この時期のとっておきの楽しみ~シュトーレン | 「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房

「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房

「女性目線でこだわりリフォーム」  
お片付けしやすい「動線」と「収納」で暮らしが楽しくなる
住まいづくりをしませんか?


テーマ:

クリスマス前の楽しみ、それはシュトーレンを少しずつ食べること♪




シュトーレンは、ドイツの伝統的な菓子パンのこと。


 


今ではすっかりおなじみになりました。


生地にはドライフルーツやナッツが練りこまれており、表面には砂糖がまぶしてあります。ドイツでは、クリスマスを待つ間、少しずつスライスして食べる習慣があるそうです☆




薄くカットして淹れたのコーヒーと一緒にゆっくり食べる時間はまさに至福のひとときです。













今年は、なんと3種類もGet!


見た目は同じようにみえますが、味わいはそれぞれ個性的。


生地の感じも中に入っているドライフルーツも、まわりにまぶしてあるお砂糖もみんな違うんです。




手前から




南が丘牧場
のシュトーレン


牧場のものだけあって、バターの風味がとっても豊か。


パンというよりお菓子の印象が強いかな。グラニュー糖がまぶしてあります。






リリエンベルグ
のシュトーレン


新百合が丘の有名な洋菓子店さんのもの。仲良しの雑貨やさんのオーナーさんからのプレゼントです。しとりとした生地で雪のように白い粉砂糖がまぶしてあります。





ぱんの人
のシュトーレン




パンやさんのシュトーレンは素朴な雰囲気ながらかむほどに味わい深く、どっしりとしたパンのイメージ。


オーガニックのドライフルーツが風味豊か。


まわりのお砂糖は素炊糖(すだきとう)という茶色いお砂糖。素焚糖は奄美諸島産のさとうきび原料だけを使用したお砂糖だそうです。初めて味わう風味でした。







こうして少しずつ食べ比べするのもまた楽しいものです。


気がつくとクリスマスまであと1週間。今年も残りわずかになってしまいました。




何かと忙しいですが、今年中にやっておきたいこと、しっかりやらなくては!と思います。









なごみ工房~リフォームプランナー 栗山映子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス