【日本橋グループレッスン 脳性麻痺・低緊張・染色体異常児の為の筋緊張改善タッチセラピー講座】 | 発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張を改善するタッチセラピー:千葉

発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張を改善するタッチセラピー:千葉

多動のお子様を追いかけているのに慣れてしまっていませんか?脳性麻痺のお子様の麻痺、どうにもならないと諦めていませんか?
このブログではママの手でタッチセラピーをして、多動・麻痺の症状を改善する方法をお伝えします。


テーマ:
こんにちは!発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張改善タッチセラピーの鶴田里美です。

筋緊張を適度に保つ事が難しい脳性麻痺や染色体異常・肢体不自由のお子様のママ、

・麻痺のため、手足がなかなか動かせない。リハビリ以外でも自宅で何かしてあげたい!

・前よりも筋肉が過緊張(または低緊張)になっているみたい。せめて今の状態を維持してあげたい!

・発作時の身体の強ばりから、少しでも身体をリラックスさせてあげたい!



というお悩みありますよね?


そんな脳性麻痺や肢体不自由・染色体異常のお子様の麻痺や筋緊張による身体の痛みや不快さを軽減・緩和するために、この度、

日本橋にて「脳性麻痺・低緊張・てんかん・肢体不自由・染色体異常のお子様の為の筋緊張改善タッチセラピー講座」

を開講します。





「脳性麻痺・低緊張・てんかん・肢体不自由・染色体異常のお子様の為の筋緊張改善タッチセラピー講座」では、

1:触れることでお子様の筋肉の緊張の状態を把握して
2:状態に合った手技でお子様に触れて
3:手足の通常の位置を体を動かしながら脳に覚えさせることで
4:筋緊張による「身体の位置や向き」を通常の位置・向きに持っていき
5:手足が固まる事を防いだり、現状をキープまたは現状よりもよい状態にする


方法をお伝えいたします。


具体的に、お伝えしますね。

1:触れることでお子様の筋肉の緊張の状態を把握



肢体不自由のお子様は、麻痺がある事で、体が思うように動かせず、

・関節の可動域が狭い
・筋肉の緊張が適切でない

状況が多く見られます。

そこで、まずは

・どの部分が動かしにくいのか
・緊張が強い箇所はどこか


を体に触れていく事で、把握していきます。


2:状態に合った手技でお子様に触れる



筋緊張が強い場所や麻痺のある場所と、逆に緊張が弱い場所は、可動域も筋肉の状態も違います。

講座では、症状に合わせた手技をお伝えしますので、お子様もより心地よさを体感できると思います!


3:手足の通常の位置を体を動かしながら脳に覚えさせる



肢体不自由のお子様の場合、可動域が狭い事は上に記載しましたが、タッチセラピーでは、

・可動域を少しずつ広げる

お手伝いが可能です。

じっくりとお子様の体と向き合いながら、可動域を広げてあげましょう。


4:筋緊張による「身体の位置や向き」を通常の位置・向きに持っていく  



可動域を広げたら、今度はその位置をキープして通常の身体の位置や向きを体感してもらいます。

これにより、可動域が完全に広がるわけではありませんが、

・日頃の関節周りの不快感や痛みを取り除いてあげる

ことができますね(^-^)


5:手足が固まる事を防いだり、現状をキープまたは現状よりもよい状態にする




タッチセラピーでお子様の体とじっくり向き合いながら、タッチしてあげることで、お子様の

・拘縮予防
・側湾症予防
・血流を良くして冷えを改善する


など、将来的な二次症状予防に繋げてあげることができます!


いかがですか?

身体に無理のないタッチセラピーで、心身ともにリラックスさせてあげることができるので、ぜひ早いうちから、ご自宅でのタッチセラピーを生活に取り入れる事をお勧めいたします。

肢体不自由のお子様だけでなく、例えば、発作のあるお子様の場合には、

・発作による体のこわばりによる疲れや痛みの軽減

といった事も可能になります。

講座でお伝えするタッチセラピーは、お洋服の上から、ママの手のみでゆっくりと優しく触れていくので身体への負担もありません。

なので!まだ身体がきちんとできあがっていない赤ちゃんにはもちろん、在宅医療で体に医療器具がついているお子様にも安心して行って頂けるセラピーなのです^^




基本的にはママの手のみで行うセラピーなので、お子様の症状に合わせた手技を覚えていただくことで、ご自宅で毎日でも体を動かしてあげることができちゃいます!

