新潟ライブレポ~『場面緘黙って、なんだろう? manana's弾き語り&ミニトーク』 | manana blog

manana blog

アコギ弾き語りシンガーソングライターmanana(マナナ)のブログです


テーマ:

遅くなりましたが、、、
12月15日(土) 新潟ライブの写真をいただいたので、ライブレポ書きます。


イベント前半の1時間を、mananaの弾き語りでお届けしました♪


 

ほんぽーと新潟市立中央図書館 多目的ホール

広くて、開放的で、窓から新潟市が一望できる、素敵な会場でしたキラキラ

実は、この会場で音楽イベントが行われたのは、今回が宝石赤宝石赤だったそうです。



新潟市内や遠方からも、たくさんの方にお越しいただき、
あたたかい雰囲気の中、全9曲、たっぷりと歌いました!

皆さん、真剣に聴いてくださってるのが伝わってきて、私も胸が熱くなりました。
涙を流される方もいらっしゃったそうです。


ライブ中のMCでは、主に場面緘黙のお話を。。。


自分の症状のこと、緘黙と音楽のこと、
見過ごされてしまっている現状、誤解されていること、支援のしかた、
つらかったときのこと、どうやって克服したか、など。

 

深刻な話もあったので、場の雰囲気が重くなるかな~って思ったけど、
最後の曲では、笑顔で手拍子もいただき、和やかに終わることができましたキラキラ

そういえば、ライブでこんなに場面緘黙のことを語ったのは初めてかも。
普段のライブで触れることは、ほとんどないので。
 

 

そして、イベント後半は、
らぴすらずり スタッフの久美子さんとミニトーク。


久美子さんの質問に私が答える形で、お話しさせていただきました。


終演後には、CDもたくさん買っていただき、

皆さんから、あたたかい言葉をかけていただきました。

緘黙のことを知らなかった方からは、わかりやすかったと言っていただき、
少しでも伝えられたことが嬉しかったです。

そして、当事者・保護者さんのお話を聞くと、
まだまだ理解されずに苦しんでいらっしゃる方が多いことを実感します。
もっと世の中に伝えていくことの必要性を感じました。

 


今回のイベントを企画してくださったのは、新潟市のNPO法人 らぴすらずりさん。


↑チラシを作って各所で宣伝していただいたり、
当日は設営から受付、司会進行まで、何から何までお世話になりました。

らぴすらずりの皆さんにあたたかく迎えていただき、安心してライブに臨むことができました。
お招きいただいたこと、このような経験をさせていただいたこと、

本当に感謝していますキラキラ

ぜひまた新潟にライブしに行きたいです!!!

そして、
出来れば、他の地域でも同じようなイベントをやれたらいいなと思います。
頑張ります!!!


お越しくださった皆さん、応援メッセージくださった皆さん、
らぴすらずりさん、ご協力いただいた皆さん、
本当にありがとうございました!!

この出会いに感謝しますキラキラキラキラキラキラ


~ セットリスト ~
1. リアル
2. Snowman

3. Wonderland

4. 糸 (カバー)
5. 日常bot

6. 水面

7. ノアの方舟

8. FLAMINGO

9. UNIVERSE

 

 

ベルお知らせ

来年春頃、『かんもくアコースティックライブ Vol.3』の開催が決まりました!
詳しくは、近日中にSNS等でお知らせできると思います。
ぜひフォローしておいてください!爆  笑

manana twitter

manana facebook

manana Instagram


<おまけ>
新潟で食べたもの


ごちそうさまでした~!爆  笑キラキラ

 

 

 

mananaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス