先週、取引先の方に招かれて、音楽を聴きながらワインの新酒を飲む会に行ってまいりました。東京下町の某区役所内の喫茶スペースを借り切って、武蔵野音大出身のお嬢さん達(フルート3人、ピアノ1人)の演奏を聴きながら、その日解禁になったワインの新酒を飲むという趣向の会でした。普段、ワインなんて飲んだこともありませんし、クラッシック系の音楽を聴くこともないので、いささか戸惑いながらも楽しいひと時でした。


取引先の方は来年60歳になるとのことで、定年後は奥様の郷里である福島県に住もうかと思っている由。5年ほど前にご自身が大病をされて、奥様の献身的な介護を受けたが、今は奥様が体調を崩されているとのこと。今度は、ご自身が奥様を介護して、残りの人生を過ごしたいと仰っていました。繰り返し、繰り返し奥様への感謝を口にされておりました。


照れて、偽悪的なことを言うオヤジが多い中、素直に奥様への愛情を語り、夫婦で助け合って生きていくことを今後の人生の目的に挙げられたことに感激いたしました。

と言って・・・素直に見習えないオヤジです・・・汗。


たまたま、昨日は11月22日で、いい夫婦の日だそうです。オイラもかみさんに感謝して、いい夫婦を目指そうっと・・・笑

AD

レッズ ACLを制す!

テーマ:

昨日の浦和レッズVSセパハン戦、見応えのある、いい試合でした。永井の右足一閃、放たれたシュートはGKのグローブをかすめ、ゴールに突き刺さりました。歓喜のあまり、ゴール裏へ駆けていく永井・・・。背中には「9」。


J2落ちが決まったあとのVゴールを決めたのも背番号「9」、福田正博でした。浦和の背番号「9」がみた地獄と天国・・・。その2つの瞬間を見た者の1人として、神の暗示を感じないではいられませんでした。


思えば、1次リーグから、薄氷を踏むような試合が続き、決勝トーナメントに入っても全北現代、城南一和の韓国強豪チームとの「死闘」と呼ぶしかない闘いを満身創痍になりながら勝ち抜いてきたレッズ。闘いを振り返るだけで胸が熱くなります。ありがとうレッズ。


あえて今年のレッズの最大の功労者を挙げれば、阿部勇樹です。彼の加入は大きかった。もちろん、1人の力で取ったタイトルではないけれど、阿部がいなければACLチャンピオンもJリーグでの今の順位もなかったと思います。


うわぁ・・・、なんか興奮して眠れない・・・笑 次はJリーグの連覇ですね。がんばれ!レッズ。

AD

8月のFX敗戦以来、投資についてはまったく触れませんでした・・・。


10月10日にUW証券口の中国工商銀行(1398)13,000株を6.55HK$で売却しました。その後、香港市場に上場しているインド株ETFを購入するつもりでしたが、安値で買おうと欲張って購入できず仕舞いでした。


今日の朝のニュースでNYが大幅安だったことを知り、SENSEXインディアETF(2836)を21.45HK$で4,000株買い注文を出しました。約定しておりました。手数料込みで85,967.22HK$です。


今年の6月頃から買いたいと思っていたETFで、注目し始めた頃は13HK$くらいだったと思います。新興国株式市場の急騰で随分と値上がりしました。気長に定年まで持つつもりですが、根が小心者のせっかちなので、初心を貫徹できるか、自信がありません・・・汗。


FXは来年あたりから再開しようかと思っています。以前にやっていた、1週間に8,000円の利益確定を目標に、コツコツとバントで走者を進める作戦で手堅く再チャレンジするつもりです。

AD

秋のやわらかな日差しの中、かみさんと「ALWAYS 続・三丁目の夕日 」を観に行きました。


第1作に比べると、オイラは泣けなかった・・・。かみさんは泣いておりました・・・。鬼の目にも涙、オイラは鬼以下・・・笑


首都高のない日本橋、羽田空港から飛び立つパンナム機、東京駅を発車する特急こだまなど、CGを駆使した場面がこれでもかというほど出てきます。ちょうど、一平ちゃん世代の団塊世代には堪らない風景なのかもしれません。でも、第1作のお話の続きという制約のためか、お話がまとまりすぎていて、素直に泣くことができませんでした・・・。


映画館は同年代の夫婦で満員でした。映画のあとに入ったレストランでも両隣が「ALWAYS」の話をしておりました。つかの間、タイムスリップして、明日が今日よりも良い日だと信じていた、あの頃に戻れるなら1,800円も安いのかも知れません。☆3.5です。