【施工事例】安全・安心そしておしゃれなトイレに | 「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房

「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房

「女性目線でこだわりリフォーム」  
お片付けしやすい「動線」と「収納」で暮らしが楽しくなる
住まいづくりをしませんか?


テーマ:
親御さんとの同居を視野に入れたリフォーム。
奥様のお話では、トイレという場所は身体のバランスを崩したり、何かとトラブルの多い場所であることも伺っていたので、足の具合の悪いお母さまが安全にそして安心して使えるということを最優先で考えていきました。
 
そして、工事をするにあたり、以前お母さまの介護をご自宅でなさっている方ののお話も
伺ったりもしました →  
 
■身体を支えるための手すりは、両側についていると安定しやすいこと
■上からつかむ連続手すりが使いやすいこと
■トイレの便器は自動開閉機能がついていたほうが、ラクなこと
 
などその時にでたお話を参考にさせていただきました。
 
 
【BEFORE】
ちょうと階段下のトイレで同じような条件。
本当ならもっとスペースを広げられたら、介助もしやすいのだとは思いますが建物の構造その他の条件で今あるスペースを有効に活かすようにしました。
 
 
【AFTER】
 
 
利き手がくる右側には立ち上がるための手すり、左側には身体を支えるための手すりをしっかりと設置しました。
左側の手すりはパナソニックの「水平設置用連続手すりらくレール」
普通の手すりだとブラケットのところに手が引っ掛かりますが、こちらは伝い歩きをするような時でも連続してつかむことがてきるので使いやすいようです。
 
インテリアは、これまでご紹介してきたキッチンや洗面の雰囲気と合わせてアンティーク風に。
手洗いは、イブキクラフトさんの エッセンスシリーズ★ の可愛い半円陶器のものです。
 
手すりの色もカウンターのブラウンに合わせ、ブラケットもブラックにしたのでちょうどアクセサリーのひとつ のようになりました。
 
ユニバーサルデザインの器具、インテリアのデザインの一部となるような誰にでも使いやすく、素敵なデザインのものがもっと増えたらよいのになと思います。
 
【施工事例】 親御さんを迎える準備のリフォーム。 過去の記事も合わせてごらんくださいね。
 
①介護のリフォーム ~ ともに楽しむ暮らしを目指して  
②プチ増築でより広々快適に 
③キッチンは好きな雑貨を楽しんで 
④おしゃれなタイルカウンターへの想い 
⑤広いおーぷんカウンターでゆとりの洗面室に 
 
 
なごみ工房

女性目線のやさしいリフォーム「なごみ工房」では
千葉県佐倉市を中心にリフォーム・リノベーションの間取り変更や収納計画、
造作家具提案、壁紙など内装替え等、インテリアに関するご相談を承ります。

ホームページリフォーム施工事例お問い合わせ

 

 

なごみ工房~リフォームプランナー 栗山映子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス