当社のBCMS(事業継続マネジメントシステム)2019 | 京都で働くコンサルタントのブログ

当社のBCMS(事業継続マネジメントシステム)2019

皆さん、こんにちは。
(株)マネジメント総研の小山です。

先日、当社のISO 22301(BCMS:事業継続マネジメントシステム)の
更新審査がありました。

愛のある厳しさを持つプロフェッショナルな審査員に、
今年も当社の審査をご担当いただきました。

今年度は、3年に1度の更新審査でした。
不適合なし、改善の機会2件、ストロングポイント1件、
グッドポイント1件、という評価をいただきました。

ストロングポイントは、
コンサル案件での顧客との課題管理、
経営会議での全案件のサービス継続方法の共有
が、効果的に実施できていると評価いただきました。

グッドポイントは、
「京都市のシェイクアウト訓練」を機会として活かし、
準備状況を確認する仕組みとして定着させていること、
また、不備に確実に対応できるよう管理していること
を評価いただきました。

改善の機会については、
リスク想定として気づいていなかった視点、
内部監査の効果を高めるための勘所となる観点、
について、改善のきっかけとなる気づきをいただきました。


また、多くの組織を見て来られた審査員に、
“高いリピート率を維持してコンサルティング事業を進めている中で、
 外部からの情報収集に努めていることや、・・会議を含めて常に
 問題意識を持ってレビューしている取組みは、優れた事業運営と
 感じました。その事例として・・・等がありました。”
と総合所見に記載いただけたことは、素直に嬉しく思った次第です。


事業継続マネジメントシステムへの取組みは、
サービスを安定して提供することがプロとしてのつとめである、
という考えから行っております。また、その取組みを通じて得た
ノウハウを生かし、お客様、社会におけるリスク低減に貢献していく
ことも目的の一つと考えております。

引き続き、事業継続の仕組みを、当社自らが実践し、
ノウハウを蓄積し、お客様、社会におけるリスク低減に貢献できるように、
励んでまいります。


▼当社の「事業継続マネジメント方針」
https://management-souken.co.jp/company/bcms_policy/