マナビトのブログ

マナビトのブログ

渋谷と横浜にある障害者のための就労移行支援事業所のブログです。

こんにちは。

マナビトスタッフです。ニコニコ

唐突ですが・・・

みなさんのお部屋はきれいですかはてなマーク

 

掃除は生活においてきってもきれないものですよね。

疲れていても、面倒くさくても、毎日少しは掃除をしていかないとゴミやほこりがたまってしまって。

見ないふりをして1週間ぐらいならすごせるかもしれませんが、でもでも、

仕事を効率よく進めていくには、ある程度私生活の場所も整理整頓されていることが必要だと言われています。

わかっちゃいるけど、掃除が苦手という人、少なくないかもしれません。

 

大事なものが埋もれてしまってわからなくなることも困りますし、

仕事に支障がでるようになった本当に大変です。

そうでなかったとしても・・・

ごちゃごちゃっとしたお部屋だと、リラックスできなくて、なんだかリフレッシュ度も半減してしまいそう汗

 

 

部屋が片付いていない人の中には

 

・わかっているけどできていない

・片づけたいけど、やり方がわからない

・きれいにしてもその状態がキープできない

 

などタイプがいろいろあるようですね。

 

今はあれこれ様々な「お掃除術」の書籍やネット情報があるようですし、どれが正解というものもなく、どんなやり方が皆さんに合うのかも個々にちがってくるかとおもうので、ここで細かくご紹介するのはやめておきます。興味のある方はネットで「片づけられない」「掃除嫌い」「お掃除術」「きれいにするには」などを検索してみてくださいね。

 

今日は「全く掃除をする気になれない、そんな時間はとれない」という人に、一度試してみてほしいことをご紹介します音譜

 

それは・・・

 

「どんなに疲れていても、どんなに忙しくても

 

毎日最低、【触らなくて済むもの】の中から3つ動かす」

 

 

です。

 

 

【必ず動かす必要のあるもの】については、この対象ではありません。

たとえば食べるときのお箸や食器とか、寝るときの布団とか、シャワーヘッドとか、

動かさざるを得ないものや、日常的に動かしているものはカウントに含めないでください。

そうじゃなくて、普段触らなくてすんでいるものってありますよね。

 

それらをとにかく「動かそう」と考えてほしいのです。片づけよう、捨てよう、と考えるとやっぱり何もできなくなってしまうので、

「動かそう」と意識してみてください。

 

毎日薬を飲むように、そして毎日欠かさず水分をとることのように、毎日3つのものを動かすように意識すること、を

「日課」で「必須」にしてほしいのです。そのための時間を作る必要はありません。3つどこかで何かを動かせばいいので、帰宅してドアをあけたら一つ、トイレに行くときに一つ、ふろ上がりに一つ、冷蔵庫にいくときに一つ・・・。

 

 

そうするとですね・・・動かそうとするときに「きれいに整頓した状態になるように」置くことができたり、

「定位置に」戻せたり、もしかしたら、

ほこりがかぶっていることに気づいて「少しふいてから」動かすことができるかもしれません。

 

床のごみやほこりを3つ拾いゴミ箱へ動かす、でもいいです。

 

 

どんなに疲れていても3つは毎日欠かさず続けてほしいのです。

 

本当にへとへとにつかれているときもやめないで、本棚から少しだけはみ出た本の一冊を

奥に押し込むだけでもいいし、となりにおいてある靴をそろえるだけ、でもいいのです。

 

 

まずは3つから。慣れたら少しずつ数を増やしてみてください。

継続するうちに「毎日3つは掃除している」という自信にもつながります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご自分の居場所を「心地よく」して、毎日気持ちよく出勤できるような環境を考えていけたらいいなと思います。

 

キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

 

 

 

 

【マナビト JR渋谷駅】
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-19-1 オミビル7階
Tel:03-6861-2985(10:00~18:00)
info@manabito.org

 



ご連絡お待ちしております (^_-)-☆

 

 

こんにちは照れ

 

今日も朝からいいお天気になり、気温も上がってきたようです。

でも、窓からふわっと入ってくる風は、「秋もみじハチ」の気配、真夏のそれとは違うなあと感じます。

 

秋はいいですよね~

澄み切ったように感じる空気も樹々が染まる景色も。

私はおしゃれセンスが「全くない」のですけれど、

街ゆく人のファッションも、夏より秋の方がおしゃれな気がしますし、

農作物も実り、視覚的にも胃袋的にも好きなんですね。

文化の秋、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、実りの秋、芸術の秋、すべて言いえて妙、だと思っています。

 

そして、秋にはすこーしノスタルジックな気持ちになるのは

私だけでしょうか。

ノスタルジックの写真|フリー素材は「ぱくたそ」写真を無料ダウンロード

涼しいそよそよっとした風や夕焼けのような赤い景色の季節にはセンチメンタルな歌も流行るとか。

nanami💧 na Twitteri: "シルエット photo by @Jiyujinyu #ポートレート #写真 #カメラ #被写体 #フリーモデル  #福岡 #佐賀 #夕日 #空 #雲 #影 #ノスタルジック #オールドレンズ #写真好きな人と繋がりたい #春… "

 

みなさんは、どんな季節が好きですか。

「蚊 イラスト無料」の画像検索結果

そうそう、私は【虫】が苦手なので、夏の虫さんたちをあまり見かけなくてすむようになる、ということも一理あるかもしれません。

 

さて、今日は【虫】ではなくて、私にとってもう一つの「苦手」でもある、【無視】について少し触れたいとおもいます。

 

みなさんは、「無視」したことはありますか。

 

無視とは、一般的解釈では、「話しかけられても聞こえないふりをする、みなかったふりをする、返事をしない、対応しない」ということです。

女の子 無視 イラスト素材 [ 2526247 ] - フォトライブラリー photolibrary

 

最近よく聞かれる言葉としては

「既読無視」があります。

【悪意ある無視】が、【人を傷つける行為】であることは、大抵の方が理解しているかと思います。OK

本当は無視したくないんだけど「授業中・勤務中だったから」「ほかの人と電話中だったから」「忙しかったからあとで対応するつもりだった」など【悪意のない無視パー】も世の中には存在します!

