こんにちは、

まなみんです。

 

 

ブランドって何だろう?
ブランディングって何だろう?
どうしたら、ぱきっと、自分ブランドができるんだろう?
しかも、無理せず。

と、思うのは、私だけじゃないはず。



 

 

ネットで目に止まる人、

魅了がある人、売れている人は、

なんだか、自分が確立されていますよね。
 

 

 

「あー。あんな風に、自分スタイルでいられたら、楽しそう。」

そう感じますよね。

そういう人たちは、どうやって自分ブランドを作り上げているのでしょうか。

 

 

ということで、

 

 

今日は、Happy Day in NAGOYAのオンライン講演会に参加してきました。


 

 

それは、

フロム・サーティ代表の池崎晴美(いけりん)さんの

自分ブランドのつくりかた〜ハッピートーク誕生から10年の歩み〜

 

 

 

30代からの女性が社会でキラキラ輝けるように。
という思いから有限会社フロム・サーティを創業し、

まもなく25年のいけりんさん。
普段は、ハッピートークという、

話し方とコーチングと脳科学を合わせた

人生を変える話し方講座を伝えている。



テーマの中で印象的だったのは、

”個人ブランドは考えて作るものじゃなくて、
 挑戦、失敗、成功をくりかえし、

 コツコツと継続していくうちに、
  自然と出来上がるもの。”


という部分。


自分ブランドを作り上げることに集中するより、

自分の目の前の課題をやっていくことに集中。
その結果が、ストーリーになる。

そのストーリーが、ブランドってこと。

と私は受け取りました。




”自然と”とは、努力をしないという意味ではない。
努力してたら、”自然と”できたという意味。

 


もちろん、魅せ方は、いろいろあると思う。
ホームページやバーナーを整える、
プロフィール写真をプロに頼む。などなど。

それも、すごく大事!!本当に、大事!!
でも、やっぱり、箱を開けてみて、いいものじゃないと

人は惹かれ続けないですよね。




元看護師だったわたしが、

カナダで自分でフリーの仕事をしていくこと。

サービス設計のお仕事が増えていくこと。

毎日、クライアントさんと未来設計ばかりしている

この仕事は、かなり、楽しい。

常に、進行形。

落ち込むことがあっても、全ては未来に向かって流れている

この仕事は、かなり、楽しい。


ただ、かなりポジティブ未来志向のわたしでも、
「このままで大丈夫かな」と不安になる瞬間がない

と言ったら嘘になる。


でも、今日は、
”このまま、ちゃんと頑張って入ればいいのね”。

と、いうこと。

”大丈夫だからこそ、また、殻を破る挑戦が必要だ”

ということ。

 

”その先には、自分ブランドが待っている”

ということ。
 


をマインドアップデートできました。
ちょっと、今の自分に甘んじてたわ、わたし。
頑張るの質を変えるわ、わたし。
いいお話だったので、取り急ぎ、シェアでした。

池崎晴美さん(いけりん)のHPはこちら



今日もありがとうイエローハーツ

 

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-
フォローしてね…

 

ペライチ作成代行はこちらから

 

メール恋するバンクーバー委員会
↑恋する、働く、旅する、つながる。魔法のメールレター!

 こちらも毎週日曜朝に配信中〜