縁なしの畳でモダンな和室に | 「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房
新型コロナウイルスに関する情報について

「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房

「女性目線でこだわりリフォーム」  
お片付けしやすい「動線」と「収納」で暮らしが楽しくなる
住まいづくりをしませんか?

リフォームの際は、和室を洋室にしてしまうことが実は多いのですが(特にリビングの横のにある物置きと化してしまっている
和室を洋室にしてリビングとつなげるという工事は多い)、やはり畳の部屋を残したい!というご希望も
あります。
 
 
畳の部屋の良いところは、やはり多目的に使えること。
赤ちゃんのおひるねに使ったり、親戚が集まった時に座卓を出して囲んだり、
夜は布団を敷いて寝室としてつかったり、ごろっと寝転がったり・・・。
日本人はソファで座るよりやっぱりくつろげるかな。
 
 
和室として使う場合「縁なしの畳」をご希望される方が増えています。
畳の縁(へり)は、畳を長持ちさせるのにもデザインとしても役立っていますが、
とうしても「和」の雰囲気が強くなるので、リフォーム後のインテリアには合わなかったりします。
 
 
縁なしの畳は同じ「和」でもモダンな印象になるので、若い年代の方にも受け入れやすいようです。
その時お勧めしているのが、ダイケン工業の「健やか」という畳表⇒★
 
 
素材は従来のいぐさではなく、機械ですいた和紙でできています。
天然素材ですし、コーティングされているので、撥水性もあり、汚れがつきにくく、日焼けもせず丈夫。
 
 
 





昨年伺った熱海のキュレーションホテルのリビングにも「黒墨色」が採用されていました。
オリエンタルな雰囲気の家具ともよく合っていました。
 
 
豊富なカラーから選べるので和の空間からモダンな空間まで様々な表情を楽しめます。



畳スペースを残す時は検討してみてくださいね。

 
Instagramでも事例をご紹介しています!
 
 
画像のインスタグラムはこちら → 
インテリアパースのインスタグラムはこちら → 
 

  

 女性目線のやさしいリフォーム「なごみ工房」では 千葉県佐倉市を中心にリフォーム・リノベーションの間取り変更や収納計画、造作家具提案、壁紙など内装替え等、 インテリアに関するご相談を承ります。