すき家のダメなとこ ~ 浦安店の魔女 

テーマ:

 

ムギュッです。

今日は久しぶりにすき家に牛丼を食べに行きました。そしたらちょっとした事件に遭遇したので記事にしちゃいます。

 

 

 

魔女発見

 

昔会社の帰りによく食べに行ってたすき家さんに久しぶりに牛丼を食べに行きました。日曜日の午後、お昼の時間は過ぎていたけど店内は7名のお客様。待ち状態のお客様が僕を含めて4名でした。

 

メニューを見ていると女の子の店員さんが隣のおっさんに注文を聞きに来ます。

 

 

 

おっさん ネギ牛丼並盛りとビールちょうだい

 

店員 サラダは付けますか

 

おっさん ああ、大丈夫・・・

 

店員 ムキー大丈夫」じゃなくて、付けるんですか、付けないんですか!

 

 

なんといきなりキレ始めましたガーン たしかに、大丈夫という表現はあまりよくないかもしれないけど、どう考えても「いらない」の意味です。僕だけかもしれないけど、すき家さんってほんとにおかしな店員が多いと感じます。おっさんはムッとした表情で「いらない!」と返事してました。

 

 

さて、いくら待っても僕の注文を聞きに来ないので「すみませーん」と店員さんを呼び出します。すごく迷惑そうな顔をしながら店員さんがやってきましたキョロキョロ

 

 

店員 注文どうぞ

 

ムギ 大盛、お願いします

 

店員 ムキーだからなんの大盛りですか!?

 

 

やっぱり怒られた爆  笑 たぶん怒るだろうな、と思いつつ実験してみたけど、牛丼屋で「大盛り」と言えば牛丼の大盛りに決まってます。どうやらこれもダメみたいです。

 

 

ムギ 牛丼に決まってるじゃん?

 

 

といったら無言で去って行きました。世の中にはこういう面白い人がいるものです。連載中の就職面接の記事でいう「思考の歪み」というのはこういう場面でも観測されます。

 

やがて大盛りを持ってきた店員さんは投げ捨てるように乱暴に大盛りをカウンターに置いて無言で去っていきました。ついでにそれを見た待ち状態のお客様が1名、店を無言で去って行きました。

 

 

 

客の逆襲

 

とりあえず、ブログネタになりそうと思い、僕はゆっくり牛丼を食べつつ様子をうかがってました。すると今度は店員がいきなり大声でアナウンスを始めました。

 

店員 現在、○○から○○までを自分一人で対応しております!いろいろ手がまわらない状態にあることをご理解下さい!

 

 

誰も待ち状態にないし、店内はたった6名という状況で「こっちは忙しいんだよおまえら!」と言いたげなキレてる口調で大声爆  笑 まさに魔女!このブログのネタにピッタリの人材です。

 

やがて、食べ終わった20代くらいのお兄さんが魔女を呼び出し、説教を始めました。

 

 

 

お兄さん 先程からあまりに接客が酷いと思います。お客様も何人か帰ってましたし、僕ももうここに来たくないです。ご自身に改善すべき点があると思いませんか。

 

ムギ 「賛成~爆  笑

 

 

 

僕も面白いから大声で参戦しちゃいました。すると隣のおじさんも入ってきて「あんた、客に対する態度じゃないんだよ!」と大声をだす。その後はおっさんがひたすら魔女を攻撃。魔女はやはり支離滅裂な言い訳を繰り出すけど、お客様3名とバイトの女の子1名では勝負にならないです。

 

結局おっさんは「責任者に連絡する!」といって殆ど何も食べないまま帰ると言い出しました。ちゃんと金を払ったのは奇跡だったと思います。

 

 

 

まとめ

 

程度によるけど、思考が歪んでいる人を雇った企業は悲惨です。バイト代を持っていかれる上に客の信用を失い、売り上げが下がります。店員がおかしいのは絶対に採用したプロセスや教育に問題があるということです。そもそも、あんなの1人で店を回そうと判断した人がいるわけで、その時点で判断力がない人が経営してるのは明らかです。

 

まともな企業の面接官は技術とか能力とかより遥かに人格を優先するのはこのためですね。

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

読者登録してね  ペタしてね  フォローしてね

 

 

いつも投票ありがとうです!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

日本ブログ村のランキングをチェック

 

 

下差し ネコ飼ってる人は参考にしてみて!

三毛猫 ネコの日用品の部屋 by ムギュッ 三毛猫

 

猫砂はネットでまとめ買いがお勧めです。

 

AD

コメント(2)