既存の柱を活かして吹抜けのある明るいLDKに | 「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房

「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房

「女性目線でこだわりリフォーム」  
お片付けしやすい「動線」と「収納」で暮らしが楽しくなる
住まいづくりをしませんか?


テーマ:

息子さんご一家と一緒に住むための二世帯リフォーム

 

2階にあったも2つの子供部屋をつなげて、息子さんご一家のリビングダイニングとして使えるようにする間取り変更もあるリフォーム工事となりました。

 

ちょうど1歳を過ぎて歩きはじめたお子さんの様子がよくわかる対面キッチンをご希望されていたので、こんなナチュラルテイストの明るいLDKをご提案しました。

 

 

 

 

【既存の間取り図】

6帖の個室が2つあった部分をつなげてLDKに

 

 

 

【リフォーム後の間取り図】

もとの収納部分、半分は通路、半分はママがパソコンをみたり、ミシンがけをしたりするような

家事スペースとして使えるように計画しました。

そのスペースを中心にぐるりとまわれる間取りになっています。

 

 

【BEFORE】

      

  

子供部屋の上部はロフトになっていましたが、

この部分は解体して、 大きな吹き抜けのある空間に・・・

 

こんな風にリノベーションで部屋を全く違う用途の部屋に変えることもできるのです!

工事中の様子はこちら ⇒ ★

 

【AFTER】

もとの間仕切りにあった間仕切りの柱は塗装をして表しにしてLDKのアクセントに。

ご提案したパース通りのイメージに仕上がりました。

 

 

 

天井高さのある吹抜けを作れたことでとても広々とした開放的なLDKになりました。

壁面収納の上に間接照明を入れたのでより天井の高さを感じますね。

 

 

お客様が選ばれたウォールナット材のテーブルも空間に合っていてとても素敵でした。

限られたスペースを有効に活かせるようにほかにも様々な工夫をしたので、またご紹介してきます。

 

なごみ工房~リフォームプランナー 栗山映子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス