんと記念撮影。

4泊5日の船中泊、お疲れ様でした。

 

帰りも安い超過料金を払って荷物を預けます。1kg⇒約200円位。

 

 

日本でも使われているブラジル製の小型ジェット「エンブラエル」機です。

 

 

一時間のフライトでヤンゴン国際空港へ。

早く飲み物を持ってきてくれないと喉につかえてしまう~(笑)

ブラウニーとハムブレッド。

 

 

ヤンゴン国際空港では?バンコク経由で帰国する名古屋組とお別れして・・・

ANAの成田直行便までは6時間の待ち・・・。

時間を持て余すオレと編集長・・・

日本円がまるっきり使えず、しかもカードのPINコード忘れ?ドルも使ってしまい・・・

残りの現地通貨チャットも少ない・・・(下調べ不足でした)

編集長に日本円を渡し、やっと晩御飯にやっとあり付け幸せを感じました。

ん~ジャンクだけど、たまに食べるとウマイ~涙。

 

 

アナツバメのネスト(巣)がある断崖絶壁の島をバックにGUN船長と想い出の1ショット。

 

また皆でこの地に来れるよう頑張りましょう!

お疲れ様でした~。

 

《上屋敷GTタックル》

★ポッピング用(ルアー:泡海200&180、泡海Ⅱ)

ブラックヘラクレスBkh798LMGプラス+ステラSW20000HG

(バリバスSMP10号+ナイロンショックリーダー200LB)

★スティックベイト用(ルアー:ワイルドレスポンス240等)

ブラックヘラクレスBkh837LMG+ステラSW18000HG

(バリバスSMP8号+ナイロンショックリーダー170LB)

★20cm以下の小型ルアー用(ルアー:ボラドール190F等)

ブラックヘラクレス83プロト+ステラSW14000XG

(バリバスSMP6号+ナイロンショックリーダー140LB)

 

*ショックリーダー先端30cmダブルツイストによるスリーブ止め。

 

最後に「GARAMUU」GTツアーのお問い合わせは

(株)トラベルプロインターナショナルまで⇒コチラまでお願い致します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)