完全に反論不能状態ですね。

私は
〇誑惑の正本堂のたばかり
〇修羅と悪竜の合戦のたばかり

を論証しましたよぉ。なのになぜ〇〇木さんは神話でしかものを言えないんでしょうか?

「忠言 耳に逆らう道理なるが故に…」(P1040)


もしかして私からのメールは耳に逆らってしまい読めない?
いずれにしろ〇〇木さんに備わっているのは道理と文証でななく、「神話」です。神話を信じてしまえば謗法ですってば!
折伏理論書P290にもあるでしょ?


「口伝(顕正会に備わる神話)を信ずることなかれ」

と…また、
「仏の所説に随わざる者有らば、是れ魔の眷属なり」
「文証無きは悉く是れ邪の謂い」
「文無く義なきは信受すべからず」


ともありますよ。〇〇木さんは折伏理論書の域にも達していないみたいですね?
25年も顕正会で信仰しているのにね…道理、文証で堂々と破折して顕正会は魔の眷属でないという事を証明してくださいよ。顕正会は正々堂々なんでしょ?

先に進みます。

〇〇木さんの疑問
〇正本堂にキリスト教の神父を招いた
そのたばかりを論証します。
AD