「ご自宅でできるプライベートリハビリ」のような感覚ですね^^

「脳性麻痺や身体の筋緊張だけでなく、他の病気や症状を併発しているのですが、それでもできますか?」というご相談もよくいただきますが、ご安心ください!

・お子様の症状や病気などを、ご予約後にお電話やメールにて詳細にお伺いさせていただき
・お子様の身体を第一に安全・安心な内容でレッスンを行う事を優先


しております!

例えば、「筋肉は低緊張だからエネルギッシュなマッサージをしたいけど、てんかんもある・・」という場合には・・

1:てんかんの発作が出るマッサージは絶対に避けて
2:それ以外の手技で低緊張を改善する


といった内容の手技をお伝えします。





自分で身体を動かす事が難しいお子様にとって、ママの手で身体に触れてもらう事や、動かしてもらう事は、

・筋肉を使い血行をよくするので身体が温まる
・リラックスができる
・質の良い睡眠を取ることが出来る
・身体の痛みや違和感を軽減する事が出来る


など、日常生活がとても楽になりますね^^

お子様の日常生活が楽になるという事は、ママの負担や心配も軽減されますね^^

ぜひ、そのお手伝いをさせて頂ければ、本当に嬉しく思います!


実はこれまで、プライベートレッスンを受講してくださった皆様から、

「横の繋がりも欲しいし、グループレッスンして欲しい!」

と、毎回毎回、ご提案いただいていたんです!

今回は、皆様からのそうしたお声から、開催が決定いたしました。

「せっかくグループレッスンを開催するので、ぜひたくさんのお子様とママをお繋ぎしたい!」

と考え、レッスンの後はランチ交流会も予定しております。


ぜひ、この機会に、お子様と触れ合う時間を持つと同時に、同じく育児に奮闘しているママとの繋がりを持って、今まで以上に楽しい子育ての時間を過ごしませんか?


レッスンにご参加されたママや生徒さんご本人からの感想です。

退院後、在宅医療でなかなか外出もできなかったのですが、出張レッスンも行ってくれるとの事で、すぐに申込みました!

(麻痺で外側に向いていた)右腕の位置が5分くらいのタッチで通常の向きに戻った時は本当に驚きました!

ありがとうございます^^

(脳性麻痺のお子様)

お腹のマッサージ以外にも便秘を改善できる方法をささっと教えてくれた時は「すごい!引き出し多いっ!」と思いましたよー^^

まさか足のマッサージでも便秘が改善できるなんて!

レッスン後は快便で大変でしたけど・・><嬉しい悲鳴です!

(在宅医療・水頭症のお子様)

肩を前に回す方法がわからなかったけれど、教えてもらったセルフタッチセラピーとストレッチで、前回しができるようになったら、血液の流れが良くなったみたいで、身体全体が温かくなりました!

足湯をしても温まることがなかった足は、2回目のレッスンで温まるようになって、体が
本当に楽になりました!


また来月もお願いします!

(二分脊椎症・水頭症のお子様)



それでは、「日本橋開催!脳性麻痺・低緊張・肢体不自由・染色体異常のお子様の為の筋緊張改善タッチセラピー講座」の詳細です。

●脳性麻痺・低緊張・肢体不自由・染色体異常のお子様の為の筋緊張改善タッチセラピーグループレッスン

【日時】

10月28日(日)10:30〜11:30←プチハロウィンパーティ
11月18日(日)10:30〜11:30
12月16日(日)10:30〜11:30←池袋教室と合同クリスマス会
1月27日(日) 10:30〜11:30
2月17日(日)  10:30〜11:30
3月17日(日) 10:30〜11:30


【対象】
脳性麻痺
筋緊張やその他症状で身体を動かしにくいお子様
原因不明の低緊張のお子様
染色体異常のお子様など

【場所】
日本橋近辺

【講座参加費】
5,000円(1回ごと)
31,500円(7回まとめて)

※回数券のご案内
(回数券10枚で45,000円など、お得にご利用いただく事ができます。)

【お申し込み】
「上記7日程(2018年9月〜2019年3月)をまとめて申し込む!」という方はこちらから。

まずは、9月の講座に単発で参加するという方はこちらからお手続き下さい。(10月以降の単発募集は、順次開始となります。)




お子様の筋緊張を改善する事で、ご家族の笑顔が増え、充実した時間をお過ごし頂けるようお手伝いさせて頂ければ、幸いです!

「日本橋なら行きやすいよ!」「日本橋近辺に住んでるよ!」という皆様にお会い出来る事を心より楽しみにしております。


 


 


 





発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張改善セラピー:鶴田里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります