カウンターの上を物置きにしない収納 | 「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房

「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房

「女性目線でこだわりリフォーム」  
お片付けしやすい「動線」と「収納」で暮らしが楽しくなる
住まいづくりをしませんか?

対面キッチンのレイアウトをすることが多くなり、お悩みのひとつがキッチンとダイニングの
間のカウンターの上をどうしたらすっきり保てるか!でしょうか?
うっかりしていると物置き台になってしまうカウンター。
そして、ダイニング側のカウンター下の使い方もポイントになります。
こちらのお宅は、今回カウンター下に造作収納を設置してお悩みを解決しました。
 
【BEFORE】
市販の棚や収納ケースを色々組み合わせて利用していました。
奥行きは35センチほとありますが、どうしてもごちゃごちゃしていました。
 
 
【AFTER】
 
カウンター下に収納を設置。
新しい扉とも色や素材感を合わせたので、それだけでもすっきり効果があります。
 
 
 
見た目シンプルすっきりですが、色々な仕掛けがあります。
収納の中のこのオープンスペースは奥様のこだわり。
ダイニングで何か作業をしていたり、お子さんが宿題をやっていたりしたときに、
ごはんの時間になったら、さっとこちらのスペースに広げていたものを移動して
おくためのスペース。
 
小さいオープンスペースだけど、これがないとやりかけのものをカウンターの上にのせるか
どこか別の場所に移動しないといけません。
とっても役にたっているそうです!
 
 
オープンスペースの下は引き出し。
以前カウンターの上にのっていた文房具類はこちらに入りますし、日用品の細かいもの
常備薬や母子手帳などもすべて入れられるようになりました。
 
 
 
引き出しの横は、ダイニングテーブルを置いた時に邪魔にならないように引戸の収納にしました。
使う方が普段の生活をイメージしながら、「こんなのあったらいいな」を形にした収納です。
お引越し後もカウンターの上はきれいなまま維持できているそうでよかったです。
 
 
【千葉県インテリアコーディネーター協会からセミナーのご案内です】
小島真子さん(ブログはこちら⇒)のインテリアセミナー、
「魅せるインテリアコーディネート術」 残席わずかとなってまいりました。
 
お手持ちのフラワーべースや身近なもの
でつくる小物などのアイテムを活かして、
テーブルコーディネートや季節のディスプレイを楽しむコツを一緒に学びませんか。
こちらのブログからも受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね!⇒ 
 
 
 
■小島真子さんセミナー 申込・問い合わせ【千葉県インテリアコーディネーター協会事務局】 

■日時: 10月26日(土)14:00~16:00(13:30受付開始)

 

■講師:  インテリアコーディネーター 株式会社 Laugh style代表 小島真子さん

 

■場所: 浦安音楽ホールAスタジオ

     千葉県浦安市入船1-6-1

     【交通機関】JR京葉線 新浦安駅より徒歩3分

 

■参加費: 無料

 

■定員:30名(定員になり次第締め切りとなります)

 

【お申込み・お問い合わせ】

 

メールにてお申込みください。                         

MAIL:contact@icchi-jp.com 

下記内容をご記入の上、メールにてお申込みください。

折り返し頂いたメールアドレスに確認のご連絡をさせて頂きます。 

                      

■件名:10/26 セミナー申込                            

■本文:お名前、参加人数、当日の連絡先、メールアドレスをご記載ください。

 

千葉県インテリアコーディネーター協会事務局

TEL: 050-5534-7817

千葉県インテリアコーディネーター協会  ホームページ゙ http://www.icchi-jp.com/

 

 
 
 
画像のインスタグラムはこちら → 
インテリアパースのインスタグラムはこちら → 
 

  

 

 

女性目線のやさしいリフォーム「なごみ工房」では 千葉県佐倉市を中心に
リフォーム・リノベーションの間取り変更や収納計画、造作家具提案、壁紙など
  内装替え等、 インテリアに関するご相談を承ります。