晴れた日に永遠が見える

2014年5月、全乳がん症例の1%弱しかいないとされる「男性乳がん」を宣告されました。
左胸を全摘し、腋窩リンパ節をレベル2まで郭清。
その後三大療法も空しく、2017年1月に遠隔転移が判明。
男が女性特有の病気になり、戸惑いながら語る乳がん治療の悲喜交々。


テーマ:

※ ネタバレありなので、これから観に行かれる予定のある方はご注意ください。

この渋いポスターに魅かれて「これは絶対いい作品に違いない!」と根拠のない確信を持ってチケットを買ってしまったが、見終わっても自信を持って「とってもいい作品だった」と言いたい。


前回、「レディ・ベス」を鑑賞した時にトレンディ・ドラマならぬトレンディ・ミュージカルという造語を名付けたが、正直なところ「ひょっとしてこの作品もそうなのではないか?」と微かに不安に思ったが、全くの杞憂だった。

マタ・ハリは、第一次世界大戦中にフランスで活躍した有名な女スパイで、インドネシア語で「太陽」を意味する。
オランダ人と言う素性を隠し、インドネシアで取得したダンスと生まれ持った美貌を武器にして、政治家や軍人といった重要人物を次々と虜にしていった。
戦時中、自由に渡航ができなかった中、彼女だけは「コネ」もあって舞台公演の名目で好きに旅行することができた。
そこに目を付けたのがフランスの諜報機関で、敵国であるドイツの情報を探るよう強引に迫る。
従わなければ彼女が思い出したくないような昔の出来事を全て白日の下に晒すと。

彼女の価値は敵国であるドイツの諜報機関も気が付いた。
彼女はフランスとドイツでダブルスパイとして活躍することになり、彼女がもたらした情報でたくさんの兵士を死に至らしめたという。

しかし、正確にどんな情報を引き出したのかは歴史家の中でも明らかになっていないらしい。
彼女がドイツでもスパイ行為を働いているという情報を入手したフランス政府は、戦況悪化の原因をマタ・ハリのスパイ活動が原因だったとして全てを押し付け、とうとう彼女は銃殺刑に処せられてしまう。

この主人公であるマタ・ハリを演じるのは宝塚歌劇団で星組のトップスターだった柚希札音さん。
先日の「ビリーエリオット〜リトル・ダンサー〜」では、ビリーとの運命的な出会いを演じたウィルキンソン先生役で出演されていた。


 

彼女の芯のある確かな歌声はビリーの次に印象に残っていたが、今回、彼女がどのようにマタ・ハリを演じるのか楽しみだった。
まず驚かされたのは踊り子の露出度の高い衣装で登場した時のこと。
インドネシア風のオリエンタルなダンスもさることながら、彼女のプロポーションの良さには思わずヨダレ・・・ではなく、僕のオペラグラスはぺったんこのお腹とそのくびれに釘づけになってしまった。
えっと、1979年生まれということだから38歳。
バキバキに割れた腹筋というのではなく、女性らしいふくよかな部分をわずかに残しながらのプロポーションにはヨダレ・・・ではなく、感動してしまった・・・全く素晴らしい。


 

歌唱力はもう言うまでもない、力強いどストレートな声がシャキッと一番後ろの席まで届いていた。

舞台でのマタハリは、偶然出会ったパイロットであるアルマン(加藤和樹)と真の恋に目覚める。
高級官僚を手玉にとるしたたかなマタハリと、アルマンに対して少女のように純粋な愛を捧げるマタハリ。
どちらもマタハリには違いはないが、この時代に女が一人で生きていくためには、ストリッパーでも娼婦でもスパイをしてでも、貪欲でなければならない時代だったのだ。

印象に残ったのはラストシーン。
彼女は逮捕されて牢獄に捉われの身となってしまったが、そこで彼女は高らかに歌いあげる。
もうこれ以上嘘をつかなくてもいい。
意に反して好きでもない相手と寝なくてもいい。
アルマンとの真実の愛に目覚めた喜びと、これまで抑圧されてきた魂の開放をうるうるしながら聞いている観客は、楽曲の高まりとともにこの舞台がフィナーレに近づいていること感じている。

その時!
大きな一発の銃声と同時に、クライマックスに近づきつつあった歌も音楽もピタッと止まった。
その瞬間、彼女の肉体と魂がバラバラになったかのようにひらひらっと2、3度舞台をさまよって、そのまま幕が閉じた。

この最後の処刑シーンを思い出すたびに涙が止まらなくなる。

 


 

----------------------- 

 

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村

たいちへのメールはこちらから

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

たいちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。