自然とアートの融合~市原湖畔美術館へ | 「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房

「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房

「女性目線でこだわりリフォーム」  
お片付けしやすい「動線」と「収納」で暮らしが楽しくなる
住まいづくりをしませんか?

地元のケーブルテレビの番組で「建築遺産」という番組があり、千葉県内の名作建築を取り上げています。

なかなか遠出できない今、番組でとりあげられている建物を少しずつまわっています。

 

今回は、房総半島のちょうど真ん中あたり、「市原湖畔美術館」

高滝湖の湖畔、自然に囲まれた環境の中にある美術館。1995年に建てられた展示施設を2013年のリノベーションしています。

設計は、カワグチ・テイ建築計画さんです。

 

既存建物の仕上げ材をすべてはがして新たに取付たアートウォールと呼ばれる折板が取付られています。

アプローチからワクワクします。

 

 

ロゴやシンボルマークも統一されたデザインになっています。

 

 

 

入口を入ると目を奪われる印象的なオブジェ。

 

image

 

「ハイホー」と名付けられた作品は「肺胞」をイメージしていて、呼吸している美術館で、

「モヤモヤ(二酸化炭素)と「スッキリ(酸素)」を入れ替えて欲しいという想いが込められているそうです。

美術館の入り口にふさわしいですね☆

 

 

迷路のような館内は、アトラクションの空間に入っていくようなワクワク感があります。

 

 

この吹抜けの大空間は、もと水槽があった部分を増築したとのこと。

そんな設計コンセプトを番組で見てから行くと楽しさも倍増です。

 

 

 

屋上にも建物と一体化した作品。林立するチューブ。

どんどんかき分けて進むと湖が見える風景が広がります。

 

 

 

 

 

屋上から降りる階段の手すりもデザインされてます!

 

 

この階段を降りると最初の「ハイホー」のあるエントランスに戻ってきます。

 

 
回遊性のある楽しいつくりになっています。
こじんまりとした美術館ですが、美術館そのものが作品になっていてとても楽しい空間でした。
「夜」の風景が幻想的で素敵なようなので、是非今度は季節と時間を変えてまた訪れてみたいと思います。

 

 

【インスタグラムでも事例をご紹介しています】

 

       

ライフスタイルのインスタグラムはこちら → 

インテリアパース・施工事例のインスタグラムはこちら → 

 

 

【ホームページ・お問い合わせはこちら】

 

なごみ工房

女性目線のやさしいリフォーム「なごみ工房」では
千葉県佐倉市を中心にリフォーム・リノベーションの間取り変更や収納計画、
造作家具提案、壁紙など内装替え等、インテリアに関するご相談を承ります。

ホームページリフォーム施工事例お問い合わせ