糖化は老化⁈

テーマ:

先日「抗糖化」啓蒙イベントに

ご招待いただきました

 

 

 

 

 

 

「酸化」が体によくないことは

知ってはいましたが

 

「糖化」も「酸化」と同じくらい

美容と健康に良くないそう。

 

からだの「さび=酸化」

だとすると

からだの「こげ=糖化」

になる。

 

 

では、そもそも「糖化」とは

いったい何?という話になりますが

 

 

「糖化」とは糖とタンパク質が

私たち人間の体内で結びついて

 

 

老化物質(AGEs)になり

蓄積することを指すそうです。

 

 

 

 

 

 

「老化物質(AGEs)は

老化を進め、健康や美容に

影響を与える原因物質」

 

と、医師の斎藤真理子先生は

おっしゃいます。

 

「糖化」によって

肌の弾力が失われシワや

たるみの原因になったり

 

老化物質(AGEs)が

髪の毛の根元にある毛穴で

炎症を起こすと

脱毛症になるケースもあるらしい

 

 

 

 

また、血管内にAGEsが

蓄積されると心筋梗塞や

脳梗塞の原因になるそうで

 

そんな話を聞くと

なるべく糖化を防ぎたいし

老化物質(AGEs)を

減らしたいと思いますよね?

 

では、「糖化」に気をつけるには

どうしたら良いのでしょう?

 

 

毎日の生活の中で

「抗糖化」のポイントは

3つあります。

 

 

1.血糖値の急激な上昇や下降を防ぐ食べ方

2.適度な運動

3.紫外線対策

 

 

食事をする時に

主食だけでなく副菜を

同時に食べると

 

 

血糖値が急激に上がりにくく

なるそうですし

 

適度な運動をすると

エネルギー代謝が上がり

余分な糖が体内に

蓄積されにくくなります。

 

また、活性酸素が発生する

原因の紫外線対策として

直射日光を浴びないように

日焼け止めや日傘を使用する

 

など、ちょっと気をつければ

できそうなことばかりなので

 

「抗糖化」を意識した生活を

早速始めてみたいと思います。