秋ですね~~~キラキラ

 

どうも!

秋といえば、やっぱりスポーツの秋である鍼灸師のB-manabuです。

皆さんは今年の秋はどのように過ごされていますでしょうか?

私はやっぱり野球ですね!!

 

 

皆さんは、贈り物ってされていますでしょうか?

お中元、お歳暮、お見舞い、御機嫌伺い…。いろんなところに贈り物はついてきます。大勢の日本人を対象にしたアンケート結果によりますと、「日本でなくしてほしい習慣」として、年賀状やお中元、お歳暮が上位に挙げられています。

このアンケートですと、ほとんどの人たちは、贈り物を嫌がっている・必要としていないと思っています。

 

 

 

しかし!!

 

 

 

皆さんがなにか依頼・要請・注文・懇願をしたいのならば、贈り物というものは、きわめて重要な行為なのです!!

今回は、そういったことについてお話をしていきますねグラサン

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

【人は良い気分の時に頼みごとを引き受けてくれる】

 

 

 

贈り物をもらった人は気分が良くなり、自分の言うことを受け入れてくれることが心理学の実験結果から明らかにされています。

心理学者のアリス・アイセンは、この現象を数多くの実験で証明しています。

 

ただし、アイセンを筆頭とする心理学者グループは、さらに恐るべき結果をも見出しました。

それは、

 

 

贈り物をもらったことで良い気分にさせておけるのは、せいぜい20分。

 

 

そういう結果です。

20分もすると、もとの冷静な状態に戻ってしまうのです。

実際の実験内容をみていきますね。

 

 

実験は、ペンシルバニア州のランカスターという地区で行われました。まずは実験者の一人が、戸別訪問のように一軒一軒をまわり、応対してくれた主婦や旦那連中に「ただいまフリーサンプルをお配りしています。」といっては、リボンのついた包みを手渡したのです。

最初の実験者が退散した後に、別の実験者がその家に電話をかけ、頼みごとをしてみたのです。このときに、贈り物をしてから頼みごとをするまでの時間を実験的に変更をしました。

 

その結果…、

 

 

贈り物をもらった直後のほうが、人は依頼を引き受けてくれ、特に4分後がもっとも引き受けてくれたのです。

 

 

この実験の結果ですと、贈り物をもらって4分後にピークをむかえ、徐々に引き受けてくれる確率が下がっていき、20分後には、ほとんど引き受けてくれる人はいなくなったのです。

高揚した気分も、時間の経過とともに薄れていき始めます。さらに悪いことに、「どうして贈り物をもらったのだろう?」と思いはじめ、終いには「これは賄賂なのでは?」と思ってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

今回の結論はこうです。

依頼をする際は、相手の望むものや好みのものを調べ、贈り物をします。

そして、気分が良くなったところで依頼をするのです。このとき、グズグズしていてはいけません!!

大丈夫、たとえ賄賂だとばれたとしても、種明かしをしてしまったほうが贈り物の効果は高まっています。

 

それではみなさん、またね~~~音譜

 

 

 

総合治療鍼灸サロン【まなぶココカラゲンキ】Facebookページ

 

 

仕事のことはもちろん

健康・美容・運動などのことをしっかりお知らせ!!

ご予約・ご相談も承っております。

友だち追加

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

読者登録してねペタしてね

 

皆さんの応援をお願い致します!



全般ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