和室を将来主寝室と使えるようにリフォーム | 「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房

「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房

「女性目線でこだわりリフォーム」  
お片付けしやすい「動線」と「収納」で暮らしが楽しくなる
住まいづくりをしませんか?


テーマ:

築年数20年過ぎたお宅にはたいていリビングの隣か玄関脇に和室があることが多いのですが、和室としてはうまく機能せず、物置になっていたり、洗濯物干場になっていることが現状です。

 

こちらのお宅も和室はタンス・、物干しが置いてありました。

50代に入ったご夫婦は、こちらの和室を将来の主寝室としてして使用できるように、畳を撤去して洋室として使えることをご希望されました。

 

【BEFORE】

 

 

壁には下地材を入れ、天井も張り替えています。

 

 

【AFTER】

もと和室の面影はなく、完全に洋室になりました。

窓まわりも障子から、カーテン、ブラインドに変わりました。

 

将来寝室として使う予定なので照明計画もダウンライトとブラケットのみで、落ち着いたやわらかい灯りになっています。

リビングにあった電子ピアノも移動してきたので、しばらくは趣味室として使われそうです。

 

なごみ工房~リフォームプランナー 栗山映子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス