3方向から使える収納ですっきり快適に〜リビング編 | 「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房
新型コロナウイルスに関する情報について

「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房

「女性目線でこだわりリフォーム」  
お片付けしやすい「動線」と「収納」で暮らしが楽しくなる
住まいづくりをしませんか?

3方向かから使えるすっきり収納


次にご紹介するのは、リビング収納です。(最初にご紹介したキッチン編はこちら⇒

リビングの置いておきたいもの、色々ありますよね。


電話・ファックス

家族がみんなが使う文房具や常備薬

書類を入れるファイル・・・などなど



こちらのお宅は 奥様がリビングでお仕事をするため、ノートパソコンや重要な書類などをしまえる場所も必要でした。今回、それらをすっきりしまえるようにあらかじめ作ったのが

オレンジの○の部分の収納です。





ひとつは、カウンターと開き扉のある収納コーナー


カウンターはファックスとタブレットを置くスペースとして利用していただいています。

上部の飾り棚にはちょっとお花を飾って楽しみながら、絆創膏や常備薬の入った箱の定位置にもなっていました。

下のオープン部分は冬期にはガスファンヒーターを置けるように、ガス栓とコンセントも取付けてあります。



もとはこんな感じで食器棚が置かれ、隣の和室に行く襖がふさがれていた場所。あらかじめ収納スペースをつくり、置き家具を減らしたことでずいぶんスッキリしました!

左のスチールラックには奥様の仕事の書類等が置かれていました。





奥様のお仕事に必要は書類はカウンターの隣の開き戸の中に納まりました。


 

扉で隠すのでお孫さんが遊びにきても、パソコンをいたずらされることもなく良かった!とのことでした。


もうひとつは、リビング入口の近くの奥行き15センチほどの棚があるコーナー

小さなスペースですが最初から鍵や時計、携帯電話の充電スペースを想定しており、コンセントを設置しています。




見せる収納と隠す収納


用途に合わせてとることで、物の定位置が決まりすっきりしたリビングが実現できました!


3方向から使う収納、最後は和室から使うウォークインクローゼット。

和室もおしゃれにそして使いやすくなりましたので、次回ご紹介します☆