当社のBCMS(事業継続マネジメントシステム)2015 | 京都で働くコンサルタントのブログ
2015-11-16 06:33:22

当社のBCMS(事業継続マネジメントシステム)2015

テーマ:事業継続マネジメント
皆さん、こんにちは。
(株)マネジメント総研の小山です。

先日、当社のISO 22301(BCMS:事業継続マネジメントシステム)認証の定期審査がありました。

前回(昨年)、不適合・改善の機会なし、グッドポイント3件という結果だったこともあり、今回は、より良い仕組みへの改善の機会とすべく、エース級の審査員に来ていただきました。

結果は、不適合なし、改善の機会3件、グッドポイント1件
3件の改善の機会は、いずれも納得のいくものでした。

この審査員は、7,8年前にご支援先の審査で初めてお会いした方で、その後も、ISO 9001(QMS:品質マネジメントシステム)、ISO/IEC 27001(ISMS:情報セキュリティマネジメントシステム)、ISO/IEC 20000-1(ITSMS:ITサービスマネジメントシステム)、ISO 22301(事業継続マネジメントシステム)、の各審査で立会いさせていただく機会がありました。

“厳しいが、愛のある厳しさ”という印象を持っていました。

それは、いずれの審査においても、「規格に書いてあるから」という指摘ではなく、これができていないとどういう問題があるか、という現実的かつ具体的な話で、腹落ちする気づきを与えてくださる印象があったからです。

今回の当社の審査においても、同様のスタンスで、より良い仕組みに育てていく上で、改善に着手すべきポイントを気づかせていただきました。


この審査員に初めてお会いした頃には、自身がこの審査員とマネジメントシステムの有効性について対等に話し合えるレベルになく、今回、それを成就できたことにも感慨を覚えました。


当社の事業継続方針の根幹は、“お客さまに高品質のコンサルティング及び教育研修サービスを「安定」してご提供することが、「プロ」としてのつとめである”という思いです。

この思いの実現のために取組んでいるBCMSを、今回の審査で、この審査員に認めていただけたことは、大いに自信につながりました。


また、当社の事業継続方針において、“コンサルティング会社としてBCMSの啓発・普及に努め、自社だけでなく、お客さま、社会におけるリスク低減に貢献”することを宣言しています。

今回の審査において、マネジメントレビューや事業継続手順の演習を適時実施し改善につなげている実績を「グッドポイント」として評価していただけたことは、ご支援先へのBCMSの有効な取組みノウハウの提供という観点で、自信を持って活かしていく後押しをいただいたと感じています。


「事業継続」“business continuity”の訳語ですが、お客様や社会に役立つために企業を経営するという観点で、経営は“going concern”(将来にわたって継続していくこと)、すなわち「事業継続」が肝要です。

お客様や社会に役立つための存在意義を考え、その使命を果たすための事業継続の仕組みを、当社自らが試行運用し、ノウハウを蓄積し、提供できるように、引き続き励む所存です。


▼当社の事業継続方針
http://management-souken.co.jp/company/bcms_policy/





株式会社マネジメント総研さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス