FNM-Design - レザー&グラフィック&ウェブ -

FNM-Design - レザー&グラフィック&ウェブ -

横浜で革細工を制作販売するFNM-Designです。その他グラフィックデザインやウェブ制作、グラスエッチングでオリジナルグラス制作など、多岐にわたりオリジナル商品のお手伝いをさせていただきます。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

いやはや暑いですね!

 

暑いの大っ嫌いなFNM-Designです。

みなさまいかがお過ごし??

 

北海道では地震が頻発し、

九州や東北では豪雨・・・

 

関東地方だけなんだか平穏なのが、

すこし気持ち悪い今日この頃。

 

まぁ都知事が居なくなったことで・・・

釣り合わないか(笑)

 

 


 

 

さて。

 

以前にも書きましたが、

今回は動画も撮ったので・・・

 

おさらいを兼ねて紹介したいものがございます。

 

それは何かと問うならb・・・

 

 

革漉き機(Zit-tools社製)です。

 

 

革漉きとは・・・

読んで字の如く『革を薄く漉く』ことです。

 

革を薄く漉くことに何の意味があるのか?

 

例えば財布を作ろうと思った時に、

革を漉かないで制作した場合・・・

 

 

こんなに分厚くなっちゃいます。

俗にいう豚財布。

 

お金が入っててパンパンならカッコいいですが、

素寒貧なのにコレでは情けない。

 

(本当のお金持ちの財布は薄いという説も有り)

 

 

ってことで、

強度を損なわない程度に薄くしていきたいのです。

 

で、この機械の登場!

 

 

コレがベタ漉き。

全体的に均一に薄くしていく作業。

 

アウターは2mm、インナーは1mmで財布を作る場合・・・

2mmの革を買って、

インナーに使用する部分(カード入れとか)を1mmに漉くのです。

 

 

もし、この機械を持ってないとすると、

別途業者に漉き加工を頼む必要があります。

 

これがなかなか良い料金(笑)

 

もしくは革包丁を使って、

チマチマと手作業で薄くしますが・・・

 

これもなかなかキツい作業。

 

それが一瞬で終わってしまう革漉き機!!

なんてすばらしい(笑)

 

 

そして。

 

以前カメレオンのパスケースを作った際に書きましたが、

なにもせず糸を縫っていくと・・・

 

 

糸が浮き出てしまいます。

 

こうすると、

使っていくうちに糸が擦れやすく、

壊れてしまう原因となりやすい!

 

なので、

糸を表面から沈めて擦れにくくする必要があります。

 

 

では、どうするか。

 

 

こうやって斜めに漉き、

裏から水分を入れて表面から押さえつけてやると・・・

 

 

一段低くなっているのが分かりますか?

 

ここを縫っていくと表面から糸を沈めることができ、

擦れにくくするのです。

 

多分革漉き機で一番やりたいことと言えば、

この段漉きと言えるでしょう。わたくし的にね。

 

 

てな感じで、ただ動画を撮りたかっただけとも言える

革漉き機紹介記事(笑)

 

わたくしが作るモノは、

概ねこのような作業を経て制作しております。

 

つーこって、今回はココまで。

 

 

次回からは、

新しい商品を作りたい!と思っております。

 

次回!

『フラッと出かける時にコレだけ持て出ればモウマンタイ!』

で、お会いしましょう。

 

また合う日まで。御機嫌よう!!

 

 


 

 

ランキング参加中!!

あ~早く冬になって欲しい!!!!

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ

テーマ:

都知事辞めましたね。

まぁ辞めるとは思ってましたけど・・・

 

せっかく給料返還すると明言したのだから、

このまま針のムシロに座らせて、

五輪開けに選挙の方がよくないですかね??

 

何してもヤンヤヤンヤ言われる現状に居続ける方が、

悪さもせず真面目に仕事するでしょう。

 

なんて横浜県民のわたくしが言ってみるテスト。

 

 

どうもFNM-Designです。皆様いかがお過ごし?

 

「野球と政治の話はするな」とじっちゃが言ってたけど、

その禁忌を両方とも破っちゃいましたね・・・

 

・・・

 

・・・ ・・・

 

・・・ ・・・ ・・・

 

キリン一番搾りの47都道府県ビールって、

『東京搾り』や『埼玉搾り』など、

各都道府県の名前を冠しているのにも関わらず・・・

 

 

神奈川と愛知だけ

『横浜搾り』と『名古屋搾り』なんでしょうね??

 

 


 

 

さて。

華麗なお茶濁しマジックを発動させた所で、

本題にまいりましょう(笑)

 

前回作ったオリジナルデザインのカメレオンパスケースが、

依頼人のところに届いたようです。

 

 

かなり良い反響をいただけましたYo!!

 

 

やはり良いリアクションをいただけると、

作り手としてテンション上がりますね(笑)

 

作り手冥利に尽きるってもんです!

 

本当にありがとうございました。

また何かありましたらお待ちしておりまーす。

 

 

んで。

 

カメレオンのイラストをシルクスクリーン印刷をする際に、

作業失敗の保険とスキルアップを兼ねて、

多めに印刷しておりました。

 

そのまま放っておくのも忍びないのと、

遅くなったお詫びを込めてサプライズプレゼントをご用意。

 

今回は、

それをサクッとご紹介しようと思います。

 

 

まずは・・・

 

 

カード入れ。

中にビニールのポケットカードケースを入れてます。

 

 

表面はこんな感じ。

カメレオンと天道虫を一枚におさめたverです。

 

 

それともう一つ。

 

 

革に印刷したカメレオンと、

布に印刷した天道虫。

 

これが何かと問うならば?

 

 

トートバッグです!

異素材の組み合わせでオシャレですな。

 

 

おまけのサプライズとは言え、

もちろんこだわる所はこだわってますよ。

 

 

綺麗なステッチ。

 

これらも縫い糸を擦れにくくするために、

糸を沈めておりますので長く使用できると思います。

 

 

旦那さんは物持ちが良いそうなので、

これらも長いこと使用していただいて

エイジングを楽しんで欲しいですね。

 

革は栃木レザーを使っておりますので、

良いエイジングしてくれることは請け合いデス。

 

 

てな感じで、今回はココまで。

 

次回!

『今度こそ革漉き機の動画を・・・』

でお会いしましょう。

 

また合う日まで。御機嫌よう!

 

 


 

 

ランキング参加中!!

今回使用したカメレオンの版は取っておきますので、

またなにかあったらご用命を(笑)

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ


テーマ:

※今記事は画像多めとなっております。

 

前回の冒頭、

「わたくしのモチベーションは週末のサッカー観戦です。」

と書きましたが・・・

 

 

楽しかったですよね(笑)

 

サッカー観戦も終わってしまい、

これから何をモチベーションとして生きれば良いのか

見失いがちのFNM-Designです。

 

みなさまいかがお過ごし?? 

 

 

 

かなりしっかりした素材でカッコいいシャツも貰えたし、

勝てれば文句なしでしたが・・・まぁ良しとしましょう!!

 

 


 

 

さて。

 

前回のパスケースを縫っているパートでは、

「3mmの穴間隔」が好みです。

と書きましたが・・・

 

果たしてそれが本心からなのかどうか?

 

という疑問がフツフツと湧いてきたので、

今回は実験パートにしたいと思います。

 

その実験内容は・・・

『糸の太さと穴の間隔の差における、

ステッチの見え方の違い』

です。

 

 

という訳で、

早速端切れを用意して・・・

 

 

ディバイダーっていう道具で、

3mm、4mm、5mmの印を付けます。

 

その後、菱キリで穴を穿っていきます。

 

 

プスプス。

 

ついでに動画を撮ってみたのでうpしてみます。

 

 

菱目打ちを使っている方には、

面倒くさい作業かと敬遠されそうなこの作業。

 

割とサクサク行けるでしょ?

 

音も少ないし、

夜間も作業したい方にはオススメです。

 

とは言うものの・・・

あらかじめ菱キリを研いでおかないと、

サクサク刺すことは難しいですのでご注意を。

 

 

 

穴開け終わりました。

 

菱キリと菱目打ちの違いも見たかったので、

おまけで下に開けてみました。

 

 

上が菱ギリで開けた穴。

下が菱目打ちで開けた穴。

 

菱ギリで開けた方はほぼ直線の穴が開くのに比べ、

菱目打ちはかなり菱形の穴が開きますね。

 

 

では、早速縫っていきましょう。

 

ついでなので、

わたくしなりの縫い方を解説しつつ進めていきましょう。

 

ちなみに・・・

わたくしの好きな縫い目は、

『表面:斜め』『裏面:ストレート』です。

 

 

 

まず、

表面から針を刺します。

 

こっから糸を引っ張る方向が重要になります。

 

 

表から刺したら、

手前側に糸を引っ張りましょう。

 

 

そしたら、こういう風に

進行方向側に穴が見えますね。

 

そこに・・・

 

 

裏側から針を通して、

そのまま進行方向側に引っ張ります。

 

そうすると、

表面は斜めで裏面はストレートの縫い目になります。

 

 

こんな感じです。

 

よく教本などには

「奥から手前に縫っていきましょう。」

と書かれていますが・・・

 

この法則を頭に入れておけば、

奥からだろうが手前からだろうが

サクサク縫い進めていけますよ。

 

 

そうそう。

どんどんと縫い進めていくと、

途中で糸の撚りが戻ってきてしまいます。

 

撚りっていうのは・・・

 

 

コイツね。

 

普通はクルクルねじれているのですが、

このクルクルが開いて?ほつれて?きます。

 

そうすると見た目よろしくないので・・・

 

 

縫うたびにクルッとねじりつつ進めると、

全ての縫い目が綺麗に行きますよ!!

 

結構な手間ですがね(笑)

綺麗な縫い目を表現するには大切な作業です。

 

手間を惜しまず縫っていきまSHOW。

 

 

で。

最後まで縫っていったら糸の始末です。

 

わたくしの始末方法は・・・

 

 

このくらい残してカット。

 

したらば自分のMPを確認して呪文を唱えます。

 

 

メラ!!

 

・・・

 

・・・ ・・・

 

おもむろにライターを取り出し、着火。

 

 

右側のポコっとしたモノが、

今焼き切った部分です。

 

こうすると焼いた部分が穴より大きくなるので、

始末した部分からほつれるのを防いでくれます。

 

注)この方法はナイロン糸やシニュー糸に限ります。

 

普通の麻糸でやると、

簡単に糸が燃え尽きるのでよろしくありません。

 

ご注意を!

 

 

てな感じで、

全てのラインを縫い進めていきます。

 

 

太さ1番の糸で、

穴間隔が上から3mm、4mm、5mmです。

 

綺麗な斜めステッチで縫えているでしょうか?

 

 

 

コチラは裏側。

ストレートステッチになってますね。

 

ドゥンドゥン進めていきま・・・

 

 

した。

 

こうしてみると3mmって・・・

かなり細かいステッチになりますね。

 

 

前回まで作っていたパスケースみたいな小物であれば、

この細かさで丁度良いかも知れませんが、

 

財布くらいの大きさになると、

5mmくらいでも全然良いかも知れません。 

 

 

ちなみに裏側は、

 

 

 

こんな感じのストレート。

 

斜め横から見たらこんな感じ。

 

 

ふむ。

我ながら美しい斜めステッチ。

 

シルクスクリーン印刷とかカービングとか、

表面の派手さに目が奪われがちですが・・・

 

FNM-Designでは、このような縫い目にも

一針一針細心の注意を心がけて製作しております。

 

 

といった突然の宣伝も出たところで、

今回はここまで。

 

それでは次回!

『革漉き機の動画でも・・・』

で、お会いしましょう。

 

また合う日まで、御機嫌よう!!

 

 


 

 

ランキング参加中!!

 

この動画のためにYoutubeアカウントをとってチャンネル開設したのですが、

割とメンドクサイ作業でしたな。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ


テーマ:

最近特になにもなく、

この冒頭部分の戯れ言に何も書くことがございやせん。

 

FNM-Designです。

みなさまいかがお過ごし??

 

いやはや・・・

何もない訳ではないのですが書けないことばかり。

 

もっと生活にハリを出していかなければ、

このブログにとっては大変致命的です!

 

可及的速やか的に改善せねばいけませんね。

 

 

何とかひねり出すとするならば・・・

 

ただいまの唯一のモチベーションは、

今週末の土曜日にある横浜マリノスのホームゲームを

観覧しに行くことくらいです。

 

なんかユニフォームをプレゼントしてくれるらしいので、

それ目当てで観てきますYO。

 

でも、密かにマリノスのキックオフ前に歌う

「レミゼラブル:民衆の歌」を聞きにいくのも楽しみなのだ(笑)

 

『戦う者の歌が聞~こえるか♪』

 

 


 

 

という訳で、

前回までのあらすじ。

 

 

縫ったよ!

 

 

んで。

 

縫った後にやることと言えば、

作家によって一番こだわりの差が垣間見れるであろう・・・

 

コバ磨きデス。

 

わたくしの手順としては、

・金やすりでザッと整える(きっちり裁断してたら省略可)

・耐水やすり#400、#800あたりで整える。

・トコノール塗ってリューターで磨く

って感じです。

 

 

nijigamitool製のコバ磨き工具。

コレで磨くと簡単にペッカペカになるよ。

 

まぁ、コバの断面がキッチリ揃ってナンボ。

みたいなところもありますが・・・

 

 

でも、今回手順を間違えてしまって

金やすりの後にトコノール塗って磨いてしまいました。

 

磨き終わった後によく見たら、

まだまだガサついてて納得できない出来。

 

なので、

耐水ヤスリに水つけて整えていたのですが・・・

 

トコノール塗ってある所に水つけると、

トコノールの粘性が増しました。

 

その後、もう一度リューターで磨くと

コバによりツヤがでて良い感じに!

 

 

磨き終わったところ。

 

 

左・パスケース本体。

右・首のやつ。

 

良い感じにペッカペカになりました!!

 

今回たまたまそういう結果になったのか、

当然の結果なのか・・・

 

これは実験する価値ある現象。

後で実験してみます。

 

と言うか、

今回栃木レザーを使っているのですが、

やっぱり革が良いとコバ磨きも楽ですね。

 

今まで使っていたタンローとは大違い。

 

 

で。

 

コバも磨き終わったので、

いよいよパスケースと首のやつを合体させる時が来ました。

 

今回はレザーブレンディング(編み込み)でロープを2本作って、

合体させようと思います。

 

ちなみに・・・

 

 

首のやつには補強のため、

鳩目を取り付けておりますよ。

 

 

という訳で、

いざ尋常にブレンディング開始!!

 

 

今回は片方が赤×緑。

もう一方を緑×緑で編み込んでいこうと思ってます。

 

 

ちょっと進んだ所。

 

いいぞ。この組み合わせ!

まぁ、クリスマスカラーですね(笑)

 

てなことを言っている間に、

編み込み終了!!

 

 

左右で色違いのロープ。

 

 

赤×緑の4つ組ロープ。

 

 

緑×緑のロープ。

 

 

そして、

本体側の連結部は・・・

 

 

ナスカンに繋げて、

ガウチョノット(別名:カウボーイノット)で装飾!

 

本当はグルグル巻くだけで終わらせようかと思ってたんですが、

やってみたら納得できませんでした。

 

ので、

気がついたら久しぶりにガウチョノットを製作してました(笑)

 

結果的に、

やっぱりコッチの方が手間かかるけどカッコいいですな!!

 

 

てな行程を経て、

カメレオンが描かれたオリジナルパスケース

ここに完成!!です。

 

以下は完成報告の写真集。

 

 

青シャツに合わせてみた所。

 

製作している時に

「やべぇ・・・結構派手だぞ!?」とビビったのですが、

こうしてみると割とそうでもないですね。

 

左右のロープが色違いっていうのも

傾いてていいですね(笑)

 

 

拡大したところ。カメレオン面。

 

 

天道虫の面。

 

ここはカード入れると穴からカードが見えて、

天道虫は見えなくなります。

 

 

前回の印刷パートでは書きませんでしたが、

印刷する段階では緑一色で役満・・・じゃなかった。

 

緑のみで印刷も考えたんですが、

なんかインパクトに欠けるような気がして・・・。

 

何か刺し色を入れようと思って、

緑革の補色となる赤を入れたかったのもあり、

天道虫をチョイスしたってのもあります。

 

我ながら出来上がりを見て、

会心の一撃といえるチョイスだったなと自画自賛(笑)

 

あとは依頼人とプレゼント相手の旦那さんに、

気に入っていただけるかですな。

 

 

てな感じで。

5回に渡ってお届けしたこのパスケースも

今回で終了です。

 

長らくおつき合いいただき、

本当にありがとうございます。

 

このようなイラストを入れたモノから、

シンプルなモノ、カービングを施したモノまで、

ご依頼いただければ対応いたします。

 

ご依頼ご相談は・・・

manacelli(あっと)fnm-design.com

まで。

 

※スパム対策として@を置き換えております。

※大変面倒とは存じますが、書き換えて送信願います。

 

 

つーこって。今回はココまで。

 

次回!

『内容は何も決まってないよーう(審議待ったなし)

で、お会いしましょう。

 

また合う日まで。御機嫌よう!!

 

 


 

 

ランキング参加中!!

次回予告は第三者の厳しい目で見ていただ・・・(以下略)

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ


テーマ:

わたくしには3歳になる姪っ子がおりまして、

その子がただいま空前の英語ブーム。

 

トマトの絵を見せて

「これ日本語で何て言うの?」と問うと『トマト!』

って答えます。

 

「じゃあ英語では?」と問うと・・・

『トメィトゥ!!』って答えます(笑)

 

3歳児にそんな一発ギャグを披露されて、

メラメラと対抗心が燃え上がっているFNM-Designです。

 

皆様いかがお過ごし??

 

 

ちなみに我が母(姪っ子から見たら祖母)が、

姪っ子に「きゅうりは英語で何て言うの?」と問われ、

 

『キュウ~リィ~』でしょ?

って言う秀逸な返しにも密かに嫉妬(笑)

 

何か英語のおもしろギャグありませんか??

あったら教えてください!!

 

 


 

 

つーこって、

前回までのあらすじ。

 

 

ボッコシ加工しまし・・・じゃなかった、

 

 

レザーコートで表面保護して、裁断しました。

 

 

てな訳で、

今回は張り合わせて、縫い合わせていきましょう。

 

使う接着剤は『サイビノール600』です。

 

サイビノールには100と600がありますが・・・

100は伸ばしやすく、接着力弱い。

600は伸ばしにくく、接着力強い。

っていう違いです。超ざっくりですが。

 

塗る面積が多い場合は塗りやすい100ですが、

今回のような小物は600の方が良いですね。

 

 

てな具合で、

 

 

圧着して乾燥。

 

サイビノールの長所でもあり短所でもあるのですが、

半乾きの時に動かすとズレちゃうのです。

 

貼り直すってのは良いことですが、

ズレちゃうのはね・・・。

 

せっかく綺麗に裁断しても、

接着時にズレたら元も子もありません。

 

なので、

このようにズレないようにして乾燥させましょう。

 

 

この乾燥中に、

前回のブログでは出来てなかったパーツを切り出します。

 

今回のパスケースは首から下げる仕様なので、

首の所にあてる・・・

 

何て言うの?アレ??

 

首パット(仮)を作りま・・・

 

 

した!

 

内容は前回と同じ。

ケガいて、切って、斜め漉きして、ボッコシ加工して、

裏貼りしたところです。

 

 

まだカーブの所が上手く革漉き機で漉けないので、

細かい部分は革包丁で修正。

 

ちょうどいいので、

今回はコイツを元に進めていきましょう。

 

 

圧着した後は、

縫うための穴を開けていきます。

 

わたくしの縫い目は3mmの縫い幅がお気に入り。

 

なので、

ディバインダーを3mmに設定して下準備。

 

キンキンに研いだ菱キリを使って、

一周穴を開けていきます。

 

 

これで縫うための下準備完了。

 

つーこって

早速縫っていきましょう。

 

今回・・・というか、

わたくしが使用する糸は大体コレ。

 

ビニモMBT5番と1番

 

ビニモMBTの0番もしくは5番。

色は何色の革にも合わせやすい108番。煩悩!

 

この糸使いやすいですよ。

本当に何色の革にも合いますから。

 

まぁ、

ご指定があれば革と同色の糸もご用意しますよ!

 

 

こんな具合で縫っていきます。

 

縫い方にもいろいろと個性が出る所ですが・・・

わたくしの縫い方は『表面は斜め』

 

 

『裏面はストレート』

 

 

の縫い目になります。

 

って、すんげぇ分かりづらい!!

 

この辺も今度記事にしてみようかな?

でも、JillCraftさんの所見てもらった方が勉強になるかな?

 

まぁ時間あったら書いてみたいと思います。

 

 

てな感じで、今回はココまで。

 

それでは次回!

『コバ磨いて、ロープを編み込んで・・・完成!?かな』

で、お会いしましょう!!

 

また合う日まで、御機嫌よう!

 

 


 

 

ランキング参加中!

 

ちなみに、きゅうりは英語で

『キューカンバー』と言うらしいです。

 

3歳児から学ぶ3○児・・・

どうだい?いいだろ(笑)

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス