2005年12月01日(木)

生まれてきたときのお話

テーマ:病院・病気

妊娠8ヶ月で私の病気がわかり、大学病院に転院することになったママ。
出産前の妊婦教室にも行けず、安産のためのヨガや体操どころではなく、
ぶっつけ本番での出産となりました。


出産予定日を過ぎても、私は生まれる気配がありませんでした。


「マナちゃん、もう生まれてきてもいいよ。こわくないよ。パパとママのところに出ておいで」


ママはお腹の中の私に話しかけました。
すると、その日の夜に破水したのです。



急いで大学病院に行き、しばらくして陣痛が始まりました。
陣痛はいきなり5分間隔でした。


「規則的に来てます」と看護婦さんに言いましたが、
「初産だからまだまだ不規則ですよ」と取り合ってもらえません。
1時間ほど我慢したあと、「もう3分間隔です!」と必死に訴え、
ようやく陣痛室に移してもらえました。



陣痛室、分娩室は厚いガラスの二重扉の奥にありました。
当然立会い出産などはできません。
薄暗い陣痛室で、ママは一人で陣痛と戦っていました。


出産予定だった個人病院ではパパが立ち会うことになっていましたし、
ホテルみたいなキレイな部屋にアロマバスやマッサージやリラクゼーショングッズなど
至れり尽くせりで出産を迎えられるはずだったのです。


しかし、大学病院の殺風景な陣痛室にあったのは、大きなクッションが1個だけ。

看護婦さんはときどきお産の進み具合を見に来るだけで、すぐに出て行ってしまいます。
ママは這うようにしてクッションを取りに行き、それにしがみついて必死に耐えていました。
手元の水を飲むことさえできませんでした。



孤独な戦いを続けること数時間。
ますます激しくなる痛みは、骨盤にガンガン丸太を打ち込まれるような

想像を絶するものでした。
「もう切って下さい!!」と言おうと思ったとき、やっと分娩室に移れることになりました。


分娩台に上がってからは、陣痛が絶え間なく襲ってきました。
「まだいきまないで!」と言われますが、自然に力が入っていきんでしまうのです。
返事もできず、ひたすらいきもうとするママに、看護婦さんが大きな声で言いました。


「いきんじゃ駄目!赤ちゃんが苦しくなるよ!

最後まで赤ちゃんに酸素いっぱいあげてね!」


その言葉に、ママは意識を取り戻しました。
器械から聞こえる私の心音が、いきむたびに弱くなることに気づいたのです。


いきむのをやめると、私の心音は力強く打ち始めます。
ママは必死にいきみを逃そうとしました。
ベッドの柵を握りしめ、大きく深呼吸をし、なんとか力を入れないようにと努力しました。


しかし、それにも限界があります。
もうこれ以上はダメ、と思ったとき、産科の二人の先生と小児外科の先生が到着しました。


「よくがんばったね。はい、いきんでいいですよ!もう最後よ!がんばって!」


待ちに待った声がしました。
ママは精一杯の力をふりしぼっていきみました。
何回かいきんだとき、先生が言いました。


「ほら、赤ちゃんの頭が出てきましたよ!」


息も絶え絶えになりながらママがやっと頭を持ち上げると、
ちょうど私の体がするっと出てくるところでした。


「女の子ですよ。大きいねぇ!」


私を取り上げ、先生たちは笑いました。
確かに大きな赤ちゃんでした。
体重3586g、頭囲は37cmもあったのですから…。

それでも、陣痛開始から5時間という安産でした。



出産後、すぐにNICUに搬送されることになっていた私。
分娩室を出る前に、ちょっとだけママに抱っこしてもらいました。
それまで大声で泣いていた私は、ママに抱っこされた途端にうとうとと眠ってしまいました。
ママはそんな私の頭を何度も撫でて泣きました。


そのときの様子を、看護婦さんがママの携帯で撮ってくれました。
この写真は今でもママの携帯の待ち受けになっています。
きれいな写真やビデオは残せなかったけれど、ママのいちばん大好きな写真なのです。



こうして、この世界に生まれてきた私。
一年間いろいろあったけど、この世もなかなか悪くないと思っています。
ママのお腹ですごした日々のことを、いつかパパとママに教えてあげたいなぁ。



32

 ほやほや

AD
いいね!した人  |  コメント(31)  |  リブログ(0)

manachanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

31 ■miriamyumeさん

そうですね。一生忘れないと思います。
「こんな痛いの絶対無理!」って思いましたからね。
出産前後は自分史上最高に頑張ったのですが、もう経験したくないかな…

30 ■出産の苦しさは・・・

多分一生忘れませんよ!
なにかくじけそうになった時、
その時のことを思い出すと元気が出てくるかもしれませんね!

29 ■くさもちさん

やっぱりFC2からはTBできないんでしょうかねぇ?
私もよくわからないんですが…
リンクは全然構いませんよ~!

28 ■無題

TB、送信の記録は残るんですが、こちらには反映されてないみたいですね。
ログインが必要なんでしょうか??
記事中でリンクさせています。・・すみません!!

27 ■ひなぐみそさん

総理ありがとうございますw
痛みに耐えてがんばりましたww

26 ■きょん母さん

遥汰くんも頭囲37cm仲間でしたか!w
私も撮りましたよ~レントゲン。
それを見た先生が一言、「あ、大丈夫ですね」と…
どんな骨盤なんだ~

25 ■しのパパさん

出産は一人でしたけど、そこまでの道のりで夫が支えになってくれました。
立会いはしなくてよかったかも?と思ってます。
たぶん卒倒してたと思うのでw

24 ■ゆみさん

りくちゃんは大きく生まれたんですよね。
それよりも頭のデカイうちの娘…
頭囲、測り間違いかと思いましたよ~
もちろん帽子は入りませんでした…

23 ■tamaさん

破水はびっくりしますよね。
夫と電話中だったんですけど、「何これ!?」って携帯を放り出しましたよw
いきみを逃すのは大変でした…呼吸法くらい練習しとけばよかったと後悔しました。

22 ■nous-avonsさん

スルーして頂いて正解でしたw
出血量1.3L!それは動けませんよね…
本当にお産は母子ともに命がけですね。

21 ■マミ姉さん

小さい体で同じ命の重さ、ほんとにその通りですね!
初めて娘を見たとき、同じことを思いました。
一つの命が生まれたんだって、あらためて責任を感じました。

20 ■tatshuhahaさん

タツくんの写真撮れてよかったですね。
生まれたときの写真は別格ですよね。
画像も荒いし、かなりブサイクなんだけど、やっぱりいちばん可愛いと思います。

19 ■ヒロコさん

大変なお産だったのですね。
陣痛の後の帝王切開…記憶も薄れてしまいますよね。
私も子供を抱っこしたときの重さはきっと忘れないと思います。
重かったです…w

18 ■くさもちさん

娘の病気や手術のことが心配で、出産のこと何も考えてなかったんですよ。
でも逆にそれがよかったかもしれません。
結構怖がりなので。
TBできました?
FC2からアメブロにTBできないとか聞いたような気もするんですが…

17 ■ゆきゴマさん

コメントありがとうございます。
帝王切開は術後がつらいですよね…
私も子供の病気と頭の大きさで緊急帝王切開も視野に入れながらの出産でした。
陣痛が三日も続く人もいますし、お産は本当に人それぞれですね。

16 ■くろこさん

親戚の4歳の子がお腹の中のこと覚えてるらしくて、
「泳いでた」って言ってるそうなんです。
いつかそんな話してくれるかな?と楽しみにしてます。
早くお話できるようになってほしいですね~

15 ■ふにゃりんさん

出産のときって、赤ちゃんが上手に回転しながら出てくるんですよね。
頭の骨も動くようになってて。
自然なこととはいえ、すごいなぁと感心します。

14 ■う~ん

無事産まれてきてよかった~
ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡  感動した

13 ■頭囲一緒!!

うちの遥汰もデカくて、出生時の体重3790g、頭囲37cmでした。
あまりにもデカいので、出産前に私の骨盤でこの子が出れるかどうかレントゲンを撮ってみたところ、無理っぽいってことがわかって、急遽帝王切開になってしまいました。
それを聞いたときは、すごく悲しくて涙が出ました。私とこの子で頑張りたいって思ってたから・・・
全身麻酔の帝王切開だったので、生まれた我が子をこの手に抱くことも出来ず、やっと抱っこできたのは2日後。
悔やまれるけど、元気に生まれてきてくれたこの子に感謝です!

12 ■なんか、とっても感動です(*´∇`*)

やっぱり、すごいよね。
お母さん。
読んでて途中で涙があふれてきたよ。
臨場感たっぷりな描写に感動です(*^。^*)

11 ■うちも頭がでかかったです~

りくちゃんは3966g、頭囲35,5cmでした。看護婦さんやお医者さんが「わっでっかい!」とびっくりする巨大ベビーでした。

うちの子は頭がでかいと思っていましたがマナちゃんには負けました~(^-^)生まれた後、新生児用の帽子とか入らなくて残念だったのを思い出しましたよ。

うちも頭がでかかったから、促進剤+バルーン+薬を飲んで、最後はお腹を助産婦さんに押してもらって、吸引で出てきました。いやー大変だったー。

出産ってほんとうに一人一人ドラマですよね~。ママさんがんばりましたね~!

10 ■思い出しましたぁ・・・

感動しました。マナちゃんママさん頑張りましたね!ワタシも自分の時のを思い出して目頭が熱くなっちゃいました。
ワタシも破水スタートで出産につながる陣痛開始からは5時間でした。ムスメの頭が子宮口に引っかかり心拍が半分になるたびに泣きそうになりながらいきみ逃しをしたのを覚えています。
みんな色々頑張ったんだなぁ、マナちゃん元気に生まれてきてよかったね。いつかお腹の中のこと、ママに話してあげてね。

9 ■無題

思うことあってTBさせて頂きますね。

8 ■昨日は

思いっきりスルーしましたぁ・・・(苦笑)
出産の事って段々記憶が薄れていくと聞きましたが、今でも覚えてます。幸い、普通分娩でパパが立ち会いましたが、出血量1.3リットルだったこともあり、動けずに分娩台で5時間もいました。殆ど気を失っていた状態です。やはりすぐにムスコを抱けなくて2日後にやっとです、あのときの感動は絶対に忘れません♪

7 ■うわぁ・・・

なんか・・・めちゃめちゃジーンときましたわぁ・・・
・゚・(ノД`)・゚・

やっぱり赤ちゃんが生まれるときって・・・
ほんまに感動してまぅ・・・

そしてそれと同時に私もいつかそうやって
赤ちゃん産んだりするんかなぁって・・・

写真、ほんまに生まれたてほやほやですね!
そして、こんな小さい体でも、同じ命の重さで生きてるんやなぁ・・・

6 ■写真

生まれた時の写真は別格ですよね。私の子供もすぐにNICUへ搬送されたので、生まれた時の写真は1枚だけです。大事な宝物になりました。

5 ■思い出します

ママの頑張り、すごく伝わってきました!!そして、自分のお産も思い出しましたー。
お産はみんな同じってことがないですよね。みんなそれぞれ違いますよね。大好きなマナちゃんの誕生秘話が聞けて、嬉しかったです(=´∇`=)。
ちなみに、わたしは、予定日を10日も過ぎ、バルーンを入れて、陣痛促進、陣痛を味わったあと、アタマがひっかかり、緊急帝王切開となりました。一体、何が大変だったのか、思い出そうにも、忙しすぎて記憶が確かでないのが残念です・・・。
でも、ホヤホヤのわが子を胸に抱いたことだけは、昨日のことのように鮮明に覚えています。母の特権ですね!!それにしても、マナちゃんの頭位、体重!ママに敢闘賞をあげますって!!

4 ■無題

ただでさえ不安な出産、予定外の病院、予定外の状況でマナちゃんのママは頑張りました!!
私もいきみをのがすの大変でした。
思い出深い写真は数あれど、ほやほやは別格ですよね。

3 ■無題

こんにちは。はじめてコメントします。私は04年の7月に女の子を出産しましたが逆子が直らず帝王切開です。なので陣痛を経験してません。いろんな経験者に聞くとやっぱりそれぞれ壮絶ですね。お子は元気が一番ですよね。

2 ■あぁもう・・・。

マナちゃん、お久しぶりです。
いつきてもステキなお話をしてくれるマナちゃんが大好きです( ̄3 ̄)
私の息子ちゃんは7月に2860gで生まれました。
他の子に比べるとちょっと小さかった息子ちゃんも、
今ではどデカく成長しております(^^;)
お腹の中での日々、私も息子ちゃんに聞いてみたいです。
マナちゃんも息子ちゃんも、早くお話できるようにな~れ☆

1 ■出産は・・・

とっても大仕事ですね。
何より「無事に生まれてくれて良かった・・・」この一言に尽きます。
マナちゃんに逢う為に、ママは物凄く頑張ったんですね(*^^)
マナちゃんの、お腹の中にいた時のお話、あたしも楽しみにしてます。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。