エコバッグは必須です | MANGO STATIONの台湾便り

MANGO STATIONの台湾便り

暮らすように旅を楽しむ台北
MANGOSTATIONのスタッフが
みなさまへのお役立ち情報を
お届けします。

{02A7B185-2933-417E-8E2D-9103910E297D}

おはようございます。
朝7時半頃の気温は16度。
台北では今日から月曜日まで
お天気が崩れるそうです。

2017年12/30〜2018年1/1は
台湾は3連休。
年越し花火もあり
どこも人で賑わいましたが、
それを過ぎ平穏な日々が
戻りました。

台湾では旧正月がホントのお正月なので
年越しは日本のクリスマスのような
イベントの日となります。

さて、2018年1/1から変わった事の一つ。

台湾では2002年以降、レジ袋の削減に
取り組み百貨店、コンビニ、スーパーでは
レジ袋は有料となっていました。

2018年1/1から新たな7分野の追加があり
薬局・ドラッグストア、医療器材販売店、
家電量販店、書店・文房具店、クリーニング店、飲料店、ベーカリー店など約8万店で、
レジ袋の無料提供ができなくなりました。

{205A950C-67E9-48C8-AD57-DB6C4BE1B628}

TVのニュースではチェーン店のパン屋さん
のレジ袋の料金などを告知。

{28469C74-F57C-4302-8B48-6E67B216A2B8}

パン屋さんによって微妙にお値段が
違うみたいですね。
ちなみに1/1以降パン屋さんに行きましたが、
すべてのパンがすでに包んであり
支払いが済むと自分で自分のエコバッグに
入れることになります。

ドリンク屋さんの店頭には
{00B09C5D-4EBC-4AB8-B9F6-4D51076262B5}

こんなシールが貼られています。
ドリンク用の袋がなく、
シールドして密閉されてるとはいえ
他のものと一緒にエコバッグに入れるのは
心配ですね。
何かにひっかけて蓋に裂け目が
出来たら大変です。
ドリンクスタンドを買いに行くときは
小さなナイロン袋をお持ちになる事を
お勧めします。

レジ袋を無料提供してしまうと
1回目は警告2回目からは罰金が
課せられるのですが
{D06279A3-967B-49AA-AE97-00C902032E60}

今日の朝食にいつものサンドイッチ屋さん
に行くと、前と同じように袋に
入れてくれました。
反対に「大丈夫?」って心配になりました。

男性はちょっとした軽食を買いに行くのに
今までエコバッグを持つ習慣がなかったので、
年明けから戸惑われてるようですが、
袋代を何回か支払ったら
「もったいない」と実感されるかも
しれませんね。

非常勤スタッフ K でした。