ISO 9004:2018(持続的成功を達成するための指針) | 京都で働くコンサルタントのブログ
2018-06-16 07:10:01

ISO 9004:2018(持続的成功を達成するための指針)

テーマ:品質マネジメント

皆さん、こんにちは。
(株)マネジメント総研の小山です。

2018年4月に「ISO 9004」が改訂されました。

これまでの「ISO 9004」のタイトルは以下のとおりです。

1987「品質管理及び品質システムの要素-指針」
1994「品質管理及び品質システムの要素-指針」
2000「品質マネジメントシステム-パフォーマンス改善の指針」
2009「組織の持続的成功のための運営管理-品質マネジメントアプローチ」
2018「品質マネジメント-組織の品質-持続的成功を達成するための指針」


当初は、「ISO 9001」に基づく品質マネジメントシステム(QMS)の
構築・運用ガイドのような立ち位置にありましたが、2009年の改訂で、
品質マネジメントアプローチにより、組織の持続的成功を達成するための
運営管理の指針として、大幅に改訂されました。

そして今回の改訂では、主に以下2つの整理が行なわれました。

・他のマネジメントシステム規格と同様に、附属書SL(マネジメント
 システム共通仕様)を意識した箇条構造に整理された。
・“製品/サービスのクオリティ”ではなく“組織のクオリティ”の規格
 であることをタイトルで示し、内容も整理された。


主な箇条は以下の通りです。

1 Scope
2 Normative references
3 Terms and definitions
4 Quality of an organization and sustained success
 4.1 Quality of an organization
 4.2 Managing for the sustained success of an organization
5 Context of an organization
 5.1 General
 5.2 Relevant interested parties
 5.3 External and internal issues
6 Identify of an organization
 6.1 General
 6.2 Mission, vision, values and culture
7 Leadership
 7.1 General
 7.2 Policy and strategy
 7.3 Objectives
 7.4 Communication
8 Process management
 8.1 General
 8.2 Determination of processes
 8.3 Responsibility and authority for processes
 8.4 Managing processes
9 Resource management
 9.1 General
 9.2 People
  9.2.1 General
  9.2.2 Engagement of people
  9.2.3 Empowerment and motivation of people
  9.2.4 Competence of people
 9.3 Organizational knowledge
 9.4 Technology
 9.5 Infrastructure and work environment
  9.5.1 General
  9.5.2 Infrastructure
  9.5.3 Work environment
 9.6 Externally provided resources
 9.7 Natural resources
10 Analysis and evaluation of an organization's performance
 10.1 General
 10.2 Performance indicators
 10.3 Performance analysis
 10.4 Performance evaluation
 10.5 Internal audit
 10.6 Self-assessment
 10.7 Reviews
11 Improvement, learning and innovation
 11.1 General
 11.2 Improvement
 11.3 Learning
 11.4 Innovation
  11.4.1 General
  11.4.2 Application
  11.4.3 Timing and risk
Annex A Self-assessment tool
 A.1 General
 A.2 Maturity model
 A.3 Self-assessment of detailed elements
 A.4 Using the self-assessment tools
Bibliography



JIS化はまだされていませんが、邦訳版はすでに発行されています。
詳しく内容を確認されたい場合は、日本規格協会のサイトから購入
できますので、ご確認ください。
 
 
 

 

 

株式会社マネジメント総研さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス