8/11土 田野城寿男 Music Labo ご予約がお得 | YOSHIKO と EL MANGO な 人々 

YOSHIKO と EL MANGO な 人々 

愛するサルサとラテンとお友達とお酒に囲まれた幸せな日々を日記に書いています。
EL MANGOの楽しいイベントの告知やご報告も書いているのでチェックしてね♪


テーマ:
8/11土曜 「田野城 寿男MUSIC LAB」@EL MANGO
〜人気のライブが、エルマンゴに初上陸!〜

【日時】8/11 土曜  18:30開場  19:30演奏開始
【料金】予約¥3000 当日¥3500 共に要ドリンク別途オーダー
【出演】田野城寿男 sax  花田進太郎 g  堀ゆたか key  青木務 B  岩根匡伸 Dr
【会場】EL MANGO  札幌市中央区南7西3 011-512-0195

全身に否応なく浴びせられる
とてつもなく大きく厚い音の突風に
あなたは吹き飛ばされずにいられるか?!
まさに時速300km !
弾丸の様に駆け抜けるサウンドを是非ご体感下さい。

サポートメンバーも素晴らしいく最高に熱いメンバーです!!

スタッフ一同こころからお待ちしております!

【田野城寿男 プロフィール】

広島生まれ。
ボストン・バークリー音楽院在籍中に
サックスや音楽哲学をデイブ・リーブマン、故ジョー・アラッドに学び、
作曲・編曲が認められ
リディアンクロマティックコンセプト提唱者である故ジョージ・ラッセルの門下生となる。

この3人のマスターの教えが田野城の音楽の土台である。

'91年、その年の特別プロデューサーのクインシー・ジョーンズから
「おまえは誰にも似ていない」と評価され
モントルー・ジャズフェスティバルにソロ出演。

ニューヨークと日本を行き来しての音楽活動をするなかで過労により2度肺炎を煩い、
第一線から離れる。
北海道で療養しながら、その後、自身の体験から教育の重要性を説き、
子どもから大人まで垣根なく音楽や心の教育に力を注ぐ。

札幌ジュニアジャズスクールの初代音楽監督、
帯広南商業高等学校吹奏楽部綜合音楽監督、
札幌サウンドアート専門学校学園長、
FMノースウェーブ番組制作DJなど。

また「異文化同士の融合は美しい」という自身の考えから、
荒木経惟(写真家)、黒田征太郎(画家)、山本寛斎(デザイナー)、竹田双雲(書家)らと競演。

'09年より本格的に現役復帰し、
倍音を含んだ、自然の響き、宇宙の響きを追求し続ける。

内なる宇宙へめがけて問いかける「一音入魂サックスプレーヤー」。



YOSHIKOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス