かんもくアコースティックライブ2019♪ライブレポート | manana blog

manana blog

アコギ弾き語りシンガーソングライターmanana(マナナ)のブログです


テーマ:

遅くなりましたがあせる

先週のかんもくアコースティックライブのライブレポートです!!

 

 

お越しくださった皆さん、応援メッセージくださった皆さん、ありがとうございました!!

2回目のときのような台風にみまわれることもなく(笑)

 

席が足りなくなるほどの、たくさんの方に見に来ていただき、

無事終えることができましたキラキラキラキラキラキラ

 

場面緘黙経験を持つアーティストたちが、自らの企画・出演で行う音楽イベント。

裏方から出演まで、自分たちですべてやることは

プレッシャーも大きいし、すごく大変でしたが、

緘黙経験者の自主企画だからこそ、このイベントの意味があると思っています。

 

終わった後は、出し切った感がすごくて、本当に疲れましたあせる

でもそれ以上に心地いい達成感もありました。

一週間経った今もその余韻に浸ってますキラキラ(笑)

 

 

先週木曜日にネット配信で、先行レポートしましたが、

そこで紹介できなかった写真を中心に紹介します。

 

まずは、

今回のライブを一緒に作り上げた

出演メンバーのみんなですラブラブ

 

AIRIさん

 

中越千春さん

 

若倉純さん

 

manana

 

MCでは、自分にとって音楽と緘黙は、深くつながっていることを

お話しさせてもらいました。

 

 

最後の全員セッションでは・・・

 

『RIAN』(セカオワ)、『ラブリー』(小沢健二)をカバー。

キーボードや鈴など、ギター以外の楽器も使って、みんなでコラボしました。

mananaもエッグシェイカーに初挑戦しましたよ音譜

 

MCでは、今回初の試み、全員でトーーークラブラブ

いつも打ち合わせとかで、おしゃべりしてる雰囲気をライブでも表現できたらなと。

緘黙あるあるトークを、お客さんにも楽しんでいただけたようでよかったです。

 

そしてラストは、これも初の試みキラキラ

4人で共作したオリジナル曲『言葉の羽』を初披露しました!!

みんな共作は初めてのことで、実は完成までに紆余曲折?ありましたあせる

でも、それだけいい作品ができたと思います。

 

緘黙の方には共感してもらえて、そうじゃない方には場面緘黙をより理解してもらえる

そんな曲になったと思います。

歌っていて、めっちゃ気持ちが入りましたキラキラ

 

 

終演後にみんなで記念撮影ドキドキ

 

 

ライブ後は、恒例のアフター交流会へコーヒーラブラブ

場面緘黙の方、関係者の方を対象としたお茶会です。

(※今回から事前申込制になりました)

 

いつも思うのですが、同じライブを楽しんだ者同士っていう

一体感がすでにあって、打ち解けやすかった気がします。

時間が足りなくて、全テーブルをまわれなかったのが心残りでしたが、

楽しくて、有意義なひとときでした爆  笑

 

 

ツイッターのつぶやきや、ライブアンケートには、

嬉しい感想をたくさんいただいています。

勇気をもらえた!というコメントが多かったですが、

自分の方がずっとずっと勇気や自信をいただきました!!

 

 

今回のイベントを陰で支えてくれた

ボランティアスタッフのみんな、

ストロボカフェさん、

アフター交流会の場所を提供してくださったカフェの方々、

 

見に来てくださったお客さん、応援してくれた皆さん、

そして、出演メンバーのみんな、

 

本当にありがとうございましたキラキラキラキラキラキラ

 

 

ベルライブアンケート、まだまだ実施中です!!

是非感想をお聞かせください爆  笑

↓こちらから↓

https://ws.formzu.net/fgen/S85317540

 

 

ベル配信ライブでのライブレポートは、こちらから見ることができます(録画)。

当ブログで紹介していない写真もあるので、よかったら見てみてください爆  笑

https://youtu.be/aPyLuT2cHro?t=1218

 

 

 

2019.6.2 かんもくアコースティックライブ

@北参道ストロボカフェ

 

セットリスト

~mananaソロ~

1. リアル(ショートバージョン)

2. 水面

3. ノアの方舟

 

~全員セッション~

1. RAIN(セカオワカバー)

2. ラブリー(小沢健二カバー)

3. 言葉の羽(オリジナル)