そして、慎重さを追求する細かい作業、危険な作業や何か深い考え事をしているときなどは目の前のことに集中するあまり、頭の中は違うことを考えているうずまきために、視野目に入っているようにみえて視野にも耳にも入っていないために発生する【無意識・故意ではない無視】もあります。

 

一概に「無視された」と感じても、相手の感情の中には悪意がないケースは案外多いことも理解し、

受け止める側もあまり神経質にならないことは大切です。

 

これは大前提として・・・!!

 

少し考えてみていただきたいケースがあります。

 

主に職場において・・・なのですが、

「暴言」や「暴力」や「反対意見」をいうよりも、あるいは苛立つことをされた「反発」の意志をあからさまに表現するよりは

軽く「スルー」したほうが「まだまし」だし「より優しい」とおもうから、

聞こえないふりや、「さりげなく」話題をかえたり、「違う人に意見を求めるべく顔を違う方向に向けた」りするようにしている、なんていうことはありませんか。

 

グループワークや会議やミーティング、複数の人数で集まった時に、例えばだれかが意見出しを求めたとします。

Aさんは説明が長いから。

Bさんは、いつも的外れだから。

Cさんは、絶対私とは反対の意見をいうから。

Dさんが関わると話がまとまらないから。

Eさんから否定されそうだから。

Fさんは、いつも採用されたためしがないから。

Gさんからすごく嫌なことを言われたから。

 

 

様々な理由は考えられます。でも上記のいずれの場合も自分としてはその意見を【支持したくない】という気持ちが隠れています。

そして、この「無視」という対応方法は、仮にそこにいる周りの人には気づかれなかったとしても、当の本人には気づかれている場合がほとんどだそうです。

それは「どんなにうまく繕っても」だそうです。

勿論受け止める側が気づいたとしても、必ずしも【気にする(障る)】ケースばかりとは限りませんが、無視の本当の定義は・・・

 

無視:[名](スル)存在価値を認めないこと。また、あるものをないがごとくみなすこと。

 出典:デジタル大辞泉(小学館)

 

つまり、無視は、「その人の存在をみとめない」ということです。「そこにその人がいてもいないとみなす」ことなのです。

ですから職場において、仕事上の意見であればなおさら、どんな小さな意見もまずは「くみとる」聞く姿勢が大切です。

そうはいっても毎回きちんとした対応ができるわけではありません。ただ、どのような状況においても、目線を配ったり、うなずいたり、ちょっとストップのサイン(ゼスチャー)をだしたり、別で聞く機会をもつことを伝えたりしてひとまず「発信」への気づきを知らせるといいそうです。

先ほども申しましたが「無意識な無視」は自覚していないところで発生しますから、これは仕方がないのですが、こういうケースも含め、「意識があるうちは」なるべく無視しないようにコミュニケーションをとることこそが「大人の対応」だということを心のどこかに止めておいていただけると嬉しくおもいます。

 

無視は、暴力や暴言よりも「軽い」わけでもなんでもなく、むしろどんないじめや暴言よりも威力のある「最大の暴力」と称されています。

 

反論も暴言も吐かずに「無視」した自分は「大人の対応ができた」「最低限の優しさ(理性)を保てた」「相手に気づかれずにやりすごした」と勘違いしてしまいそうになりますが、職場において大切な「円滑に働く」上でとても重要なことのようなので、みなさんが「先輩や上司」になっても、育児をする場合でも、ご家族間、友達関係においても、ぜひ「無視」という言葉の意味だけは忘れずに心にとめておけるといいなとおもっています。

 

「頼れる人」の条件の上位には必ず「忙しくてもこちらが欲したときには必ず話をきいてくれる人」という意見がくるそうです。これも裏をかえせば、「無視することなく声を拾ってくれる人」といえるのかもしれません。

 

 

 

 

 

【マナビト JR渋谷駅】
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-19-1 オミビル7階
Tel:03-6861-2985(10:00~18:00)
info@manabito.org

 



ご連絡お待ちしております (^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

就労移行支援事業所マナビトスタッフです。

今日も、朝からスッキリ晴れて、秋晴れ晴れ





 

就労プログラム『キャリアプラン』についてビックリマーク

 

 

★キャリアには、 

単にどのような職務に就くかということだけではなく、 仕事や人生での役割や生き方のすべてを包括する概念が含まれます。

 

自身の興味・大事にしたい価値観・強みについて考え、

 

職務経歴・学習歴・訓練歴などの詳細な棚卸しを通して生涯の

 

キャリアプランをジョブカードを活用し作成します。 

 

作成することにより、職業能力の見える化をし

 

就職活動時(応募書類の作成や面接時)にも活かせるツールに

 

していただけます♪

 

自己理解と経験の棚卸しを詳細にするので、1回ではなかな

 

仕上げるのは難しいのですが2~3ヶ月に1回程度、実施予定です

 

ので、是非重ねてご参加いただければと思います!!

 

 

 

 

 

【マナビト JR渋谷駅】
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-19-1 オミビル7階
Tel:03-6861-2985(10:00~18:00)
info@manabito.org

 



ご連絡お待ちしております (^_-)-☆